FC2ブログ

イベント「旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ」の高難度撃破

参考になるかどうか、令呪でコンティニュー前提のバトルでした。

PTは
新宿のアヴェンジャー(レベル67)(以下新アヴェ)
ジャンヌダルク
ジャンヌオルタ(水着)
マシュ(オルテナウスじゃない方)
ケツァルコアトル(サンタ)
フレンドさんの絆ヘラクレス
概念礼装はTP増開始やマシュは回避付与のをつけました。

①相手は3ゲージで、1ゲージ目は序盤宝具がかすかす(/ω\)。
絶えながら新アヴェでダメージ与える感じで、両ジャンヌはこのゲージで宝具打ったあとタゲ集中きて余裕で4Tくらいで消えました。
宝具で無敵貫通やらいろいろ付くのですが、新アヴェのスキルで解除可能、これは重宝しました。
思ったほどには相手のクリティカルは出ず、5T過ぎて相手の宝具耐性と防御upが切れていろいろ通るように、魔術礼装を極地用カルデア制服にしてたので、新アヴェを魔術礼装マシュのタゲ集中で守りつつ、やっとこ1ゲージ撃破。
この時点で新アヴェとマシュはもう瀕死、ですが殿絆ヘラクレスで削るだけ削って令呪で復活して撃破が目標なのでこんなもの。
②2ゲージで厄介なのがアーツupが毎T加わって火力が上がりますが、これは消すことができず3ゲージにも持ち越してました。
間もなく宝具使われて、新アヴェ、マシュが落ち、ケツァルコアトルも宝具打ったものの沈んで、残り絆ヘラクレス時点で2ゲージの半分くらい。
ここからはガッツ祭りで耐えて溜まると宝具で、なんとか2ゲージ撃破。
③3ゲージの半分くらい削ったところで絆ヘラクレスが落ちて、令呪でコンティニュー。
宝具は全て100溜まってますから、新アヴェとジャンヌオルタ(水着)の宝具連発で、あっさり終了。

新アヴェは有用、レベル67でスキルはオール1でしたが、相手に有利な属性と、相手の強化を解除するスキルは◎。
でないと3Tで3体落ちる可能性も結構ありました。
2度目は間に合わず落ちまくりましたが、3度目は絆ヘラクレス出ていて、相手の火力は関係ないのでこれでしのぐ。
男性アヴェンジャーがいるとそれなりにダメ通りますが、宝具後の対処は必要かと。
自分は火力が足りないので、序盤の5Tをどうしのぐかでした。
ジャンヌの宝具で1T守って、スタンで1T通過、ジャンヌオルタ(水着)は女性でダメイマイチも回避がつくので落ちづらい、みたいなイメージでした。
本当は後半に火力系置いて一気に、というのが良さそうですが、守れないと簡単に落ちるのでフレンドから絆ヘラクレス借りた感じですかね。
反省としては、ケツァルコアトル(サンタ)でなく、有利属性の火力系でも良かったかなと、大差ないかもですが。
いずれにしても、コンティニューしないでクリアするには運がかなり味方しないと厳しいかなと感じました。
まあ令呪は消耗品ですから、こういう時のためにとっておいてあるので。

結構、フワッとPTで行くことが多いですが、今回ははまった方。
イメージ的には2ゲージで絆ヘラクレスが残って、そこで勝利を確信ですかね。
今考えると駒もそれなりに持っていてラッキーだったかと。
参考になれば。
スポンサーサイト
Date: 2019.03.17 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

期間限定イベント 旧き蜘蛛は、懐古とともに糸を紡ぐ 始まりました

今回はカルデアボーイズコレクション2019と同時に行われているようですね。
序盤はメインクエストとフリークエストが毎日開放されていくいつもの感じ。
今回は配布サーヴァントはいませんし、イベントアイテムを溜めて交換する普通な感じ。
ストーリーはちょっと期待してますが、概念礼装は男ばっかじゃどれを選んでも的な気分だったので、性能とドロップ獲得数増を考えてCBC2019概念礼装は探偵エドモンにしてみました。
でもって、昨日はセイバーに持たせてたらフレンドポイント結構稼げました^^。
今回は獲得増の概念礼装が9枚あるのがネックでしょうか。
通常より最大開放しにくそうな、ただその分アイテム交換は少な目セッティングな気がします。
あとはピックアップ召喚は持ってない☆5を狙いたいんですが、アキレウス以外もってないのでどうしようかと。
こっちは考え中です。
というか呼符だけで獲得増の概念礼装がいくらか出て、石を先のイベントに持ち越すことも少し考えてます。
今回はそんな感じですかね。
高難度あってクリアできたら、それも書くかもです。
では。
Date: 2019.03.12 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

転生したらスライムだった件

何話とかは無しで書きますが、見てる人ならネタバレは無いはず。
転生ものはもう一つのジャンルと化してますね。
今季は盾のなんちゃらもありますし。

スライムは雑魚キャラ扱い的にはゴブリンと双璧、そこを拾うあたりがポイント。
主人公はスライムで異世界に転生。
それこそ3話に2回くらいで仲間の種族を増やします、種族というのはゴブリンやアリアドネの精霊にいたるまで。
主人公のスキルもさることながら、バックに控える大賢者の存在が大きく、的確な判断で仲間を増やし、大群の首領に上り詰めます。
その中には個人に名前を付けると、付けられた相手の種族のグレードが上がるとか、それゆえの忠義心が上がるとかのある意味でのチートはありますが。
それに加えて、主人公自身のコミュスキルが高く、それが恐らく一番のスキルw。
その片鱗は人間時代の中にもあるようですね。
しかし魔人と呼ばれる、主人公でも太刀打ちできない相手を前にして、どう乗り切るのか。
さらに運命とも言える相手との出会いと別れで、これからすることを見つけた主人公はどうすうのか。

こんな感じです。
アニメとしての世界観は、勝手知ったるファンタジー世界。
他にも同じ世界に異世界転生した人がいるのも面白い。
地図での俯瞰も楽しい要素、どの国と仲良くできて、この国、あるいはこの相手とはうまくいかないとか。
異世界のみでなく、戦国時代的な要素も少しあり。
これは2期もあっていいと思ってます、終わってないけどw。
Date: 2019.03.10 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

あくまで自分の考え方

課金の度合いにもよるんですが、強いサーヴァントを育てるのが基本なのでしょう。
しかし、このゲームは種火やアイテムの周回というのが付きまとう、時間が自由な人ならいいのですが普通は短時間でなんとかしたい。
ですから、通常の強いサーヴァントも育てつつ、一方で周回用のキャラも育てる。
中でもNPを自分でも他人でも増やすキャラはそのスキルを上げて、必要ならマックスにする。
そして例えば種火をいかに短時間で周回するかに焦点を絞る。
イベントでも、周回要員になるサーヴァントはピンポイントで上げたりもします。
例えば種火は、基本のアーシュラ、スパルタクスを上げ、もう一体全体宝具のバーサーカーを実用レベルで上げる。
概念礼装はカレイドスコープ、虚数魔術を持っているので、そのあたりをうまく使いながらサポートのキャスターのマーリン、スカディやマスターの礼装やらで補完。
なので、強いサーヴァントを上げるのと同じくらいそちらにも振ります。

あと、ガチャの回しは序盤こそ適当にやってましたが、今は溜めに溜めて回してます。
呼符も溜めまくって、次回にのイベントに回す感じ。
そうするとたいてい呼符も2桁くらいは溜まるので、運が良いと序盤で欲しいので出たり。

とにかくスマホゲームは極端が吉。
イベントの周回も自分のサーヴァントのみの前衛で周回して、サポートはイベントで一番儲かるサーヴァントを使うのが良いです。
それが恐らく理想、そうすれば、周回の回数も減るはず。

そんな感じでやってます。
少し切羽詰まった印象を受けるかもですが、他にストーリーはもちろん幕間の物語や強化クエストもあるので、その時も意外と周回脳が役に立ちます^^。
当然ですが、マージンを取っていても事故はあるので、そのあたりは自己責任で^^。
Date: 2019.03.10 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

FGOの自分のレベルとか

記事を読んでもらうにも自分がどれくらいやってるかくらいは書かないといけなかったですね。

レベルは133
終局特異点はクリア済み
1.5部は新宿のみクリア
2部はアナスタシア(1章)はクリア済み
ゲッテルデメルング(2章)のかなり終盤までで止まってます
☆5のサーヴァントは6体
4月に始めて、最初期にイベントでアキレウスが出たものの、次は夏の福袋でジャンヌ・ダルク。
そのあとも全然出なくて、12月のイベントは外れで玉藻の前、正月の福袋でブリュンヒルデ。
年明けはネットのまことしやかな☆5が出やすい方法を実践したらイベントでイリア、メルトリリスが出ました。
ちなみに、福袋以外は課金してません。

初期はこんなに☆5出ないものかと思ったのですが、本当に出てない運の無いヤツだったようです(/ω\)。
そこで悩んだのが良かったのか、年明けは引けるようになって、だいたい10連を2,3回廻してイリア、メルトリリスも引き当てました^^。
あと入った時期が良かったのか、イベントをクリアしたらもらえる配布☆4が優秀で、それでなんとか進めてます。
最近はジャンヌオルタ(水着)にかなり頼ってますw。
早く2部3章に追いつきたいのですが、イベントのボリュームが凄くてやってる暇が(/ω\)。
そんな感じです。
Date: 2019.03.07 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

復刻版SE.RA.PHのキアラ撃破

最近、イベント復刻版SE.RA.PHの開催期間が延長されました。
ならまだ役に立つかなと。

キアラ戦
ままあることですが、ああでもないこうでもないと編成を考えているときに「決定」を押したと思って「クエスト開始」を間違って押してスタート(/ω\)。
挙動を知っておくのも良いかと、負ける前提で始めました。
先に書いておくと、1体も倒れることなくクリア、ただし1時間20分くらいかかりました、、、。
後衛はもう忘れましたが、前衛の布陣はこう
マシュ(オルテナウスじゃない方)、ジャンヌオルタ(水着)、マーリン
ジャンヌオルタ(水着)は宝具5でレベル85に上げてあって、魔術礼装は極地用カルデア制服でした。
ちなみに、KPはArtsは通るようにしてましたが、Buster、Quickは通らない、相手の回復もさせっぱなし。
一応それ以外の重要そうなのは弱体やらしましたが、まだ不十分にも思ってました。
始まるととにかく火力がない、、、ただ耐久力はありました。
マーリンの宝具でNPとHPを回復しつつ、マシュの防御効果とタゲ集中無敵、ジャンヌオルタの3回の1枚回避で攻撃はいなせました。
問題は相手の全体宝具ですが、貫通は消しておいたので、マーリンの全体無敵とマシュの防御宝具でダメージを抑えて、なんとか落ちずに。
ここでおかしな立場なのがジャンヌオルタで、キアラはバーサーカーでも等倍攻撃、等倍防御ですから、火力は削られるが耐久力は上がる感じで思ってたのと違うw。
通常攻撃時は、相手の回復=こっちの攻撃、でBuster、Quickが通らないから火力が、、、。
おのずとダメージソースはジャンヌオルタの宝具1点、他の二人は補助宝具ですから。
最初はいつものようにBusterで攻撃、宝具溜まったら打つ、とやってたのですが、ダメージは相手の回復を少し上回るくらいで、NP効率が落ちて危なくなる。
仕方なく通常はQuick、Arts中心の攻撃、ジャンヌオルタの宝具はスキルや魔術礼装でBusterや攻撃力を徹底的に上げるまで溜めて撃つ感じでやっと相手のHPが減るように。
魔術礼装は極地用カルデア制服でしたが、危ないのに回復、ジャンヌオルタの宝具に攻撃力乗せ、危ないのに回避、という感じでバランス良く使えてました。
結局このパターンをずっとやって、80ターンくらいでやっと撃破。
中盤以降は相手のクリティカルでHPが赤くなることも何回かあったのですが、タイミング良くマシュのスキルやタゲ集中無敵があって最後はぎりぎりながら1体も落ちることなくクリア。
かなり運もあったと思います。

これを踏まえるとジャンヌオルタの変わりにアルターエゴのように有利なのを入れたらもっと楽だったのかもですね。
ただジャンヌオルタの回避も効いての耐久PTだけになんとも。
いずれにしても相手の回復を弱体してBusterを通るようにしておけばもっと楽に倒せたはず。
あくまで耐久戦の布陣ですが、マーリンはサポートの人に借りたので、ジャンヌオルタ(水着)をしっかり取っていれば誰でもできるPT編成です。
これはあくまで前衛なので、後衛もしっかり考えればなんとかなるんじゃないかと。
ただ時間はかかります^^;。
Date: 2019.03.06 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

初めまして

FGOは正式にはFate/GrandOrderというスマホゲームのこと。
今日で始めて319日目、一応は新参者と言って良いんでしょうね。
書きたいトピックはいくらもあるのですが、自分が撃破したときのパーティ編成とかいろいろ書けたらなと思ってます。

まずは始めた動機ですが、もともと奈須きのこの小説が好きで、所属してたTYPE-MOON自体は知ってましたが、これは沼だと察知して深入りは避けてましたw。
しかし小説全然出ない(怒)、と調べてみたらゲームのシナリオばっか書いてる!?
もともとはゲームのシナリオを書いていたのは知ってますが、よりFGOに寄って行ったようで、本当はスマホゲームはしないつもりだったのですが、仕方ないか、という感じで始めました。
そして沼でしたw。
Fate/stay nightをテレビアニメで初めて見て、奈須きのこを知って、小説も読むようになって、その後のFateシリーズのアニメは見てましたが、最近のアニメは感覚的におかしい。
何か自分の知らない共通了解があって、それを知らないから違和感がある、という感じ。
これも始めた理由です。
今なら多少分かるのですが、それは知っている作品を過剰に説明すると間延びしてしまう、それを避けた結果なのかなと。
初めて触れる人には少し不親切な感じになっていたのかもです。
時間があったら、ApocryphaやEXTRAを見返したいのですが、ゲームのせいでそれもかなわずw。
今度はFGOのバビロニア編をやるのが本当に楽しみです^^。

今回はここまで、次からは今の話ができるかなと。
Date: 2019.03.06 Category: FGO  Comments (0) Trackbacks (0)

ケムリクサ7話まで

ケムリクサ、ご存知(?)、けものフレンズ+少女終末旅行、な作品。
フレンズの中に人が入ってくるのは同じでも、フレンズ達はうちらの知らない生き物(?)で未知の性質を持っている。
推理小説のようなテイストは同じ、なんとなくコレってあれじゃ、的なイメージはありつつも、それが何かわからない。
ラッキーさん的なのも出てきたけど、あれは果たして。
みどりちゃん?植物っていうのは分かるけど。
何故語尾になあ、やにゃあが付くかは突っ込んだら負け?!
ビジュアルは斬新で、設定というかは謎の世界、このあたりこそが、けものフレンズ+少女終末旅行。
赤虫に倒されたとばかり思ってた、り付きの子たちが生きてたり、分裂、ケムリクサ。
謎にあふれた作品で目が離せない。
じゃあエンディングのあの描写は?
しかしセリフ回しが癖になりそうだにゃあ。
お台場!?
Date: 2019.02.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

バーチャルさんはみている

他でも書きましたが、アニメというか実写ですねw。
あくまで自分のイメージですが、アニメ、というのとはちょっと違うと思ってます。
内容は多数のVチューバーによるオムニバス、ストーリーがあるようなものもありますがVチューバーの魅力を伝えるのが目的のように思います。
もちろん定着してきたところで展開があるとは思いますが。

最近はキズナアイが深夜のニュース番組に出たり、シロあたりはMCや他のVチューバーを引き連れた番組もあったり、NHKもVチューバーののど自慢やってましたw。
あれ気づくの遅れて途中からだったから、再放送してくれませんかねえ。
ちなみに自分も結構なにわかなので、別にネットでVチューバー追いかけてるよ、っていうことではないです。
ネットでどれくらい人気なのか、とか全然わかってません。
考えてみれば、面白くしてくれるか分からんアイドルや若手を使うより、目新しいVチューバーの方が場数を踏んで人気になってる分、信頼できるところもあると思うので、深夜帯でこれから注目かと。

脱線しましたが、この番組、面白いのはもちろん、画期的で次の展開を考えたら押さえておきたくなります。
一応田中が推し^^。
オムニバスは全部面白いというわけではなくても、それぞれが続きモノでじわじわ来るw。
こうゆうキャラなのかとわかってからは楽しいですね。
後半展開が変わる的なことも言ってるのでそのあたり楽しみに。
Date: 2019.02.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

アニメの残し方

前からアニメは好きで、ブログお休みしてた時もずっと見てますが、さすがに沢山は見れなくなってきてます。
それでも一番少ない時で1クール18本くらいは^^;。
最近はCG技術や、スマホゲームの隆盛で質が上がってなかなか切れずに困ってます。
「見たい」というだけならほとんど見てしまうくらいに。
なのでいくつかの基準を作らないと。

①・単純に好きだし、超楽しみ。
これはもう主観的な基準で、絵、技術、展開、設定、声優、新しさ、その総合でもって自分の琴線に触れたもの、ということになります。
前回のランキングだと9以上あたりがそうですかね。
楽しみであることも重要。

②・話せる相手がいる。
これは共有できる相手がいれば、多少評価が低くても良いかなと。
相手がドはまりしてるのに知らない、っていうのはこっちの話も聞いてくれなくもなりますしね。

③・見ることに意味があると感じたとき。
自分の好みでなくても、これは話題になって知らないといけなさそうだと感じたときや、見せ方や展開がもう一つでも新しい何かがあって無視できないときとか。
ラブライブや進撃の巨人あたりはそうでした。
アイドルものはそこまでではなく、グロすぎも少し引くのですが、話題になるだろうなと思うものは手を出します。
結果面白くなることもありますし。
けものフレンズも序盤はなんじゃこりゃ、な感じもあったんですが深夜でやるからには何かある、と思いましたしね。
それでも、本当に面白くないと思うものは見てませんが。

あと例外的にはネットラジオが好きだから、ってのもあります。
逆にアニメは見るの止めたけど、ネットラジオは聞いているってのもありますw。
ぱすてるメモリーズ、と、魔法少女特殊戦あすか、のネットラジオはいまだに聞いてます。
まあ、こっちは声優が好きかどうかになりますが。

アニメはそれぞれで良いところが違ったりして比較が難しいですからね、主観で残すものを考える一方で、外的な要因で切らないと仕方ないです。
時間がなくなってブログ休むことになったので、そうならないようにうまく付き合っていかないとですね。
Date: 2019.02.19 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

久々お試し

機能が増えて浦島状態ですが、まあ適当に。
今回は2019年冬のアニメの好きなランキングです。
15段階ですが、10以上は素晴らしい、12いくと円盤買うレベル。
7以下は切る感じです。
じゃあ6以下いらんやん、っていうのはあるものの、雰囲気でw。

10+●バーチャルさんはみている
10●転生したらスライムだった件
10●荒野のコトブキ飛行隊
9+●けものフレンズ2
9+●私に天使が舞い降りた
9+●ケムリクサ
9+●盾の勇者の成り上がり
9●SAO アリシゼーション
9●とある魔術の禁書目録Ⅲ
9●風が強く吹いている
9●えんどろ~!
9●上野さんは不器用
8+●火ノ丸相撲
8+●同居人はひざ、時々、頭のうえ。
8+●W'z
8●revisions
8●約束のネバーランド
8●五等分の花嫁
8●ブギーポップは笑わない
8●宇宙戦艦ヤマト2202

バーチャルさんはみている、は正確にはアニメじゃなく実写ですねw。
新しい形態の見せ方で、詳しくはないものの雑誌の表紙でも見るような子も入っていて面白い。
何かが大きく変わる始まりを感じてます。
あとは転生ものはもうすでにジャンル、ゲーム感覚も手伝ってスカッとするものの、いずれも一人でできる限界とどう戦うか、という感じでしょうか。
荒野のコトブキ飛行隊、これは空中戦が素晴らしい、ガルパン、ハイスクール・フリート、と実機をリアル感出して動かす感じとか、その系譜かなと。
けものフレンズ2は展開期待で、世界観や前作の謎を解く感じ、雰囲気はともかくとして推理小説のような趣。
あとは結構続き物が多めのような。
私に天使が舞い降りた、と、えんどろ~!、はほのぼの枠ですかね、殺伐系とのバランスも一応とってるところあるようです。
全部にコメント書けませんがこんな感じです。
Date: 2019.02.19 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

今のところの評価

軽くですが、見たアニメの上位のコメント。

カードキャプターさくら クリアカード編@続編ながら以前の印象を変えず、その道を行く感じ。
ルパン三世@新作ながら、現代にはめる感じは期待させる、特有の最後に逆転して相手をはめる感じを期待。
僕のヒーローアカデミア@まさに少年ジャンプを体現、バラエティに富んだキャラと、危うい最強、そしてそれを受け継ぐ主人公。
多田くんは恋をしない@簡潔な設定と小物への丁寧な描きこみ、その上でキャラがそろっていることで今後に期待できる。
銀河英雄伝説@以前と同じ話なのだろうが、CGの進歩がこの物語をどう見せてくれるか期待大、より詳しい戦闘の解説を求む。
ウマ娘 プリティーダービー@正直競馬を知らない人には面白くない?実際のスペシャルウィークほかの蹄跡を追う物語。
SAO オルタナティブ・ガンゲイル・オンライン@SAOの別話も遊びならシビアな戦闘は見もの、リアルとの関係も楽しみ。
ヒナまつり@超能力少女とYKGのハートフルな話らしい。あいったー、を何度聞いたことかw。このままいけえ。
あまんちゅ!~あどばんす~@ゆったりでふわふわで友達のことが大好き、、、なんてこという恥ずかしいアニメw。

他にもこみっくがーるずとか、前クールからの続きのグランクレスト戦記、ダーリン・イン・ザ・フランキス、刀使の巫女あたりも注目。
最近は良いアニメ多くて困ります。
Date: 2018.04.12 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ