スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

スーパーボウル予想

月曜に迫ったスーパーボウル。
独特の雰囲気と2週間の休みでフレッシュな選手たち、良いプレイを期待したいです。

まずは簡単にプレイオフの感想から。
今回はアップセットが目立ちました。
でもよく考えたら終盤に強いチームの方が勝っただけのような。

NFCは終盤消化試合になってしまったカウボーイズとパッカーズが常に厳しい試合を戦ってきたジャイアンツに続けて倒されました。
レギュラーシーズン最終戦、パッツを追い詰めた自信は大きかったと思うし、プレッシャーに弱かったイーライがかなり精神的に成長したのを感じました。
正直力だけなら負けてるかもしれない相手を精神力で破る、そんな印象が強く、ショッキーがいなくなったのが逆に良かったのかも知れませんね。
軸になる選手が抜けてチームがまとまるのはよくあることですし。

AFCもチャージャーズが終盤の強さそのままにコルツをアップセット。
素直にチャージャーズが強かったと感じたし、こっちも終盤の厳しいシード争いとチームのまとまりが出たのが良かったみたいです。
チャンピオンシップはリバース負傷、トムリンソン怪我の中でよくやったけど、ひたすら試合巧者なパッツにじわじわ追い詰めらて根負けしてしまいました。
だからと言って、万全でも別のゲームプランでパッツが勝ちそうでしたが^^;。

さて、スーパーの予想ですが、AFCとNFCの格差を考えると断然ペイトリオッツです、そんなことはみんな分かってます。
レギュラーシーズンの最終戦、私見ですが、ペイトリオッツはできるだけ力を見せずに勝ちたかったのに、ジャイアンツがそれを許さなかったように見えました。
逆に言うと、スーパーボウルは力を十二分に見せても良いわけで、その気になったら点の取れるペイトリオッツが有利でしょう。
ブレイディのここへ来てのインターセプトの多さを気にする向きもあるかも知れないし負傷疑惑もありますが、まともなら攻撃は止まらないと思います。
鍵になるのはイーライの調子、ペイトリオッツ守備も点は取られてますから、最近の勝負強さが出れば良い勝負になりそう。
ただ、ジャイアンツが望む試合は、前回チャージャーズがペイトリオッツ相手にやったような試合、正直全体の力だとチャージャーズの方が上だと思うので、それを巧者ぶりで破ったペイトリオッツ相手というのは厳しすぎる。
他にもペイトリオッツの攻撃の多彩さとその完成度、相手守備に穴があればアウトだし、なくてもプレイコールで穴を作る、今回もスペシャルプレイを用意してると思うし、厄介。
ジャイアンツの守備もファーブに使った、ディープへ投げさせず、プレッシャーをかける作戦をとるのだろうけど、そうなると早いショートパスの連続で、そこで作戦変更すると敵の思う壺。
ブレイディはファーブと違って、奥に投げられないからってイラつかないし。
なんだかペイトリオッツを褒めまくっているけど、ここが競り負けるとか想像がつかないのが、、、。
意外にリードされるの慣れてるチームだし。
パーフェクトシーズンを一応期待してるし^^。
歴史的瞬間に立ち会いたいです。
一応、27-13でペイトリオッツの優勝って感じに。
スポンサーサイト
Date: 2008.01.30 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、NFCチャンピオンシップ

まいりました、昨日AFCチャンピオンシップ見た後にレビュー書こうとしてまだ見て無いNFCチャンピオンシップの結果というか、ジャイアンツ優勝、とかいう題のブログが目に入って幻滅。
もうそのブログ行きません。
早いのは良いけど、ネタバレするような題はつけないで欲しい、、、。

ジャイアンツvsパッカーズ

それでも忘れたつもりでレビューしました。
一進一退の好ゲーム、互いの良さを殺しつつも、守備は見せてくれました。
ジャイアンツはロングパスは通させない作戦で、ランも封じ込めました。
それでもパッカーズも我慢しながらビッグプレイで得点に結びつけて見事。
でもジャイアンツはレギュラーシーズンから続いてた厳しい試合に鍛えられたのか、地力をつけていました。
バックス戦は強いと思ったけど、守備がロモもァーブにもディープに投げさせないとは凄い。
キッカーのタインズが外して試合を面白くしてたけど、最後はパッカーズの力負けな印象で、イーライは我慢しながら3rdダウンでの決め手が光ってました。
あとは無駄なペナルティが勝負を分けた要因にもなりましたね。
最後の方のァーブは昔の我慢の効かない感じが出始めてて、嬉しいやら情けないやらでした。

勝ったジャイアンツはレギュラーシーズン最終戦、勝っても負けても関係無い試合も本気で行って、最後まで我慢が効いたのはこのあたりから厳しい試合を経験してきたのが実った印象。
でも、このチームと似ているチャージャーズですらペイトリオッツに勝てず、もちろん故障うんぬんはありますが地力はジャイアンツよりチャージャーズが上と見ています。
自分の誤算はイーライがここまでやれてること、本当にスーパーなプレーをするなら勝負になるかも知れない。
競り合いになって我慢比べならペイトリオッツが上なだけに、突き離せると良いけど、厳しい状況には違いない。
Date: 2008.01.22 Category: NFL  Comments (1) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、AFCチャンピオンシップ

今朝NHKBSで見ました。

ペイトリオッツvsチャージャーズ

最初、リバーストムリンソンは出ていたけど、リバースは脚を引きずり、トムリンソンは数プレーであとは出てこなかった。
これだけだとペイトリオッツがかなり優勢かと思ったけど、序盤は互いに攻めあぐね、ブレイディチャージャーズディフェンスに苦しんでいる印象。
チャージャーズのOLは逆に結束してプロテクションは強かった。
ただリバースのプレーが本物じゃないし、ゲイツも少し痛んでいた。
そしてチャージャーズブレイディからインターセプトを奪い続けるけど、決め手を欠いてTDまで辿りつけない。
一方のペイトリオッツは時間がたつにつれてアジャストしてきて、フォーク他へのショートパスや、マロウニーのランが出始め、負けずにターンノーバーから得点はきっちりTDにしていた。
後半敵レッドゾーンからブレイディの信じられないインターセプトで、ほぼ互角に見えていたけど、そこからは地力の差。
決めるべきところで決められるブレイディがそうそう連続ミスすることもなく、タッチのおかしかった前半に比べ、じょじょに良くなってきた。
最後にはマロウニーのランが効き始め止まらなくなって、そのまま時間を食べ切った。

チャージャーズも力はかなりあるのだけど、ペイトリオッツの方が上手だった。
プレッシャーに対応して早いパスやランで散らして、深いゾーンはなかなか通せないからショートパスで繋いで行く。
モスは1回キャッチだけだったけど、十分敵を惹き付けブロックにも貢献していた。
こういう丁寧なブロックがランやショートパスからのロングゲインを引き出していた。
チャージャーズもプレッシャーは強くてサックもいくつか上げていたしインターセプトを3つも取った、それでも勝てない。
チャージャーズの攻撃はトムリンソンもいなくて、大きなレシーバーとターナーで頑張るけど、最後の決め手がどうしても無い。
トムリンソンがいたらと思うけど、そしたらそれでペイトリオッツは別のゲームプランで勝ってしまいそう、それくらい懐の違いを感じた。
でも総じて良い試合、息が詰まるようで見るのに疲れる試合だった。
これでパーフェクトシーズンまで1試合、おごらずに当たればどっちが上がって来てもペイトリオッツが上だろう。
Date: 2008.01.21 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、ディビジョナルプレイオフ?

宿命の対決だけど、プレイオフは初対決。

ジャイアンツvsカウボーイズ

いきなりのトゥーマーへのパスで独走TD、でも取り返し逆転、3rdダウンからでも取れる強さを見せていた。
でも前半最後に残り47秒からの攻撃であっという間に同点に。
後半は決め手無いまま進む中で、ビッグパントリターンが出て、そのチャンスをきっちりTDへ結びつけたジャイアンツがリード。
最後の方はロモがおかしかったし、オーウェンズも文句言うくらい動きも悪くて、それが最後まで続いた。
もちろんジャイアンツの守備も素晴らしく、下がらせる守備で苦しめていた。

正直ジャイアンツは強かった、DBが良かったのかロモは奥へ投げられず持ち味が生かせなかった。
こうゆうとこに同地区対決が出たか。
イーライは決めるべき時に決めた印象、ビッグプレイもジャイアンツの方にだけあって、カウボーイズはそうゆうプレーが出せなかったのも敗因。
にしてもロモが悪すぎた。
これでコルツに続いてシードが負ける結果に、やっぱり勢いが大切で、ジャイアンツはペイトリオッツに負けたけど、かなり追い詰めていたから、気持ち良くプレイオフに入れた印象。
パッカーズは総合的に強いと思うけど、守備がファーブのパスを封じてイーライが決めるところで決めたらチャンスはある。
こればっかりはやってみないとだけど。
Date: 2008.01.21 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、ディビジョナルプレイオフ?

なんていうか壮絶なゲームだった。

コルツvsチャージャーズ

序盤、マニングはブレイディのマネのような高いパス成功率、意識してる節も。
この試合は台無しにするならリバースだったけど、苛立ちながらもしっかりやっていた。
負けたら終わりな試合で、イーライもそうだけどプレーに覚悟が出て良くなった。
前半はコルツペースに感じていたけど、チャージャーズの攻撃、守備ともに後半アジャスト。
トムリンソンリバースが痛んだのにチーム力の高さを感じる。
対するコルツマニングチャージャーズ守備に苦しんでる感じが出てた。
シーソーゲームが続いていくけど、後半のチャージャーズのプレイコールは見事。
控えQBでTDは見事だったし。
守備も勝負を賭けて失敗しTDは取られるけど、良いプレッシャー見せていた。
最後はうろたえるマニングが印象的、序盤には創造つかなかった。

レギュラーシーズンの結果どおりになってしまって、総合的な強さでチャージャーズが上だった。
特に終盤での精神面も含めたスタミナ勝負に持ち込んで、怪我人が出る中で気持ちで負けなかった。
次はかなりの相手だけど、リバーストムリンソンの復活次第、でないと苦しくなりそう。
あとは守備が頑張れば。
Date: 2008.01.21 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、ディビジョナルプレイオフ?

パーフェクトシーズンへ辿り着けるか?

ペイトリオッツvsジャガーズ

最初のシリーズから4thダウンギャンブルを互いにするプレイオフらしい試合。
序盤は点の取り合い、ペイトリオッツはいつものごとく、ジャガーズはランが強く、ショートパスも冴えて互いのパスのパーセンテージが異常な高さに。
互いに3rdダウンまで行かないほどの決め手で見ごたえあり。
しかし後半最初のペイトリオッツのシリーズでフェイクからのTDパスは見事。
王者なのにプレーを固定しないで、多彩さでディフェンスの穴を探し、翻弄するのは凄い。
でもってじょじょにジャガーズは力負けし始める。
試合巧者ぶりはペイトリオッツが何枚も上、アジャストぶりはいつもの通り。
ガラードも神がかってたし、テイラーとジョーンズ=ドリューも良いプレイしてたのに、それでもダメ。
驚異のパス28中26回成功の前にはね。
モスには1本だったけど、だからこそのショートパスの正確さが出せたわけで、モスのお陰な部分も大きい。

ペイトリオッツはプレーの種類の多さが半端ない上に、相手を見抜くブレイディ、激しいラッシュにも、ランが出ない時も対応できる万能さ、それを率いるベリチックの考え方の柔軟性は見事。
守備を崩すしかないけど、こっちもアジャストする能力高いし穴が無い印象。
精神的にも後半になるほど強くなるのが強みだし、怪我人も少ない。
ジャガーズはこれ以上無いくらいによくやったのに勝てなかった。
これは行くんじゃないのかな?
Date: 2008.01.21 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、ディビジョナルプレイオフ?

順にやっていきます。

シーホークスvsパッカーズ

序盤はあっという間に2回のファンブルで14-0だったけど、そこからは底力の違いをまざまざと見せられたゲーム。
グラントは最初のプレイこそロストしたけど、後半ファーブに応えるべく見事に仕事をやり遂げた。
ファーブも今年の好調そのままに、慌てずに同点から逆転、雪も味方してシーホークスは文字通り四面楚歌。
まともにプレイの決められないシーホークスとのびのびやってるパッカーズは時間がたつに連れて明確になってくし。
あとは大事なとこでのペナルティが厳しかったかも。

ファーブは今シーズン、活躍する伝説のプレイヤーになって、やっと大人になった印象。
チームの若返りで自暴自棄がなりを潜めて良い感じ、本当の意味でのリーダーシップが芽生えて、ファーブ次第で浮き沈みしてたチームが総合力と若さから来る勢いで今後も面白そう。
予想以上に守備が良かったし、未知な魅力もあるし。
次の試合が楽しみ。
Date: 2008.01.17 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

NFL2008プレイオフ観戦、ワイルドカードプレイオフ?

さっさそく観戦の感想を。

バッカニアーズvsジャイアンツ

今回は解説が河口だったから英語も分からんのに向こうの放送ずっと聴いてた。
今回はジャイアンツの強さが目立った印象。
イーライ(こいつもマニングだけど、なぜかイーライって呼ばれるのね)は好調だと武器の多さとかが効いて来る。
一方のバッカニアーズは武器が無い上にOLがもう一つ。
これで追う形になるとどうしようもない、抑え込まれて、ギャンブルなプレーをせざる負えない。
保守的になると3&アウトで相手のポジションを良くして苦しむし。
ターンノーバーを出したらいけない方が出してはね。
と言ってもこれがこのチームの戦い方だから。
ここはとにかく力が違った印象、でもこの強い守備から点を取ってるのは良い材料。
イーライが好調なら、今後も劣勢を跳ね返せる可能性あり。
ただそれには主力でない力の爆発が必要かも。


タイタンズvsチャージャーズ

結果的にはタイタンズのスタミナ負けといったとこでしょうか。
以前からチャージャーズはそういう戦いを仕掛ける傾向があって、相手がスタミナ切れかけたあたりからたたみかける印象。
トムリンソンも厳しい試合でも100y出したりしますがそのほとんどは後半なはず。
今回、タイタンズはトムリンソン潰しを狙って、ひたすら止めて序盤は良かったけど、後半に戦略を読まれたり、スタミナ切れでどんどん押されて、最後には手詰まり。
総合的にチャージャーズは上だったし、リバース次第な印象はぬぐえないけど、調子が良ければ大アップセットも狙えるチーム。
ヤングも素晴らしいとは思うけど、いかんせん武器が足らない印象。
守備は良いから、これからかな、って去年も言われてたチームかも。

結局ワイルドかーづプレイオフは順当な印象。
前評判どおり、とにかく攻撃の武器とOLがポイントで、守備もそこそこのレベルに無いとダメなんだろう。
と言っても進むにつれて、より高いレベルの勝負になるから今までとは違う戦いになりそう。
脇のしまったゲームを期待してる。
Date: 2008.01.17 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。