スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

最近のアニメの変化

最近のアニメ見て感じることがあるんです。
それはライトノベルズの影響が色濃くて、自分的には良い方向に向かってると思う。
スポンサーサイト
Date: 2007.01.31 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

月面兎兵器ミーナ 2話「プロレス大好き」

実は録画ミスしましたが、今は良いものがあるんですねえ。
でないと仕方なく切ってるとこでした。

3分のコーナーをまかされた美奈はテレビ局に泊まり込んで徹夜で書き上げる。
しかし原稿を見て翠怜さんは自分の言葉で語れという。
まあいつものいじわるエスカルティンが美奈を育てる方向へ、にしても尾上P,お前本当にバカだろ?
そして加藤Pデカ!
まあアニメの世界では誰も気付いてはいけないので、月城ミーナにも気付いてはいけない、、、。
うさ耳星人、っていうか兎だし。
美奈の真摯な頼みを見事に無視して、まあ月城ミーナに倒されるわけです。
しかしこのプロレス大好きな宇宙人が多いって設定は、食いつくツボが分かんないんだけど。
しかもどこか20世紀少年的な未来なのにレトロっぽい感じがちょっとかぶりすぎな気がする。
全ての要素が絡み合うことなくばらばらに配置されてる感がある、お色気部分も脈絡ないし、なんかこう説得力のない配置なんだよね。
もうちょっと軸が欲しいような。
まあ質は良いから見る、っていうか3話は録ってあるしで、見たらまたレビューする。
Date: 2007.01.31 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ProjectBLUE地球SOS 4話「要塞島出現、メトロポリタンX危機一髪!(前編)」

円盤解析、国連は全く相手にならないし。
でも報道ってまずいだろ^^;
敵に情報あげてるような、、、。
しかし国連あてになんねえ。
要人家族の誘拐は、敵がこっちの言語を理解してる証拠。
未知すぎるなあ、しかし。
メトロポリタンXに非難もペニーは街中であのときの子を発見。
ミュシャ、猫だよね。
3歳だし。
そしてペニーとロッタ、連れ去られちまった^^;
敵の基地は動いている、ビリーが発見!
ここらが常識に縛られた大人には考え付かないってこと?
荷電粒子砲撃つから、お披露目していきなりメトロポリタンXピンチ。
ロッタがいるから敵へのG兵器使用を承服。
ペニーの父はスペースシャトルで死んだ?
こうしてビリーが島に突入だあ。

展開早いけど、少し早すぎな気もする。
まあ楽しみにはしてるから、頑張って欲しい^^
Date: 2007.01.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

コードギアス 14話 「ギアス 対 ギアス」

ゼロがルルだと知ったシャーリーがどうゆう行動に走るか?が見所。

C.C.に救われるルル。
しかし少なくとも二人に見られ、シャリーは何もしないで、銃だけをゲット?
ルルへ書こうとした想い、まとまらないまま。
扇に撤退をさせる、明らかに何かが違う。
ミーナはユフィに会いたい、見た目純粋そうで、実は黒い。
ナナリーも、しかしスザクはそのことに、、、。
今のゼロにとって本当の同等はC.C.だけ。
ブラックマーケットを探る意味とは?
更なる力の渇望。
ゼロの狙いはコーネリア、そしてユフィに騎士を、誰を選ぶか誰もがわかる。裏切ってくれ!
そして特派はいつも楽しいw。
ディートハルトは黒の騎士団へ、でも確実に裏がある。
単なる嗜好とは思えない。
そしてC.C.が新しい服、やばいかわいいw
ルルを知る紫ゴーグル野郎出現、全てを知ってるかのような口ぶり。
あの夜にいたのはこいつ?
いや、いたのはヴィレッタ、餌は見事に獲物を吊り上げたが、餌の感情は誤算。
ヴィレッタ撃たれる、シャーリーはもう戻れない道へ。
そしてシャーリーから全ての情報を手に入れ、シャーリー追い込む。
良い、こうゆういやらしい良いw。
シャーリー負の方向へ突っ走る。
そしてルルを挑発しおびき出す。
負けて相手のギアスを知るルル。
C.C.が口走ったマオって誰!?
ルルだからマオには勝てない、心が読まれてる?
そうマオは思考を読むギアスを持っている。

場面転換、扇がヴィレッタをみつける。
ヴィレッタが口走る「お前がゼロか、、、」

シャーリーは荒波の渦中へ、マオは激しく波立てる。
思考を読んで操り、罪を償うためにルルと逝こう!。
自分で手を下さないのは主義?
でもシャーリーの混乱でやめ、自分でやろう、ってとこで気付かぬうちにC.C.が助け船。
C.C.とマオの関係は?
っていうかマオはC.C.大好き?w
オレが全部忘れさせてやる、そしてギアスでシャーリーを友達から消す。
明けない夜はない、でもこれからシャーリーとどう接するの?
みんなを忘れたりしてない?
ディテールかもしれないし、もう矛盾バリバリなんだが、、、。
無理無理なんだよなあ、歪すぎて、奇跡的なすり抜けが多すぎるとなんだか萎える。
こんがらがらせるばっかじゃなくて痛快な場面も多めによろしく。
あと特派の一日希望w。
Date: 2007.01.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ゴーストハント 禁じられた遊び#3

麻衣が捕まった!!
また夢の中ですよ。
霊が他の霊を大食い王;;
でも助かるよね、主人公殺せるかい。
夢の中で鬼火が孵化する、しかも4匹、敵多すぎ。
すげぇ恐いんですけど、横に霊が寝てて、退魔したらガーーーン!
逃げようとしたら床がドーーーン!
ナルが来たら天井がズドーーーン!と、やりまくり。
コドク?
共食いで強いのが持ち主を呪い殺す。
おりきり様の特異性に着目、リンは呪い系なんだね。
こうして松山!!!あんたが標的だ~~~!
やっぱ坂下が怪しい?
少し安原も怪しいような。
次週って明日だけど楽しみにすべし。
Date: 2007.01.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

西尾維新 「刀語」絶刀 鉋

ネタバレないでレビュー

話は江戸時代らしいですよ。
絶海の孤島で暮らす兄弟、もちろんただものじゃないのだけど。
そこへ事件起こしに結構やってくるんですよ。
これがかなりバカ、というか相変わらず線引きが良く分からんで、いつの間にかそうゆう世界と納得させられる。
でも最初らしくこのあとに期待させる、まだ絶賛とはいかない、だって始まったばかり、簡単に諸手は上げないよ。
でも西尾維新臭はばっちり、好きな人は12ヶ月連続で読むべし。
そして今度は清涼院流水のパーフェクトワールドに手を出すわけですよ。
Date: 2007.01.29 Category: マンガ・本・TV・映画  Comments (0) Trackbacks (0)

SHUFFLE!MEMORIES 3話「時雨 亜沙偏 前編」

やっぱ人気あるのかな?このアニメ。
って設定が凄すぎるからね。
ハーレムもここまで来た。

つか前編て、、、。
こいつメインね、そういえばオープニングも。
お約束のコスプレですか、、、
<<<<滝沢(もてもて)<亜沙<凛、という構図?
一人称ボク^^;
う~~~ん、お約束ワールドというかきっとあれやらないとあの世界じゃ犯罪なんだ。
触るものが氷に、誤作動でプリムラ魔界に返却。
凛になついていたのに。
返したことを悔やむ凛。
それは亜沙の凛への押し付け、つか単純だなあ。
みんなの想いが激突!
十人十色の凛への想い。
で、亜沙倒れる。
もうわけわからんw。
こいつも悪い奴だったのか!(^_^;)
そこを通り抜けたからの姉御肌?
なんか痛いの込みだとやっぱ良いのかな、確かに深みは出るけど、多発は良くない。
分からんけど、これって続編なんだろうね?
予備知識からっきしだから。
まあ深さがあるからそう思うのだけど。
後編て、まだやることあるの?
Date: 2007.01.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

カレイドスター 3話「いつも すごい 遠い家族」

ある意味スポコンもの、なのにファンタジー目指してるから不思議な感じに。

今回はお父さんが来る、ソラは喜ぶけど、実は拉致目的。
ここで本当の親じゃないことが発覚、だからこ無理を言えないソラ。
そしてタイムリーに父親倒れてショーを休む決心、まあ下っ端だし普通なら降板、それもあって帰ろうとしても帰れない。
初めてお父さんに本当の気持ちを言う、自分に追い目を感じてるソラを知るお父さんはソラを残して帰国。
ソラはまだまだ未熟、やっともらったチャンスもダメダメだし先は長い。
にしても味方多すぎだし、辛いのだめって思ったけどちょっとくらいなら許そうw。
一度、カレイドスターの公演通しで見たい^^。
Date: 2007.01.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

デルトラクエスト 4話「ナゾナゾ巨人の呪い」

素晴らしく定番、骨董特有の臭いもする展開。
仲間になってお互いを知らない中での対立、どうしてみんな素直じゃないんだろうな。
こういつもうまくいかないからこの世は面倒だというのに。
とにかくジャスミンは森で生きてきて森から出るんだからリーフはもうちょっと気を使ってあげて良いだろうに。
バルダーは大人気ないし。
問題児集団だな。
お互い分かり合えるPTなんてファンタジーにありえない?w

ナゾナゾ巨人はなかなか面白い展開、最後のだましはいただけないけど最終的にリーフたちのためになるのなら。
どこで出てくるか楽しみ。
魔女テーガンには次回に会える?
Date: 2007.01.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

平成19年1回東京1週目の新馬戦

遂に東京開催、ダービーオークス最終便な馬が出てくることを期待してます。

Date: 2007.01.29 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

平成19年1回中山3週目の新馬戦

この週は知り合いと指定席入りましたね。

Date: 2007.01.29 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

ひだまりスケッチ 3話「6月17日 またはインド人」

みやこの声がボディブローのように、、、。
オープニングもちゃんと毎回見るくらいお気に入り、というかどうでも良い時って飛ばしません?

青虫、そして吉野家先生も、、、、そしてショーが^^;
グラッチェ!
みやこの心のフィルターを通さない言葉がいろんな人に突き刺さる、主にヒロさんとかw。
そして校長に怒られる吉野家先生。
像の探し方好きw。
しかしラブリーショコラってなんなんでしょう、よくある作中アニメ?
大仏ポッチ、少しアバンギャルドにw。
しかしヒロさん常に食べているなあ。
みやこは食べるためになんでもするキャラがかなり確定(^o^)b
人形消えたんですけど;;
ウェルカム雨漏り、そしてしりとり。
これって更に過去に遡ってる?
つか危ない!
そしてミサト先輩の紫のヘビ、出た!
でもトラップにひっかかるキャラだよなあ、ゆのって。
ええと、ところでインド人は?
また来週。
Date: 2007.01.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

AFCチャンピオンシップ Colts vs Patriots

なんという試合でしょうか。

お互いの持ち味を生かし、力の入りっぱなしの試合。
正直疲れました。
にしてもColtsはうまくチームを作ったと関心しました。
解説者たちは未だに昨年のようなハイパーなColtsをイメージしてるけど全然違う。
今やマニングでないといけないチームではなくなっているように思います。
インターセプトとかくらいまくりだしw。
そんな中でチーム全体が我慢を覚えて、オフェンスで勝つのではなく、オフェンスがダメならディフェンスでも勝てるチームになった。
これがダンジーが目指していたチームなのでしょう。
それでも試合はどちらが勝ってもおかしくない展開。
リードしたPatriotsは相変わらず気の抜けたことをして、最終的にはそれが命取りになりました。
オフェンスを淡白にしていたらディフェンスの時間が長くなりアグレッシブでいられたのは前半まで。
しかしギリギリの試合ほど判定とは大きなもので、でも全体の流れとしては予定調和のように4Qで同点。
コールドウェルの落球も、ギャフニーのTDやホブスのインターフェアも全てはここへ向かう道だったよう。
それにしてもこれだけの我慢比べにColtsが勝ってしまったらPatriotsは立つ瀬がない。
個人的には21点取った後もそれまで通りアグレッシブにギリギリの試合をするべきだったと思う。
もちろんPatriotsなりの計算があったのだろうけど、変にクッション作ってビッグプレイを嫌って進ませて相手に長い時間攻めさせてしまった。
しかしその中でもブレイディは恐るべし集中力を出して、決めないといけないとこは最後のパス以外全て決めていたように思える。
残り1分で4点差、あの時にブレイディが決めてしまうんじゃないとか誰もが戦慄したはず。
奴なら決めかねないと。
ブレイディは紛れもなく2000年代を代表するQB。
プレイヤーの能力の絶対値は毎年入れ替わることで安定はしていないPatriotsをここまでのチームにしてるのはベリチックの恐るべしスカウティングと深い思慮からの戦略、そしてそれを遂行できるブレイディあってのこと。
痛むQBが多い中、ブレイディにそんな話を聞いたこともなくそのあたりも徹底してるのだろう。
気がかりはColtsに故障者が多いこと。
2週間の休みを有意義に使って欲しい。
とにかく素晴らしい試合で、こっちが燃え尽きてしまったw。

やっぱ生のまったり感はいいです、こっちもいろいろ考えられるし、それがこうゆう良い試合だったのだから。
スーパーの話題は考えて来週にでも書き込みます。
しかし歴史に残る試合だと思うのですがみなさんいかがですか?
Date: 2007.01.28 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)
NFL

今日のカフェ

今日もExcelsior(^_^)b

今日居るカフェも大学に近いとこで、試験の時期だから沢山人がいて混み混み(>_<)。
みんな居座ってて席を探す人たちが動き回って落ち着かない。
そういえば今日初めて気がついたけど、店員でコスの上から青いコートみたいなの着てる人いたけどどうしてだろ。
次見た時は着てなかったし、次の課題にしてみるか。
そのあと本屋でうろついてたら「メイドのポーズ集」ってあって、定番から、2階を見上げる、とか、自転車を押す、電話の持ち方から燭台を持ちながら階段を上るまで……欲しくなっちゃったよw。
そしてメイドカフェ見習いがあの本を見ながら練習してるのを想像してしまった(>_<)ノ
ときどき自分がダメ人間だと感じることってない?
行ったこともないくせに……。
Date: 2007.01.26 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

まなびストレート! 3話「月曜日じゃ遅すぎる」

今回もまったり爆発
人の好みはどうだか知らんが、オレはまなびの落ち着きのなさが凄く好きw。
無駄っぽい動きの集まりだけでご飯三杯はいけるw。
芽生のツンデレもうまく爆発してるしw。
むっちー、お前はヤクルトおばさんか!
そして誰へのか分からんがサービスショットw
愛洸学園は普通の学校?つか普通のまじめな生徒会。
みかんの構え!◎
勢いだけで、まじめに不向き。
まじめすぎると勢いは出ない。
長所と短所さ。
そして兄ちゃんがっくし。
まっしろなノートにみんなで書きこむような自分たちだけの学園祭。
まあ天使の羽で飛ぶのはやりすぎだけどw・
これも何回か見るなあ、まいったなあ。
Date: 2007.01.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

中山競馬場の指定席

先日指定席に入る機会があったんで軽く体験記。
自分が入ったのはA指定ってやつで土曜に8時半から並んだらゴール盤ちょっと前の列で前から2番目取れました。
3階だから目線が高いし、外はこの冬一番の寒さ、ぬくぬくとやってました。
まあ収支はおいといて、下とは違ってなんだかゆったりできるもんです。
まわりが馬券にギラギラしてないのも良いしw。
人もちょうど良いくらいしかいないから並ぶこともない、暖かい席でゆっくり予想して近づいたら買いに行くって感じは下ではない優雅さで満喫しました。
座った席には2人に一つテレビがついていてボタンを押すと倍率やパドック、中山、京都、小倉と画面が変えられてあれはかなり便利。
テーブルは少し狭かったけど、次回はも少し持ち込んで楽しくやろうかと^^。
まあクラシック前まで待たないといけないけど。
ちょっとクセになりそうだ^^。
Date: 2007.01.25 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

NFCチャンピオンシップ Bears vs Saints

やっと見終りました、っていうか後に録ったAFCを先に放映すんなよNHK!
でもいつも見せてくれてありがとうw。

この試合は戦前から一方的な試合になるんじゃないかと思ったけど、前半終了間際まではそうだった。
Bearsは決め手ないがFGで順調に加点。
敵の攻撃は抑え続けた。
しかしSaintsのブリーズがキレ始め、柔らかく守ったBears守備が崩れ始める。
後半に入ってもSaintsにモメンタム行ったっきりで帰って来ない。
ブリーズはかなり上位のQB、しかも攻撃ラインがよく守って仕方なくバックを守ってもコルストンらの根性キャッチが光った。
16-14と迫ったSaintsのドライブ、自分がキーだと感じたのは敵陣30y付近でのアーラッカーのカット、ボールが浮いてあわやの場面。
でもなんだか空気が変わった感じで、突然ブリーズのパスが決まらなくなった。
萎縮したのかBears守備が自分たちの守備を取り戻したか。
そして微妙な距離でFG失敗。
スペシャルチームの好プレイで相手を押し込んでサーフティを取ったらもうBearsゾーン。
そして、恐らくミスをするなと言われてインターセプトを避けてパスが決まらず悪循環のグロスマンが、思いきったパスを通して一気にTD!
これで勝負あった感じ。
Bearsは保守的でも勝てそうだからそのまま行ったがSaintsもここまで来たチーム、うまくアジャスト。
そこで守備の力で無理やりモメンタムを引き戻し、グロスマンのパスが決まれば手がつけられない。
結果的に圧勝の形。
Saintsは前半最後は鮮やかも、ブッシュの一発でなんとかくらいついてただけな感じ。
しかしBears守備とスペシャルチームは凄い!
特にスペシャルチームは敵に良い位置を取らせないし、ヘスター恐さでキックやパントは思うように蹴りこめない。
勝負どころでの集中力も凄く、結局ターンノーバー奪いまくり。
グロスマンの調子に左右されるものの、ランも出た。
Saintsはとにかくランが出なかったのが誤算。
やはりBears守備の壁は厚かった。
でもBearsのほうがやっぱりスーパーは面白いだろう。
まだAFCは見て無いけど、Patriotsならレギュラーシーズンで当たってるだけに面白い。

にしても放映の最後にAFCチャンピオンシップのダイジェストとかいらないから!(怒)
もう油断もすきもあったもんじゃない。
この時期の俺はスポーツ新聞もネットのスポーツ欄にも行かない警戒心で生活してるから、そう簡単にはひっかからないけどな^^
さあ、なんとか明日までに見切らないと。
そしてスーパー予想だ!
Date: 2007.01.24 Category: NFL  Comments (1) Trackbacks (0)
NFL

VenusVersusVirus Piece2「イケイ セカイ」

美少女悩みもの。
でもヒロインたちのキャラは通常のからはかなりずれててあんまり萌える感じじゃないような。
その分多少リアルに寄ってる感じか。

ヒロインすみれ、バーサークに悩む。
兵器としての自分、制御のための実験。
苦痛。
元いた寮に逃げ帰る。
しかし日常にVirusが現れ、倒すために自分をバーサーク化する。
でももっと日常とのギャップを作って欲しかったな。
で、少しおりあった、というか仕事に納得した、逃げられないと、って構図。
作りこみのたらなさを少し感じるね。
そして恋愛からんで更に、、、
にしてもいじりすぎな制服は、なんかちぐはぐ。
続けるかは五分五分かな。
Date: 2007.01.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ひだまりスケッチ 2話「8月21日 ニッポンの夏」

1回目がかなりのまったりインパクトがあって2回目も期待、にしても冬から夏って?

やっと分かった、前回の表札がこれね。
ってことは過去?
しかしまったり、すぎるな~~。
おしゃれ探偵ラブリーショコラ!!
そして脱線しすぎw。
吉野屋先生は本当キレまくってる、惚れてしまいそうだw。
実画像挿入技法。
美術高校生の話だとセンスあって事も起こりやすいし良いねぇ。
魔法少女ミンキー!
元ネタはミンキーモモ?
突っ込み担当希望なほどボケの嵐w。
人生ゲーム風夏祭り。
少しホラー込み、というかゆるいから全然恐くないけど。
困ったなあ、この回だけで5,6回見そうだ。
Date: 2007.01.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ネギま!? 16話

「昨日の敵は今日の友」by美砂
「喧嘩するほど仲がいい」by円
「いやよいやよも好きのうち!」by桜子

委員長のネギ目覚まし、商品化近い?
「緊張感、ご飯炊くなら備長炭」採点不能。
ネギT進出、チュバTは?
いつかさばいてやる!
つかネギ争奪戦、、、またか。
高校生看護婦の巨大注射持ちって、この時間に耐えられる?
ドイツ魂見せてやれ~~~!
番町対決、委員長vsバカレッド、はいはい。
ネットアイドルさんは大変ね。
洗面器我慢対決~~
洗濯バサミ対決~~
恐怖我慢対決~~
でも闇出現で明日菜ピンチ!
委員長化けたら女王様かいw
で、仲よしだから喧嘩するの図。
ところで、今回の話って進展なくない?
なんとなくだけどキャラアニメにはまってないか?
ストーリーがつけあわせで、、、、あ、なんか今頃気付いたかとか突っ込まれてる悪寒。
いや、うすうすとは、、、。
あと絵をも少し、、。
Date: 2007.01.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ProjectBLUE地球SOS 3話「怪円盤襲来!スカイナイト発進せよ!(後)」

目の当たりにしたクレイトンの荒唐無稽な話に、政府はまったく取り合わない。
でも謎の円盤に対抗するための戦闘機は開発されていた。
これはどうゆうこと?

天才少年二人、ビリーとペニーは面白いがそれを凌駕する展開。
しかし異星人の魔の手は街中にまで。
そしてロッタやエミリーらみんな集まったとこで襲撃される、しかしこの車凄いなw。
007も真っ青だ。
しかし敵も強い、しかも地球人の解析はかなりすすんでいる。
謎の味方も現れてわけわからん。
そして向かった研究所は破壊されていた。
廃墟にあの少女も現れて、インファーベルとは?
ブレスト博士は心でしまった?
そして水の中から巨大な円盤が、ってどんだけスケール大きいんだよ。
そして地上を焼き尽くす。
迷宮機関、極秘の地球防衛機関をここで初めて国連が口にする。
国連軍が攻撃はまったく歯が立たず、次々に撃墜される。
するとエミリーが変な入り口を出して、研究所の下へ。
そして迷宮機関へといざなう。
宇宙人に対抗するための科学者の集団、それが迷宮機関。
そして地球の科学の結晶の機体が飛び立つ。
トンネルが発射台だなんて、わくわくさせるw。
しかし強い、謎の兵器を一網打尽、更に巨大円盤内まで入って破壊!
海底秘密都市が浮上してメトロポリタンX
というかそんなに早くばらして良いのか^^;
謎のパイロットはジェームズ、クレイトンが失った昔の部下だった。

展開が速くて、謎がどんどん暴かれ、それでも沢山の謎を残す。
前回は円盤を、今回は巨大円盤を撃墜して、次は何?
テイストが今までにないし、やっぱり想像力を描き立てる小説から持って来たのは正解か。
これからも楽しみだ。
Date: 2007.01.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

デルトラクエスト 3話「黄金の騎士ゴール」

話は続いているけど、キリの良いとこで移るのが良い。
しかも情報の小出しが適度でわくわくさせる。

今回は命の百合を守るゴールが相手、しかし幻術も使うし魔剣士と行った風情。
永遠の命をもたらす百合の蜜を守るため仲間も裏切り、森すらも変形させる。
ジャスミンは結局リーフとバルダーを助けにくる。
この子の木や動物と話せる能力がこれから生きるんだろうね。
バルダーが刺されて死にかけたけど、ゴールを倒してその時百合が咲きその光で生き返る。
そしてゴールの剣の柄に宝石が、誠実の印トパーズ、そして霊界への扉を開く。
ジャスミンはこの石のおかげで母と会うが、それは霊界との架け橋、つまり母は、、、。
まあ予定調和でも母はリーフとバルダーについていけと言う。
まあパーティーが増えるのは良いこと。
しかも事情通で序盤になくてはならない存在。
結局宝石の力でゴールは生かされていたってことか、そこはあやふや。
でも典型的なRPGの物語。
こうゆうの好きなら良いと思う。
でも、人と滅多に会わないジャスミンが機転のきいたジョークを言うのはなあ、、、まあ子供向けだし明るくだな。
でも主人公はこれから成長するんだろう。
例にもれず直情径行だが。
気楽に見れて良いね。
Date: 2007.01.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

セイトントオクトーバー 3話

今回更にリバース社のユアン包囲網が狭まる中、あら菜月は白ロリに、、、。
あと赤入る予定です、って魔導士?
まあ話の展開でお互いの素性も知れてくるし。
話は菜月がユアンに焼きもち焼くけど、結局分かってあげる、なんて物分かりの良い子なの。
でもまだまだ小十乃争奪戦は続く。
なんだか変なゆるさが好きなんだよなあ、声優の素人ぽさとエンディングの素人っぽさと、どういう意図かわからにオープニングとか前回の嘘乳とか。
つかターゲットわかんねえ。
でも微妙に人気なのかな?
ゆるさでゴー!
Date: 2007.01.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ゴーストハント 禁じられた遊び#2

今回から短めに。

管理の厳しい高校で起こる奇怪な事件の数々はどうやらこっくりさんもどきのせいらしい。
しかし、ナルは納得がいかないようだ。
そして自殺した坂内君は?
麻衣が夢で見て話した、霊が食いあっているというのをみんな信用したりして、意外と一番使える。
事件起こすのもだいたいこいつだしw。
でも、教頭!
いいかげん麻衣に学校行ってんのかつっこめ!w
しかし綾子は本当に使えないし、他の奴は役に立ってるのかどうか。
一流どころ揃えたら一発なんじゃないの?
まあアニメに文句言っても仕方ないけど。
でもどう転ぶかはちょっと読めないから意外とそこが面白い。
次回も期待だな。
Date: 2007.01.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

アニメ

もうだめです、レビューじゃおっつかないので、短評に変更しようかと思ってます。
そのかわり多めの作品をチェックしようかと。
ブログも計画的にやらないとなあ、、、。
反省します。
Date: 2007.01.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

プレーオフ Bears vs Seahawks

結局はBears勝利。

でもレギュラーシーズン終盤からNFCでBearsを破るとしたらSeahawksだと思っていた。
試合は予想通りの展開に。
アレグザンダーの強いランが見てて気持ちよく、ぶつかり合いは見ごたえあった。
一方のグロスマンは波があるもののビッグプレイも出して好調。
にしてもプレーオフとはいえ4thD勝負多すぎる。
しかも決めてくる。
そして結局オーバータイム。
ここからは運だし、最後はFGで終了。
ハセルベックは数少ない超一流QBだと思う。
順調ならここが圧倒的にNFC王者になっていてもおかしくなかった。
Bearsは競り合って勝ったのは収穫。
グロスマンも崩れが少なく、この分ならSaints戦は圧勝まである。
だいたい、Saintsはライン戦で勝てばそう点は取れないはずで、カモにされると思うのだがどうだろう?
でも今回のプレイオフはやってみないと分からない。
AFCチャンピオンシップは明日、NFCチャンピオンシップはあさって見る予定。
一日一試合が限界だよ、、、。
Date: 2007.01.22 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)
NFL

プレーオフ Chargers vs Patriots

ちょっと遅いですが見終わりました。

結果は24-21でPatriotsの勝利。
印象としては解説者が言うほどChargersが押してるとは思えず、なんとなくPatriotsが何かを狙っている感じ。
取って取られてでもつかず離れずで推移。
しかし後半お互いにミスをしたけど、してはいけないミスをChargersが連発し、そのチャンスを確実にものにしたPatriotsの勝利。
こうゆうことできるのはここしかない。
特に自陣35yからの守備はモードが変わったよう。
だからこそChargersはそこから先ビッグプレイでしか突き破れなかった。
印象は進んでるのに点は3TDまで。
一方Patriotsは3rdDコンバージョン4/17、これは止まりすぎ。
なのに決めるべきところは決めてるのだから恐い。
もちろんブレイディは凄いが本当に取らないといけないパスを落とした奴はいなかった、さすがPatriotsのレシーバーだ。
またアメフトの恐ろしさをまざまざと見せつけられた。
でも最後のケイディングはかわいそうだったなw。
前にもこんなシーンあったよね、、、。
でもこれでAFCのチャンピオンシップは面白すぎる。
Date: 2007.01.22 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)
NFL

今日もカフェ

今日のカフェはExcelsior。
この時間は意外と混んでたりします。
かく言う自分もお昼の後のまったり時間を満喫。

近くには大学の先生なのだろうか沢山の資料を広げてああでもないとやってる。
隣の女の子は多分大学生、本を読んでます。
講義の合間にカフェなんて、なんか優雅だな。
近くに大学があるからそう思うだけなんだけど。
ちなみにBGMは小野リサのスローなナンバー、まったりもするさ。
雨も上がって快晴、空気も澄んでいるしそろそろ動こうか。
Date: 2007.01.22 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

まなびストレート! 2話「まっすぐでゴー」 レビュー

やっぱオープニングの林原めぐみは違和感。

芽生のツンデレ、なかなかの切れ味、毎日しっかり磨いてるねえ。
光香は真面目ではずかしがりキャラだけど芯はしっかり。
学美の元気、つかじっとしてろよw。
むつきの気遣い&話聞いてない感が○。

凄く絵が綺麗で何か新しい技があるのかな?
動きも細かくて丁寧、無駄っぽい動きの多くが演出的にかなりきいてる。
生徒会室の掃除はかなり面白かった。
全ての動きが面白い。
サービスシーンもある。
そして片付かないという落ちはお約束切れ味抜群w。
備品売りの学美の動きも◎!
しかし校歌今回も聞くと思わなかったよ。
でも少し滲みてくる感じ、早めに非難しないといけないかも入れないw。
そのバックの動きは声が出ないからこそ滅茶苦茶面白かったw。
そして最後は良い話。
ワクワクキラキラにしよう、はそんなアニメが好きだったから惹かれる言葉だし。
ほんわか系万歳だな。
この質、守って行って欲しい。
Date: 2007.01.19 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

コードギアス 13話「シャーリーと銃口」 レビュー

オープニング変わった。
あら?アニメは微妙に、、、。

ルルーシュの策謀でシャーリーの父を死んだ。
しかしその罪ですら背負うべし、こんなことで心を揺らすようじゃ、、、最近のルルーシュはおかしい、どこでそんな甘さを拾ってきたんだ。
そしてカレンもそれを背負う、戦い、戦争とはそういうもの。
「間違ったやり方で得た結果なんて意味無いのに」
シャーリーの唇がその言葉に後悔を形作る。
シャーリーの唇が手に入れたものはまやかし。
それを謝るシャーリー、ルルーシュは今どこにも動けない。
C.C.の口は雄弁にルルーシュの言われたくない箇所を狙い撃つ
「お前には動揺したり立ち止まる権利などない」
その言葉に当たり前な行動を取り、C.C.の失笑を買う。
しかしC.C.の心にも様々な波が打ち消し合い強め合っていた。
巨大な結果はもっと激しく強い意志の下にしか起こせない。
そして同じ悔恨に打ちひしがれるカレンもその性を想い出の写真に問う。
その頃、ゼロの尻尾を掴もうと、ルルの家の前に黒い車が。

にしても特派はいつも楽しいなあ、ロイドさんが段々好きになってくるw。
そしてコーネリアの動きを知ったゼロは
「ナリタでの忘れ物を今日、この夜に取り戻すのだ。」
そしてスザクには遂に殲滅指令、テロリストを虐殺せよ。
そう、ロイドの言う通り踏み絵だね。
更にルルへシャーリーを差し向けるヴィレッタ、賢い。
しかし少し甘いさが、まあこれがないとゼロは5,6回ゲームオーバーになってるから予定調和だけど。
傷心のシャーリーも知らない人に簡単いついてくなって!
出撃前、カレンの迷いを突くゼロ、分かってる人間から見たら笑止だが、カレンを諭す言葉は自分への言葉。
C.C.の失敗とは?例の見られた過去と関係があるのか?

作戦が始まる、日本解放戦線の降伏宣言も無視、その言葉にスザクは逃げ道を探していた。
しかし恐るべしはゼロ、味方をも、たばかり日本解放戦線の自決を演出、シャーリーの一件で更に修羅に近づいた。
なのに戦闘の最中シャーリーを発見して止まった瞬間、ランスロットの奇襲に地をなめる。
衝撃で気も遠くなる、そこにシャーリーが、仇としてゼロへと銃口を向ける!
刹那仮面の中に見た顔は!

エンディングも変わったけど、絵は変わってないな、、、。
これでどっちみち解放戦線も敵にまわすことに。
次にルルーシュがいるのはどこなのか?
戦闘の結末は?
そして題の「ギアス vs ギアス」とは?
あの紫のゴーグルの男は誰。
伏線多すぎ、困らされる。

Date: 2007.01.19 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。