スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

中央競馬回顧 新潟記念ほか

少し遅れたけど、週末の予想も少し。

新潟記念 
アルコセニョーラが見事な差しきり。
レースの傾向としては勢いありの上がり馬と、新潟巧者、平坦巧者が主力。
アルコセニョーラは福島専用という判断か人気を下げていましたが4歳の52kg、狙ってみるのも良かったと思うけど、伏兵乱立で難しかったですね。
マイネルキッツはかなり力をつけて本格化の様相、秋の東京のオープンでは主力視されるんじゃないかと。
トウショウシロックは叩いて上昇してました、しぶとい脚を使い、最後に来ました。
4着のミストラルクルーズもこの夏に力をつけた一頭、それだけに秋は試金石、裏の平坦重賞は注意でしょう。
ダイシングロウは新潟の長い直線もあるけど、左回りは不向きだったんでしょうか。
フサイチアソートも格好つけた形で、マイルあたりならもっと良いはず。
とはいえ本当に強い馬はいなかったわけで、レベルはもう一つな感じ。

キーンランドC
ここも混戦、安勝の好判断で上昇馬ビービーガルダンがハナへ、そのまま行くかと思ったら、超伏兵馬タイマルティーニが来ました。
このレースは北海道巧者と実力のある馬が上位をしめるレース。
今回はその通りだったけど、タニノマティーニは高齢が嫌われて、終わった馬扱いでしたがこの馬の好走パターン、恵まれると恐い一頭でした。
キンシャサノキセキは1200でも甘くなるようでは先が思いやられる。
強い相手で激しいスプリンターズSは恵まれないと厳しいかも知れないです。

@クローバー賞
これはおまけ、地方馬が沢山出てきたけど、人気の上位はアイアンデューク、アローベタキオンでした。
ただしこのレースは距離1500で厳しくなるレース、レース数や距離経験が向く地方馬にも十分目がありました。
上位人気の2頭は1200経験まで、ここを勝つようなら今後の飛躍が約束されてただけに評価を下げた形にも見えますが、経験というのは大きいもの、次走巻き返す可能性は考えておいた方が良いかと。
勝ったモエレエキスパートは4戦3勝、距離も経験していて7番人気は下げすぎ、2着のマイネルエルフは1800を経験していてそこが粘れた理由。
まあ2歳のことだから過信は禁物ですね。

これを踏まえての2歳重賞の予想。
新潟2歳S
このレース、年によっては出世レースで侮れません。
傾向としては1400以上を経験している馬が断然有利、できたら新潟の直線を経験してた方が良い。
穴は新潟のオープン経験か新潟の外回りからの馬。
でも、今回はセイウンワンダーが一頭抜けている印象。
緩急自在でスピードもキレも申し分なく他に強い相手は見当たらない。
もちろん輸送とか不安はあるものの、素質は上位。
対抗はひねり無いですがガンズオブナバロン、マッハヴェロシティ。
そのあとはバンガロール、タニノベローナ。
ダイワバーガンディはそこそこ強い内容だったけど、1200福島からのぶっつけは厳しい。
カヴァリエは1200で強かったが、同じ理由で。
穴は新潟で良い内容のドリームゼニス、ゴールドスパークルやオープン経験のスガノメダリストあたり。
関西馬があまり駆けないレースだから思いきって関西馬外すとつくかも知れないかな。

小倉2歳S
ここのところは大荒れはなく、上位5,6頭の戦い。
経験したコース距離の場合が多いだけに力の比較は難しくないけどまぎれもあるらしく。
だから単純にオープン好走馬と時計の良い馬と未知な馬で良いかと。
候補はツルマルジャパン、クリノスプレンダー、シルクナデシコ、ワンカラット、メイクデューク、シーポラリス、デグラーティアあたり。
恐らくこの7頭の中から3着まで入ると想像するのが妥当。
ただし軸は難しい。
フェニックスSの面子は他にも強い馬がいる面子だし、ツルマルジャパンはスピードあっても初の1200小回りの内枠、不安は大きい上に前で粘る走り、武はどう乗るか?
未勝利、新馬勝ち馬の中にも1分9秒以下の馬がいくらかいる、意外と面白い。
どこから入っても良いと思うけど、メイクデュースからは面白い。
1200に向く馬は前半33秒台、後半34秒出せればかなりの適性、シルクナデシコも同じ意味で。
対抗はツルマル、シルクあたり、まぎれを考えたら他の馬にも広げて良いと思う。

そう離れてないと思うけど、どうなることやら、馬場でも変わるし。
スポンサーサイト
Date: 2008.09.05 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

中央競馬回顧 札幌記念ほか

そろそろこんなことも始めてみます。

札幌記念 タスカータソルテの一気の差しがマツリダゴッホを差し切り。
マツリダゴッホは昨年より良い結果をだし、レースぶりは持ち味を出して滑り出しとしては悪くない。
タスカータソルテは使っていた強み、力のいる馬場も向いていたし右周りでここまでできるなら成長して秋の東京が楽しみ。
マイネルチャールズは失速、上がりの時計が遅すぎる印象。
久々のブライアンズタイム産駒で初の古馬との対決、理由はいくらでもあるけど、仕上げのコメントとしぶとさで上位に来てただけに物足りない。
あるいは現3才世代のレベルの低さも考えられる。
次走で真価が問われそう。
最後にアドマイヤタイトルは超長期休養明けで4着はこれからが期待できる。
このまま安勝が乗るなら重賞制覇も十分ありそう。
とはいえG?としてのレベルは低いかも知れないレース、結局は一線級の戦いを見ないと分からない面もある。

NSTオープンは1400巧者の戦いで今後活躍する馬はいない模様。
ヤマニンエマイユの上昇が少し面白いような気もするが、道悪でもあって信用できない。

こんな感じで週単位で。
Date: 2008.08.27 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

POGの馬について(カジノドライヴ、ゴスホークケンなど)

知り合いとPOGやってます、ルールは現役の間は追いかけて、関東馬しか取ってはいけないことにしました。
まあ地上波のテレビ放映考えると未勝利とか見るにはこのルールかと、これはこれで関東馬に対する思い入れや取れなかった悔しさとか出ますね。

ちなみに自分の主な馬はゴスホークケンカジノドライヴ、タカラストーン、オーロマイスター、ハピネスフォーユー。
相手はマイネルチャールズアポロドルチェファビラスボーイ、ユビキタス、メイビリーヴです。
全部で互いに10数頭取っていて、自分の取った馬の子供は自動的に自分の馬で+8頭くらいです。
だからサクラアカツキの子供のサクラデイブレイクとか、スティンガーの子のタイガーファングもいたりします^^。
では名前を上げたものから少し書いていきます。

ゴスホークケン デビュー戦から素質はかなりのもの、2走目の東スポ杯は経験と向かない展開で負けてしまいましたが、抽選で滑り込んだ朝日杯はハナを切って直線突き放す圧勝。
でも万能に強い馬だとは思えません。
スピードはあると思うし能力は高いけど、切れ味勝負には不向きに思えます。
距離もマイルあたりも良いけど、秋の天皇賞くらいまでならこなせると思うし、時計勝負に持って行くと有利と思ってたので朝日杯はその通りの競馬でした。
ただ、相手はまで超一流ではなかったから、今年は不作と言えど油断は禁物。
それに逃げて勝ったんだから、揉まれる競馬にはまだ疑問符が付く。
仕上げも十分でなく、成長途上だからまだまだ分からないけど、過度な期待は持ってません。
ただ朝日杯でパドック見た時は仕上げ十分ではないけど体の柔らかさや馬格の良さは抜けてました、もしかすると、とは思って新馬から記念馬券買ってます^^。

カジノドライヴ まだ1戦、圧勝でしたね。
レース自体はスピードの違いでハナへ、4コーナーで後続をひきつけたものの、直線はほぼ持ったままで突き放す一方。
ついてった馬が失速してましたし、上がりのラップは見事でした。
力があることは間違いないのですが、海外行ってしまうんですよね;;。
まだまだ未知で評価のしようはないですが、騎手がうまく育てて欲しいとこです。
でも藤沢の馬は追い出して意外に伸びない、とか気性が育ってない馬が多いからそこが心配。
楽勝の後も注意な厩舎ですから。
それでも海外の有名GIを勝ったら快挙、秋に日本に戻ってくれるのなら仕方ないです。
フェブラリーSでヴァーミリアンが勝ったけど、海外GI挑戦もあって段々ダートの評価も高まってきたように思うからカジノドライヴが日本の競馬の価値観を変えてくれたら嬉しい。

マイネルチャールズ 中山の2000mを専門に使って、ここんとこオープン→重賞と2連勝中。
馬込みをものともせずに、追い出すと勝負強さを発揮する。
本命がこける最近の3歳重賞の中でしっかり期待に応えてる馬は少ないですから、皐月賞の有力馬の一頭でしょう。
今年は西高東低とは言ってられない感じがしますから十分チャンスありです。
ただ、今年の傾向でオープン初挑戦で負けて、次に重賞制覇、っていうことがよくありました。
マイネルチャールズは先んじてた一頭で、コース巧者も手伝ってた節があります。
京成杯は、リトルアマポーラは完全に詰まって直線の伸びあっただけにもったいないし、アイティトップは無理な早仕掛けが響いた、ベンチャーナインとの伸び脚の差は歴然でした。
決して強い競馬ではなかったので新しい勢力の台頭に太刀打ちできるかが鍵ですか。

アポロドルチェ 京王杯は強いレースで朝日杯は良い評価だったのに外を回って惨敗。
まあ勝ち馬に有利な展開になったのもあるけど、外を回すのは人気があるとは言えおそまつな判断。
だから馬の力は見限るべきではないと思う。
広いコースでスピードや切れで勝負する馬だから、NHKマイルがやっぱり良いと思う。
距離はもちろんマイルまでは持つと思うし、騎手がうまく立ち回ればそのうちチャンスは来るでしょう。
気になるのは血統的に早熟なんじゃないかということ。
成長する馬も多いだろうから、そこで遅れを取ると厳しい状況に。
とにかく復帰戦のアーリントンCを注目です。

ファビラスボーイ 2連勝のジャングルポケット産駒、よく聞くフレーズですw。
でも皐月賞を目標に緩い仕上げで使い続けて勝負強く2連勝。
セントポーリア賞は相手は弱かったけど、こういう使い方は馬を成長させるから良いと思う。
ただ、ジャングルポケット産駒らしくもたもたするところがあって、騎手の腕と馬の成長が必要になる。
特に中山は小回りで不向きな印象、揉まれたり包まれたりすると凡走もあるかも知れません。
だからトライアルは関西の外まわりにして、最悪皐月賞スキップでダービーを目指すと良い気がする。
使って大負けするとフサイチホウオウみたいなレースをしそうで恐いし。

オーロマイスター 新馬完勝からいきなりのオープン挑戦で、厳しいレースで負け、その後もオープンで惜敗。
これは調教師と騎手の過信があるのかなあと思います。
ゴールドアリュールは走るんだけど、有力馬の中には妙に追い込み馬が多い、何かが作用してるんでしょうね。
そこで中京2歳Sは新馬上がりにはかなり厳しいレースになるの分かってるのに使ってます。
スタートで遅れた時点で終わってました。
スマートファルコンに負けたレースも相手が悪いのでしょうか?
勝つとかクラシックに乗ることを考えすぎな印象がありました。
ゆっくり進めるレースの方が向くように思えるのにマイルあたりを使って、人気だから大事に乗って届かない印象です。
一頓挫あって、得意そうな東京は使えず、運も無いですね。
それでも有利な状況の重賞なら十分チャンスはあると思うし、自己条件からきっちりダービーを狙いに行くのもありだと思うから、頑張って欲しいです。
できたら騎手は吉田豊じゃない方向で、、、。

こんなとこです、また他の馬も少し触りたいと思うので近々。
Date: 2008.02.26 Category:  Comments (1) Trackbacks (0)

朝日杯FSまでの話

風邪をひいてアニメブログを優先させたので新馬短評は企画倒れに、、、それでも自分のPOGの話でもしましょうか。

東京開催はやっぱり大物がデビューするもので、昨年ならドリームジャーニーやアサクサキングスは強く、その後も活躍しました。
今年もそこを狙ってPOGを狙うわけです、ちなみにうちのPOGは木曜日までに登録すれば良いので調教の具合も込みでいろいろ毎週考えてました。
自分がこの時期に取った馬はゴスホークケングラスブラスト、シリコンフォレスト、マイネルジュレップ、ハピネスフォーユー、オーロマイスターでした。

まずはゴスホークケンの話から、取った馬ですからしっかり見てました。
デビューは圧勝、ただ勝春は楽勝過ぎて1ハロンくらいしか追わないで、次走の東京スポーツ杯は来るのを余裕で待って差しきられ、やっぱり騎手が一流ではないのかなと言う感じです。
さて朝日杯当日は中山にいたのですが、パドックは見た目調教師の言う通り7,8分の仕上がりな印象。
でも体の動きの柔らかさや連動の繋がりは全馬の中でも良かったです、将来の素質は感じながら、半信半疑の観戦でした。
今回は勝浦の乗り代わり出たとこで、ハナを切りました。
自分的には、一団の競馬より時計の速いレースに持ち込んだ方が勝てると思ったから早目抜け出しが理想だと思ってました。
だから1枠でこの競馬なら願ったり叶ったり。
それでも4コーナーで後ろを引き付けた時はひやひや^^;。
そこから上がり最速で突き放したのは本当に強い競馬でした。
もちろんかなり強い馬だと思うけど、これからの競馬は皐月やダービーを狙う馬たち相手で息は抜けません。
自分的には勝った賞金でこれからの出走が安泰になったのが大きいです。

次はグラスブラスト、マンハンタンカフェ産駒でレースぶりから活躍は来年の秋以降と悟りました、、、。
でも自分たちのPOGは引退するまでだから逆にレインダンスのように大仕事に絡む可能性はあると思います。
未勝利でも意識して最後方からの追い込みを経験させてるのは好印象。
差しをマスターして先行するとマンハンタンカフェ産駒は強くなります、古馬での活躍はかなり期待できそう、来年の夏の急上昇と秋を待ちましょう。

あとは4回開催の新馬勝ち馬からダイワカンパニーを見てみましょう。
この馬はミンティエアーの全弟、余裕の勝利でした。
これは持論ですが、基本的にタキオン産駒はマイラーだと思います。
スカーレットを持ち出す向きもあるでしょうが、素質があれば距離は凌駕できるのです。
そういう意味でダイワカンパニーの素質はこれからの活躍次第。
ただ新馬の面子は弱かったので過信は禁物。
さすがに距離を凌駕できるほどのタキオン産駒はそうそう出てこないので。
ついでにミステリアスライトの話もしておくと、これもタキオン産駒、強い内容で新馬勝ち、これくらいのレベルなら素質で圧勝するのがタキオン産駒。
葉牡丹賞もスローの逃げで他の素質馬をしのぎました。
でもこれがタキオン産駒の代名詞的な強さになりそうな気がします。
スカーレットもスローの逃げでの粘りでGIをモノにしてますから。
どちらもこれからでしょう。

という感じです、他の種牡馬も思うとこありですが、そのうち書きます。
Date: 2007.12.12 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

2007 5回東京1週目 新馬短評とか

まず新馬チェックから

1日5R 1400D
アポロガッバーナが凄い調教時計で一番人気も直線失速、1着ケイアイスイジンも結構強い内容、評価は5。2着関西馬のギンザナイトもすぐ勝てるでしょう。強い馬同士でやると一番強い馬に巻き込まれて失速してしまう実力馬もあるから、一応人気の上位は巻き返しありそうです。穴はワンダフルスキルが叩いて良さそう、コウヨウクリスタルも狙い目。レースの評価は5。

1日6R 1600芝
早め抜け出したメイビリーヴが押し切った形、バクシンオーの子だけに1200あたりが良さそう、評価は4。上位は順当な印象。2,3着馬もすぐに勝てそうな勢い。化けるならダイメイガール。レースの評価は3。

2日5R 1400芝
先行がちょっと行きすぎで、シンワラヴの差しが決まる、評価は4。行ったカフェレジェンドが失速した以外は力を出してた印象、スパークルシーンは良くなれば上位争いは硬い。ゴールデンココも良いレースだった。フォーカライズはもうちょっと距離伸びて良いレースしそうだし、行きすぎなければカフェレジェンドも巻き返せる。レースの評価は4。

2日6R 2000芝
今週関東で一番面子の揃ったレース。勝ったのはツバサ、超スローからのキレは目立った、強い内容で評価は6。これからの伸び次第じゃ大物になるかも知れない。人気のダンシングバッカスは伸びず、切れ味勝負に対応できず。マイネルジュレップも似たような感じで、厳しいレースで見直しって感じか。2着のフランドルシチーは次は注意、ハナでないと苦しそう。上位はコケた馬以外は順当とも。レースの評価は6。ペース速いともっと強い競馬が見れたかも。

って言う感じでツバサは要注意、アサクサキングスのように負けながら大きなとこ取るかもしれません。
次に注目レース。

●アルゼンチン共和国杯、これはハンデ戦らしいレースになったけど結果的にネヴァブションとトウキョウナイトは1回叩いたくらいだと復活しないということか、それでもアドマイヤジュピタは強い内容でフレンチデピュティの新たな面が出ている。次はどうするのでしょう。2着以下は先刻の2強が消えて何が来てもおかしくない印象、トウカイトリックは休み明けを敬遠されたけど、春の天皇賞3着、東京良積もあった。リキアイサイレンスは急上昇、前走の伸びは本物。とにかく新星登場で今後が楽しみ。
●ファンタジーS、これはりんどう賞組が強いということに。1400外回りだからスピードとキレが必要でドリームローズは大敗か圧勝かみたいなとこあったし、この結果は仕方ない。オディールは前走休み明け出遅れ、前有利の流れで2着だっただけに外回りでしぶとさ生きた、安勝になったのも良かったかも。エイムアップビップは正攻法、早すぎるスパートにも見えたけど、アレが無いとエイシンパンサーに差されていたかも。エイシンパンサーは前に行くスピードに欠けて、どうしても甘く3着。結果順当でした。

あとは私事ですがジャンバルジャンが500万で圧勝、うちのPOGは引退までだからこれからが楽しみ。あまりの強さにいきなりJCD行ってくれないかと、、、それは無理かな^^;。
ジャングルポケット産駒は意外と使った方が強くなる気がするのだけど、まだまだこれからですね。
種牡馬の傾向もなかなか決まらないもので前に書いたフレンチデピュティもピンクカメオみたいなのもいればアドマイヤジュピタ、クロフネのようなダートの大物も出すし、早熟なのから晩成なのまでいろいろ出して大種牡馬になるっぽい印象だけど、これもしばらくたったから。
ギムレットやジャンポケも活躍しても掴みどころが無くて、自分はどっちも使った方が強くなると思うのだけど、どうなんだろう。
クリスエスも分からんし、活躍してる○外も意外と知らないのが走ってるし、困った。
そんなわけで東京終わったあたりで種牡馬のレビューでもしてみますか。
Date: 2007.11.05 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

2007 4回東京2週目 新馬短評とか

続けてですが昨日、今日のも。

4日3R 1800芝
そこそこな面子、ダノンインズパイアが出遅れからジワリと4コーナー並びかけ、余裕の追い出し、評価は5。ストロングバサラはシンボリクリスエスで切れを欠くけど能力は高い。2,3着は次にもチャンス。カネスダンクは次狙うと良いかも。レースの評価は4。

5日3R 1300D
ブルーラヴとエイワイエヤスに人気がかぶって、ブルーラヴの方が先行、直線はどちらでもなくマルサンサイレンスが突き抜ける、評価は5。ブルーラヴは最後で失速、でも能力で2着、エイワイエヤスは4コーナーで4着馬にぶつけられ、あれが無ければ2着はあったかも、ともに次は勝てそう。結構上位が来た感じで、穴はヨイチノース、叩いて変わりそう。レースの評価はやっぱり2頭は強かったから4。

5日4R 1600芝
ついに大物が現れた。ゴズホークケン、実はPOGで取ったからパドックからチェックしたら、凄い馬体で大きくて筋骨隆々、なのに身のこなしは柔らかくて、迷わず、普段なら買わない記念馬券で単勝購入。面子も結構強いと思うけど、馬なりで先行に取り付いて4コーナーで並ぶと他が追ってるのに追い出さずに追ったらあっという間に突き離して最後は抑え、結局追ったの100mくらいじゃないかと、評価は7。2,3着はすぐに勝てると思う。穴はクレバーボブ、これは本当に化けそう。
レースの評価は6。

ゴスホークケンはこれでまだ万全じゃないのだから末恐ろしいです、恐らく人気になりやすいから馬券的にはおいしくないと思うけど、自分の馬だし追ってみます。
これで来春は安泰、怪我なく行ってくれ^^。

次に今週の注目レースから。
●秋華賞、今回の上位はファビュラスラフィンやスウィープ級の馬が2,3頭いるように感じてました。っていうことは大荒れはありえないし、ローズ上位かオークス上位とウオッカだと思ってましたが想像どおりでした。特にレインダンスは化けているわけじゃないけど、人気が無くておいしかったです^^。これは自分の考えですが、条件戦の弱い面子からローズSでそこそこ好走するってのは凄いこと、強さに気後れしない強さは本番で前進が見込めるってことです。特に今回はスカーレット、ベッラレイアと好勝負ならなおさら。ウオッカは休み明けもあるし、道中の位置取りから考えたらここまでよく追い詰めてるとも言えて、負けてなお強し。ベッラレイアは作戦負けでしょう、でも万が一を狙うなら間違いではないかなと。この上位4頭は下手すると牡馬勢に殴りこみするんじゃないかと、そっちへ流れる馬もいるし先が楽しみになったレースでした。
●府中牝馬S、アサヒライジングが恵まれていたけど、それ以上にデアリングハートが東京巧者だったってことでしょう、こっちは三連単が取れました。でも構図が分かり易いレースで、格として上位6頭くらいしか勝負に関係ないように見えました。こいつらと秋華賞とじゃ、今回は3歳の方が強いでしょうね。
●デイリー杯2歳S、どんぐりの背比べな面子だった気がします、新馬上がりが1人気でしたしね。結局は経験馬組が上位に、1,2着はオープン以上を初めて経験して、叩いて変わり身、って感じに見えました。オースミマーシャルは分からないけど、前走5人気というのは意外と妥当だった?マリエンベルグは経験でしょうか。マルブツは単純に距離かと。まだここより強い組は出てきそうな内容でした。

ついにGIシリーズが始まって、面白くなってきました。
新馬もゴスホークケンていう大物が現れてこっちも主役格が現れて来たかなあと。
ちなみにゴスホークケンの父バースタインはストームバード系、でも距離持つ血統もあるらしいし、どうゆう距離が良いか分からないけど、走りからは持ちそう。
斉藤誠厩舎も凄く新しい厩舎でサンツェッペリンで有名ですが、結構甘い厩舎で2着が異常に多いような^^;。
頑張って欲しいです。
Date: 2007.10.14 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

2007 4回東京1週目 新馬短評とか

まず新馬の短評から。
今回から穴ばかりじゃなくて、次に確勝の馬も書けたらなあと思ってます。

1日4R 1400芝
上位拮抗の面子、叩きあいも見ごたありでした。勝ち馬、シベリアントムは評価は5。他も拮抗しててワンダフルユースは次チャンス。4着までは次も人気になりそうだし上位でしょう。穴はいないかな、力どおり。レースの評価も5、なかなか良い面子。

2日3R 1600D
そこそこの面子、勝ったヨシカツゾーは末しっかり、評価は4。2着のナイスラッキーは勝負根性あって、次は期待できる。デルマアンタレスのスピードは本物、ただ、最後は失速、次は押し切り注意。アドバンスはデルマのスピードに屈した形で地力はありそう。ここも頭数少ないせいか穴はいない感じ。レースの評価は3。

2日4R 1800芝
ここは上位2頭の評価が難しい。激しい叩き合いでフジヤマラムセスの勝利。評価は6。やはり東京のこれくらいの距離は良い馬が出てくる。負けたオークリーフキッドは血統的に少し鈍いところあるが、距離は長いほうが良いタイプ、次は確勝だろう。マイネルレギメントも相手が悪かっただけで十分強かった。ここも穴がいない、レースの評価は5。

3日3R 1400芝牝馬
クレイジーラブに人気がかぶって大事に乗ってたら意外と伸びずに勝ったのはマロンティアラ、併せてからの勝負根性で抜けてきた、評価は4。他もちょっとぱっとしない印象、クレイジーラブは次もちょっと心配。穴はフォギーボトム、能力はあるから次回に期待。レースの評価は3。

3日5R 1600芝
ここはダイワカンパニーが強すぎた、評価は6、でも本気で走ってじゃないからまだ評価はあがるかもしれん。一方で他の馬は一長一短でツクバプリティも叩いて良くなる感じか。一頭だけ強い感じでレースの評価は4。

次に注目レースの回顧。
●毎日王冠、ダイワメジャーが断然人気も、展開が見方しなかった。見てる人は分かると思うけど、メジャーはこれと決めた馬には負けないから安勝はその馬を探すような走りをする。それがスウィフトカレントだったりコンゴウリキシオーだったりダンスインザムードだったりする。でも今回はブライトトゥモローをそう見たら、その外からチョウサンに来られて東京で穴があくタイプの差され方。でも上位に2頭は強いと思うし、でも展開次第でメジャーは圧勝できるとも思う。上位2頭は最近になってまた強くなり始めて、そういう意味じゃ底を見せてなかった。でも本番が楽しみになるレースで良かったと思う。
●京都大賞典、ここは乗り役が変わってスムーズさを欠いたポップロックをインティライミが差して、完全復活。でもこれで勝負付けがついたとは言えないから、こっちも楽しみ。メジャーとポップロックは今後の定規になるから、これに勝った3頭は天皇賞でも面白い。
●パルセウスS、月曜のレース。混戦模様のレースはトーセンブライトの勝利、ちなみに自分の馬ですw。とにかくいろんな条件から馬が集まっていて、読みにくいレースでしたが、東京1400Dの得意さで勝った印象。別のとこでやったらまた順位が変わる面子でしょう。そういう意味じゃ、この結果はあまり先に繋がらないかも。

東京、京都開催が始まって、新馬を見てますが、まだ真打は出てきて無い印象、もうちょっと様子を見ましょうか。
Date: 2007.10.14 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

2007 4回中山4週目 新馬短評とか

今週はさっさと済ませましょう。
まず新馬戦から、中山は紛れが多くて力があって勝ちたい馬は東京まで待つ、しかも雨、ってことで今週の面子ももう一つ。

7日5R 1200芝
このレースは凄い調教時計のスピーディセイコーが人気だったけど、善臣の落馬で乗り変わった影響があったのか、サマー知るフィードが逃げ、スピーディーは伸びず、ジェボーナが伸びてきました。トウカイテイオー産駒は調教走らないからとっても嫌w。それでも評価は5。この相手は少し強かったからこの評価に。2,3、4着はすぐにでもチャンスありそう。順当で、レースの評価は4。

8日5R 1600芝
このレースは不良馬場で返って力が出たレース、でも武のキャッツインブーツが降着でした、、、。そこそこ揃った面子も勝ったダークエンジェルは評価5。レース全体の評価も5。○混だとそこそこ揃う形になるけど父親がよく分からん馬が出てきますね、まあ調べはしましたが。上位は拮抗、同じくらいの力と見て良さそう。化けるならコーヒータイム。

ここで中山の新馬で化けるかも、って書いた馬をピックアップしてみます。
スウェプトスルー
オジジアンクリス
ハイスプリティド
トリガー
ラインブレイク
フォンテーヌ
ケージーワンモア
ネイヴルトウショウ
トーアチャーリー
ナスザン
ディーエスプリーム
コーヒーブレイク
です。今日トリガーが出てきたけど、強い相手に負けて5着でした。
でも前走バテから立ち直った感じは良いかなと。
まあ出てきたら紐にでも。

次に注目レースの回顧。
●スプリンターズS、これは皆が外を狙うから内有利なレースになりそうと思ったのですがそんな感じに。アストンマーチャンは思い切った先行が本当に大当たり、中山は不良馬場だったけど、最内突いた馬が勝ったりして意外と良かったんですね。サンアディユは地力見せました、中山得意なアイルラヴァゲインとキングストレイルも上位に。スズカは本調子じゃなかったんでしょうか。
●札幌2歳S、サブジェクト人気の中、さすが2歳のレースで追うとフラフラしたり内にささったり、上がりもかかってオリエンタルロックが届く流れに。厳しいレース向きな流れの中でも崩れなかったサブジェクトは評価して良いと思いますがもうちょっと強いとこ見せて欲しかったとこです。
●シリウスS、阪神2000ダートは長距離になるから力が出る。って感じでラッキーブレイクが復活して勝ちパターンと思いきや、ドラゴンファイヤーの切れ味は凄すぎでした^^;。出るとこを探して見つけたら凄い切れ。まだ信用はできないけど今後ダート王への道を歩めそうな勢い、しかし今年の3歳はダートに結構強いのいますね。

スプリンターはこんな馬場だったけど、強い馬が上位に来てる印象、とくに1,2着の牝馬2頭はこれから活躍しそうです。
来週は天皇賞のトライアルが東西であって、強い馬が強いレースをして本番が楽しみになるようにして欲しいもんです。
あとはデビューする有力新馬に注目ですか^^。
Date: 2007.09.30 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。