スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

あなたの世界

ニートな気持ちになることがあります。
でもってあっちの世界とこっちの世界を行き来することになるんです。
心理学の本では人は世界の見え方が人それぞれ違うのだと書いてあったりします。
でもそうは言っても全然違うんじゃなくて共通了解なる世界はあるんです。
でもそうゆう共通了解の世界って一つじゃないんですよね。
大きく分けると、リアルな世界とネットの世界なんてのはその例です。
面白いのは多かれ少なかれ両方の世界にいるのに、片方が希薄な人がいます。
ネットに興味があるとリアルが希薄になります、たまに二次元のキャラに偉く魅力を感じてしまうとそっちに行ったりもするでしょう。
それとは反対にネットに興味がなくても全然リアルで普通に生きていけます。
問題はどっちかで生きにくくなったり、どっちかが魅力的に見えた時、そっちに偏るってことです。
だからニートな気分の時は自分でも危なくて無理して外出てカフェで市井の人々を見ながら気持ちを整理しないといけなくなります。
ちなみに家を出る時は正直出る気力が薄いのですが、頑張って出て行きます。
それはカフェで整理すると今までとこれからが繋がるような気分になった経験があるからです。
こうして揺れ動きます、本当はリアルでしっかり自分を持てたら良いなあと思うのだけど、なんだかんだで厳しい世界で逃げ込みたくもなるってものです。
これがうまくやってることにはならないと思うけど、多分しばらくはこんなことが続いていくのかなあと思ってます。
そんなふうに自分を眺めたら何か見えてくるかも知れません。
良いとか悪いとか別にして。
スポンサーサイト
Date: 2007.08.07 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

参議院議員選挙の後で

ええと政治ネタです、結構気にしてたり。

今回は単純に逆風で民主党が勝ったように見えるけど、小泉が出る前は自民党はどうしようもなく支持率が低下してたのおぼえてる?
それをふまえて各党について

○自民党 正直行政の不祥事と閣僚の疑惑が多すぎな上に失言が多すぎ。それでも小泉直前の自民党は負けるべき党で、安陪になってその頃に戻ってる印象がある。一方でマスコミへのもみ消しの効力が薄れて多くの不祥事や疑惑が出るようになって、非常にやりにくい上にファインプレイが起こる可能性も皆無。民主党の不祥事を待つ最悪の体制と思う。それでも衆議院選挙は国政を決めるのだし、参議院ならお灸をすえても衆議院なら自民に入れる人はいるわけで今回ほどの大差はどうだろう。

○民主党 正直漁夫の利というの妥当な評価、それでも自民と大差ない思想だから敵の失策待ちなのは自民と同じ印象。自民よりたちが悪いのは右派も左派もいることで、与党になって瓦解するのは火を見るより明らか。それでも受け皿として大切ではある。あとで自分の考えも述べるけどそれには良いと思う。

○公明党 母体が創価学会で今回の投票率の高さや自民に味方したのは悪い方になった。出した候補者は全員当選なはずの党だけにショックは隠せ無い。キャスティングボードを握るが日和見と言われたく無いから難しいそこ。今回は一部支持者も民主の候補に入れたりと党に対して批判的な信者もいそうでもし自民が落ちたら危ない。

○共産党 左派としての機能は低下、真面目で有能なのだろうけど柔軟性に欠けるから票からは遠いところにいる。対立軸になりたいのならもっと強烈なスローガンを出さないといけないのに地道とは地味に繋がるってことで無視の対象になっている印象。

○社民党 昔の社会党の見る影もない。それでも柔軟な姿勢は評価。でもいかに支持しても党の議席には繋がってない印象。もうちょっと国民が貧しくならないと出る幕無しと思う。

一応、その他は分からないから特に言及はしない。
文句があっても自分は一市民にすぎないし、それくらいの認識しかされないことを受け止めて欲しい。
自分は政策云々は今の時点ではどうでも良くて、強いて言えば行政や特殊法人の横暴を解体や改良して欲しい、ってことだけ。
それでこっちが大切なのだけど、悪いことをしたり失策をしたら負けるべきと思う。
だから今回の結果はそこそこ満足してる。
なんでそんなこと思ったかは、与党の中に官僚出身者がいて、改革しても反抗戦力がいてかなり骨抜きな決着が繰り返されている。
これで、なんか改革した、とか、うまく行かないのは仕方が無い、なんて言ってる場合じゃないだろ!
日本は後半世紀もすれば衰退の一途だよ、でも今なんとかすれば分からないのに足を引っ張る奴らが多すぎ。
それでも政治は一回の選挙で変わらない、10年くらいのスパンじゃないと変わりようがないから、だからそう思う。
そうゆう勢力がなくなればどんな権力も言い訳ができなくて、成果と失策がはっきりするはず。
そのためにも悪い奴や無駄を守ろうとする奴らを排除して欲しい。
ただそれだけ。
小泉にはそうゆう改革ができるんならやってみろって思ったけどできなかったしね。
結局いた党が悪かったのかな。
Date: 2007.08.01 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

妄想って

最近感じたこと、妄想ってその人の可能性によって広がりが全く違います。
子供の頃の妄想は空に羽ばたいていくがごとく、ウルトラマンにも魔法少女にもなれますし、学生の頃は好きな子や好きなタレントに突っ走ることもできるでしょう。
でも可能性をあきらめて、自分に枠を作り始めると途端に妄想も現実化、もちろんその分現実に実現できることも増えるんだけど、寂しいような切ないような。
だから最近妄想してないなあ、って人はきっと大人になってしまったんです。
もちろん妄想一杯な大人の人もいるだろうし、でもそうゆう人は子供の心を忘れてない?
まあ単なるエロ親父では困りますがw。
一応妄想肯定者ではないけど、自分はそうゆう余地を残しておきたいですね^^。
Date: 2007.07.12 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

選挙ってさ

意外と興味あるけど、今は主義主張がどうとかってんじゃなくて、政策が実行できるようにしようよ、って感じ。
与党は味方と敵作って、そんなのおかしいじゃない。
誰にでも良い顔するってのが目的でしょ?
野党は与党と政策が大きく違うわけじゃないし、そのくせ新党の芽を摘んでる節すらある。
だから自分が政治に望むのは、無茶な政策だったりでも構わないから、実行できる環境で言い訳できないようにして欲しいってこと。
官僚の既得権益に今の与党が手をつけられないなら、与党代わったって良いと思う。
政治をここ10年くらいで良くするなんてどだい無理だし、多少崩れても過渡期を作らないと正直日本はやばい。
人間と同じで、一度大きく崩れたほうがその先でうまくやれるんじゃないのかな。
もっと国民は厳しくなって欲しいね、好きな人でも間違ってる人は応援しないって態度見せないと未来はないよ。
ってちょっと思ってましたw。
Date: 2007.04.11 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

こんなタイミングですが

昨日、大家さんに家賃を払いに行った時、見慣れぬ仏壇飾りが目に入りました。
実は夏頃に大家さんが倒れられて入院し、その後奥さんに家賃を払ってたのですが、押し迫った頃に他界されたそうなんです。
小さな部屋に故人の大きな写真が飾ってあり、自分は奥さんに何も言えませんでした。
こうゆう時に自分の心の中で、何にも言えないけどうまく立ち回りたい、とか、逃げたい、と思ってるのが本当は一番ショックだったりしました。
覚悟ができてないのもショックだし、対処できなくて保身や逃避を感じるのも。
自分の弱さを強烈に実感して。
もちろん大家さんとは半年前までは会った時には世間話をしたりしていたので居なくなったという底の知れない実感もありました。
自分は冷たい人間なんだなあと思いながら。
でもこうゆう時に優しい言葉をかけたり、助けられるような強さが欲しいです。
多分それは話やドラマで見たなんてことじゃなく、自分で体験しないと手に入らないものだけに、自分の体験の少なさを後悔します。
辛いことも、苦しいことも体験は自分の人生の先できっと役に立つんです。
だからもっと主体性を持ってかかわってかないといけないですね。
Date: 2006.12.31 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

もっと多様性を

自分は昔っから人と趣味がズレていて、みんながJ-pop聞いてた頃にはインストゥルメンタルや筋少にはまり、合う人間を探すのに苦労するけど軽く布教活動して友を集めました。
でも良いと思うのだから仕方がない。
にしてもどうも日本は主流じゃないものに冷たい気がする。
ひところ、普通であろうと努力する子供の姿をテレビで見て、グループからつま弾きにされたりいじめられたりしないために頑張ってるとか。
これってどうやってこんな環境になってしまったんでしょうね?
まあ、普通になろうと頑張ってる子が普通じゃない子をいじめるとかはわからなくもないです。
前に読んだのですが人が他人に文句を言う時は8割方自分に原因があるそうです。
それは自分がしたいけどできないことをしているのを見て、無意識の嫉妬心から文句を言っているケースが異様に多い。
正論だと感じられる時ほどそうだったりします。
だからそういう想いが積み重なって多様性を求めつつも普通に留まる人が多いんじゃなかろうかと。
自分の趣味はそうゆう枠が無いけど、逆に分からないくらい外れているから陰口は叩かれてもいじめられるまではいかない。
羨ましがられないほどやればねw。
絆と束縛は紙一重、あなたが感じてるのはどちらでしょう?
Date: 2006.12.17 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

適当に

気をつけないと、人って適当になっちゃうんだよね。
その時はそこそこ一生懸命やってるつもりでも、後で考えると全然考えてない。
そこ、考え足らな過ぎ!
なんか一生懸命することができなくなってるのかなぁ?と少し凹む。
そんなこと考えて自分を訓練したいって思います。
一生懸命がデフォルトになりたいなあ、と毎日思うけど帰来の怠け癖は筋金入りらしく、でも自分なりに頑張らないと。
でもしばらくたって自分のやったことが意外と頑張ってるってこともあるから分からないよな。
と、なんだか掴み所のない話で申し訳ない。
Date: 2006.12.14 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)

大人と子供はお互いのことがわからない

最近起きてる大人と子供のトラブル、お互いの理解が十分じゃなくて沢山の不幸が起きているように思うんです。

大人が子供の考えてることが分からない、その逆、ということを最近深く感じます。どこが自分たちと同じでどこが自分たちと同じじゃないのか、よく思うのですが親子でも恋愛でも関係がある時にお互いを理解する努力って意外とおろそかにするところがあるように思うんです。自分を出せば良い、とか自分に相手を合わせたいと。そのほうが楽ですからね。でもそういった積み重ねで信頼の強さが決まるとも思えるのです。これは今問題になっているいじめに密接な話題とも思うのですがどうでしょう?それはある意味自分は技術だと思います。ただ、恋愛や親子関係の絆をあたかも技術としてノウハウ化しようと言うのに抵抗を感じる人もいるでしょう、こうゆう関係は計算づくでやるものではないと。答えはイエスでありノーでもあると思うのです。完全無欠な方法なんてものは無いし、十人十色なのですから。人によっては使わずとも十分意思が伝え合えるかも知れませんが、人によっては口に出して言うべきことや意識して態度で示すべきことがあるように思うのです。ここでちゃんとした答えを書く気は毛頭ありません。ですがいくらかの自分なりの認識もあるので次回そのあたりも書きたいと思います。
Date: 2006.11.12 Category: 気になったこと  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。