大江戸ロケット 4話「ドキドキ無用」

オープニングの明るさはボディーブローのように効いてきてるかも。
火薬の調合は花火師の危険で大事なとこ。
その間にソラは逃走、奴らの船って?
銀次郎は青い獣にダメージを、やっぱエース、ってことで黒衣のお頭に。
白い獣は意表を突いて飛行船に入るが飛べない、銀次郎に鍵をあけられ破壊。
ってわけで銀次郎は赤井より位が上にw。
未だに長屋ではソラは大人気。
ご隠居はボケ老人だけど大物で策士。
隅田川の川仕舞、鍵屋の花火に紛れて清吉は月まで届く花火を上げる。
その日、ソラは銀次郎と清吉に、ごめん。
月に行くからお別れの言葉、だけど勘付かれて神輿から引っ張り出され、打ちあがって神輿は大破。
別れの言葉もなく行こうとしたソラに悔しさ一杯に怒りながら涙を流す清吉。

展開は早いし、いくつものことが同時に起こるし、少し混乱。
ソラは明るいし謙虚だけど、あまり地球に未練無いみたい、それが悔しい清吉なんだな。
これで月に帰る術がひとまずなくなってこれからどうする?
花火の話からそれる予感^^;。
もちろん決め手はそこになるとは思うけど。
ただちょっと見せ方に不安がある、展開の早さは演劇からのせい?
みんな消化不良にならないと良いけど。
今回は少し不満。
スポンサーサイト
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

ハヤテのごとく! 5話「不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ」

プレオープニングかぶせてくる~~~(>o<)

二度寝マスターは人間不信。
独り言がだだ漏れのハヤテ。
超登場な咲夜は素晴らしいツッコミ、しかし壮大なベタw。
他局じゃないけど、伏せ字はいつも緊張するからやめてw。
「なんのことかさっぱりね」
咲夜はハヤテのお笑いとしての資質を(ry
二人とも負けず嫌い&ツンデレw。
マリアのザワw。
紅茶切れで、カシミアのコートでハヤテはおつかい。
吉本か、何もかもが懐かしい。
負け犬公園で伊澄と遭遇。
自分の中の危険センサーがレベル5並の警告を発してるのに迷子の伊澄を助ける。
「私はどこへ行くのでしょうか。」
作者の策略でカシミアのコートに集中砲火w。
やっぱ伏せ字は卑怯。
伊澄は言葉がとにかく遅くて足らなくてハヤテの思い込みを加速装置。
で、カシミア汚して、帰れなくなったハヤテは伊澄を置いてピンポンダ~~ッシュ!

もうドタバタっていうより、超越してるし、他のアニメが混入、混ぜるな危険!
まあ予測不可能は望むところ、かかって来い!!
にしてもどのお嬢様も異常で、、、先週の生徒会長がなつかしいw。
いやー学校行くことになると思ってたんだけどなあ。
でもこれからか。
来週は風邪ひきます、ツンデレ発動、イデの力が君をいざなう。
以上。
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

アニメレビューの方法

あくまで自分の方法ですが。
見る時にはパソコンは開けてます。
まずは過去のブログからスレッドテーマを持って来て、「新しい記事を書く」にします。
この時にHPもあると便利ですね、30本近くやってると名前うろ覚えなので^^;。
あとはこの言葉は漢字?カタカナ?とか、人名は見ないと漢字分からないですしね。
ここまでをオープニング見ながらやって、題を書いて、見ながら気になたら打ったりします。
余裕あるときはほぼ決まり!な文章書きますが、でなけりゃ流し打ちして後でまとめます。
基本の書き順は、全体の話の流れ、その後感想ですね。
もちろん作品によっては崩しますw。
流れはくどいと読まれないと想像して短く。
独特な言葉遣いのアニメはどうしても長くなりますが、、、。
で、だいたいこの作業を見るのも含めて30分ちょいでやる。
結構集中力いるんです。
でも慣れなとこもありです。
その日の気分で方法崩したり、余計な笑いをちりばめれば自分も結構楽しめますw。
これが良いかなあと思ってますが、もっと良い方法ないですかねえ?
以上
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 4話「新星は東雲に煌く・・・・・・後編」

新しい言葉、モラトリアム、意味は分かるけどね。
契約者でもドールでもない能力持ちの化け物。
博士の娘は契約者となった?
虚ろな瞳、知らぬ間に力を発動させ危害を加えてしまう。
博士の所属していた企業は契約者の量産を目論んでいたらしい、そして追われてる。
モラトリアムは対価を猶予され、そして最後にはドールになる。
しかも力は制御できない。
だから発動した舞を助けに来た友達を火達磨にしてしまう。
そして少女は博士を追っていた組織に囚われる。

博士は第一次ゲート隊に参加。
昔の話、娘が契約者に、だから発動を止める物質を舞の手首に埋め込んだ。
こうして発動を止める研究をしたが結論は否、娘をモラトリアムにしてしまった。
ショックで幼児退行した舞、呼び出された博士、そしてヘイも関わってくる。
そして彼女の炎に包まれる父と娘、娘を殺そうとした博士を敵の契約者がとどめ、一方ヘイはその契約者を倒す。
そのショックなのかモラトリアムの舞は契約者になった、0%のはずなのに、対価は歌をうたうこと。
感情は消え、瞳の輝きは虚ろ。

これからは仲間になるのかな?
でもツンデレは発動しないね、契約者だからw。
でも出てくる人が契約者ばっかだと感情薄いからつまらなくなるのかも^^;。
とにかくゲートの向こうでの話も出て、契約者とは何かとか、それに関わる組織、ヘイたちの目的は?
それと主要人物の説明そろそろしよ、猫はなんの?水に手をつけて情報を得ている女の子は?ヘイの過去とか、公安のあの女はどう関わる?
こんだけ情報くれても謎だらけ、少しついてけてない人とかいそうだよね。
自分は多分ブログやってなかったらどそっち側の人だったかもw。
書くと整理と確認ができるのが良い^^。
ってわけで頑張って行こうw。
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (1) Trackbacks (3)

2007春アニメチェック(6)

そんなこんなで6回目、少しはヴァージョンアップしないと。
評価はABCDEでAが良いほう、今回から+と-つけました^^。

A+◎ らき☆すた
A-◎ エマ ~第二章
B+◎ コードギアス(休み)
B+◎ 彩雲国物語(地上波)
B+◎ エル・カザド
B-  DARKER THAN BLACK 黒の契約者
B-  大江戸ロケット
B-  機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
B-  BLUEDRAGON
B-  グレンラガン
C+  怪物王女
C+  ハヤテのごとく!
C+◎ のだめカンタービレ
C+  アイドルマスター
C+  魔法少女リリカルなのはStrikerS
C+  ロミオ×ジュリエット
C+  ひとひら
C+  おおきく振りかぶって
C-  瀬戸の花嫁
C-  ヒロイック・エイジ
C-  キスダム
C-  地球へ・・・
C-  クレイモア
D+  セイントオクトーバー
D+  デルトラクエスト
D+  風のスティグマ
D-  ながされて藍蘭島
D-  陸上防衛隊まおちゃん(再)
◎は少なくともこのクールは見続けるもの。

未  スカルマン
以下切ったアニメ。
D  sola ━ソラ━
D  鋼鉄三国志
D  新曲奏界ポリフォニカ
D  シャイニンング・ティアーズ
D  ラブ☆コン
D  OverDrive
D  かみちゃまかりん
E  この青空に約束を
E  一騎当千~DragonDestiny
E  セイント・ビースト

生き残り29本。
下から切ってることもあってD評価が減ってます。
評価上昇は、エマ、アイドルマスター、なのは、クレイモアあたりです。
最初の3,4話で評価が定まってないから安定してどう持ってくかでこのあたりの評価は決まるんですけどね。

エマは絵が凄く安定してる上に質が良く、話も全くの無理がない上にしっかり内容が伝わって感情移入しやすい、っていろいろ言ってるけど要ははまってるって感じ^^。
●アイドルマスターは面子が揃ってこれは面白くなりそうって展開になってきたのが理由かな。やよいのコスプレ魂とかも期待w。
●なのは、は単なる戦う美少女アニメと思ってたけど、結構設定がしっかりしていて美少女抜きでも面白いと思ったから。蓄積が生きてる感じ。
●クレイモア、少し絵に引いてたけど背景が分かってくると深みが出てきた。他のクレイモアがこれから出てくるのが楽しみってのもある。

逆にグレンラガンは絵の質で、怪物王女は設定に慣れると意外と面白みに欠ける、って感じでダウン。
あと、陸上防衛隊まおちゃんはブログしないことに。
再放送だしニーズもないし、ブログするほどの内容もないw。
適当な時に触れるかもですが。
最後にオープニングのランキングでも、ちなみに曲、アニメ込みで。
1位 らき☆すた 動きが別格。
2位 グレンラガン ショコタンの声は意外と耳に残るし絵も良い。
3位 おおきく振りかぶって バックの空の青はかなり好きな色。
4位 のだめカンタービレ スタイリッシュ。
5位 セイントオクトーバー これは少しネタw。声優が踊ってるのも一回放映されてたし。
って感じで、嗜好が定まってないのがありあり、人によって違うんでしょうかね?
まだ消す可能性ありなので一応D-あたりはかなり危ないです。
以上。
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

地球へ… 4話「宙からの帰還」

ジョミーの暴走、その力は強大、宇宙へと尽き抜けて行く。
敵は追撃、ブルーは助けるために思念で追いかける。
そしてミュウの母船シャングリラはブルーの思念の負担を減らすために浮上し、姿を現す。
ブルーは自分の過去とミュウの迫害、そしてジェミーの力を理解させ、自分の命の力が尽きようとしていることを伝え、そして力尽きる。
母艦はじょじょに限界に、思念での攻撃と守備には多大な精神の力が必要。
しかし遂に説得に応じたジェミーが帰還、ステルスモードで再び姿を隠すことができた。
しかしブルーは疲弊し、次のソルジャーをジェミーに託す。
当然ながらまわりは不信感を露に。

今回のブルーの過去のシーンでやっと見えてきた。
でも説得力のテイストが今とずれてる気も、古き良き少女漫画の論理というか。
でも世界も時代もまったく違うと考えればなんでもありw。
戦火を見た市民に芽生えたものとか、これからのミュウの目的とは?
にしても舞台がまだなんとなくしか見えてないんだよね。
恐らくこれからと想像してるんだけど。
以上。
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

BLUE DRAGON 4話「切り札はパンツ」

襲撃された町、抵抗に対して熾烈なグランキングダム。
デビー族の少年はマルマロ、影を操る、んでもって無類の女好きw。
影はサーベルタイガー、勘違いで戦闘になる。
しかしなかなかすばしっこくて強く、しかもクルックの胸触ったりして荷物を盗んで逃走w。
意外とゾラやジーロは弱いのかも^^;。
シュウの秘策、クルックのパンツであからさまな罠、で、確保w。
そんなマルマロを結局開放、その直後マルマロはグランキングダム軍と遭遇、戦闘に。
母艦がいて人々を回収、そして敵には影使いが、しかも人工で作られたらしい。
敵の影は鎧を着て、強くしかも2体。
結局こちらは見逃してもらうのが精一杯。
その後マルマロも一緒に旅をすることに。

クルックがメカニックとして活躍、しかもマルマロの標的としてもw。
にしても言うこときかないブルードラゴン以外はちょっと弱いのかも?
協力して互角だとこれからが厳しいなあ。
つかブルードラゴンが言うこと聞く様子ないし^^;。
それでも駒は揃った、今はシュウだけ役立たずw。
ロギとは、ゾラが顔色を変えた理由は?
まだまだ世界の一部しか見えてない。
予告の戦隊ものはどうかと^^;。
Date: 2007.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

デルトラクエスト 17話「戦え!戦えリーフ」

リスメア競技大会は予選終了し本戦は翌日。
でもその夜の食事は呉越同舟。
その場で宿のマザーは仲間であろうと本気で戦えという。
ジャスミンは予選通過の金貨300枚で十分だから負けようと言うが無理に。
その夜、ネリダの泣き落とし作戦、凄い、リーフたじたじw。
でもジャスミンは戦うのが気が進まないみたい、終始沈みがち。
当日、対戦相手が決まる。
ジョーカーvsバルダ、力の戦い、しかし身分を隠してると見抜かれ、動揺して負け。修行が足りんw。
ジョアンナvsグロックは身のこなしすら通用しないグロックの攻撃に手も足も出ないジョアンナ、締められ落とされる。
ネリダvsリーフは見事な伏線とネリダの身軽さであっさりネリダの勝ち。リーフには良い薬?
ジャスミンは大男のオーエンに勝利!
つか驚き方が柄じゃねえw。

展開早いしなかなか良い、次がすぐ見たくなる。
でも謎が沢山な展開で次回も思ったような流れにはならなそう。
そうゆう予測不可能な感じが好きなんだけどね。
やっぱジョーカーが今後にからんでくるだろうからそこかな?
って感じで、次回は?
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

彩雲国物語 2話「井の中蛙大海を知らず」

主上付きの面々は主上にブーたれまくり。
この馬鹿殿が!
でもやる気になってくれないとなんにもできない、そこで秀麗。
かしずかない女は主上には新鮮かな。
そして主上を城外へ連れ出して様々なトラブルに巻き込みまくり、自分の過去と城に入った目的を話して聞かせて、次の日から政をさせることに成功!w
でも主上に好かれ過ぎはちょと問題?w
そうとなったら教育係や警護係が主上に襲い掛かるのみw。

展開は簡単だし読めているけど流れはスムーズで、いわゆる気持ちの良い話。
問題はどうやったら打ち出せるか分からない名前、、、。
HP行ってコピペってなんとかクリアw。
今んとこはまわりが良い人ばっかで助かる。
しかしこの国は小さそうだな、主上はあんな簡単に外出られないだろw。
とにかくこれからどう政してくかが見もの。
以上
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

風の聖痕 3話「神凪宗家」

風賀衆のクーデターは突然。
弟の煉をさらわれた和麻は仕方なく神凪家へ。
意外と宗主は話がわかる、結局和麻は囮となって風賀衆の隠れ蓑にされていたってことさ。
そしてやつらは妖魔を炎術で封印することで力を抑えられてきたゆえ神凪直系の煉を利用いて妖魔を復活させようとしていた。
敵は風賀衆の風巻流也をよりしろとして神凪への復讐を果たそうとする。
神凪の劣ったもの気に入らないものを下に見る風潮が招いたこと。
綾乃は今にも助けに行こうとするが勝ち目はない、だから和麻がバックアップをする。
そして向かう道中、流也が襲い掛かり、川原での戦いは次週。

まああんな人間ばっかの神凪はなくなって良いと思うけど、煉は別、って感じかな。
でも神凪の妖魔の力は?
なんだかよく分からんなあ。
あとは和麻の過去、これは向こうの人なんだろうね。
その話もこれからあるんだろうけど、GONZOらしいちょっとセオリーからずれてる感じは悪くない。
で、やっぱヒロインの髪がピンクは無理w。
ちょっと人間描写は?だけど、頑張ってくれ。
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

怪物王女 3話「暴走王女」

題に「王女」つくのが確定?
そういえば怪物くんにはフランケンと吸血鬼と狼男いたっけ、、、。

家来欲しいなあ、、、なんて言ってみたり by姫w
紗和々は毎日あの屋敷から歩いて町に行くのね^^;。
そして1話で倒したウェアウルフの妹リザの敵討ち、来ました。
また屋敷壊れました。
誤解でした、終了~~。
家来やっぱ欲しいなあ、、、また言うかw。
まあこれはフランへの無茶ブリなわけですがw。

姫、口ほどにもないw結構弱いかも^^;
フランは超単細胞で紗和々は超天然、やっとまともな人来たかもwの巻。
にしても絵がちょっとね、気になるような話じゃないから良いけど、評価は下がるなあ。
話も今回はオーソドックス過ぎるし、ひねりがなくなって来るのは嫌だ。
そうだ、新キャラでテコいれだ!w
って感じで頑張って、評価はCに。
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

おおきく振りかぶって 3話「練習試合」

空の色はとてもリアルと思う、この色結構好きかも^^。

三橋はネガティブすぎ、マイナスにならないようにするのが行動原理。
こんなんでやってけんのか?ってのが逆に期待w。
百カンの指導は科学的、なるほどだね。
そして運命の三星学園との練習試合、怯える三橋に過去のチームメイトが追い打ちをかける。
でも阿部の変化が三橋に伝染、気持ちを持ち直す。
自分のことだけを考えてられない、力を認めてくれる人の存在と、チームが自分をエースにしたいと言ってくれた。
この試合は三橋のため、そしてチームのまとまりや成長のためにも不可欠か。
百カンは思っていた以上の効果と思っていた以上の重大さにワクワク。
びくびく星人な三橋、腹を決めろ!

そいえばマネージャーからんでなかったw。
今はかなりサブキャラ的、でもウグイス嬢ですw。
田島はかなりの天才&天然、面白い。
でもよく試合できるレベルまでチームをまとめられるよな。
経験者とはいえまだまだ共に戦った経験はないのだから。
そのあたりも心配、それ以上に三橋は心配だけどw。
次回は確実に面白い、練習試合本編^^。
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 4話「眩惑」

今回はロシアとの開戦、また未知のギガンティックと戦うことに。
ギガンティックとの適合率の高さは良いことばかりじゃない、精神を食われかねない。
開戦、これは戦争で戦闘の場を作る際に戦闘員は確実に死んでいる。
ロシアのユーノワ?は飛行する、そして謎のディフェンス、ミサイルは全く効かない。
スサノオお手上げ。
更にアルゴスの百目システム、搭乗者の精神へ攻撃する、適合率が高いとよりダメージが強い、適合率を制限した慎吾の分も真名は影響を受け、泣き叫ぶ。
やむなく真名に鎮静剤、スサノオの動きが止まる。
真名を助けたい慎吾は自分の適合レベルを一気に上げる、すると巨神同士が互いに恐怖を干渉、共鳴する。
両者ともにダメージを受けるが適合率の限界を司令が指示、そこで司令の兄が精神を食われた話を聞く、こうして気合の入った慎吾が敵を撃破。
しかし互いに被害は甚大。
ロシアは休戦、これでしばらくは他国からの戦闘は避けられる。
しかしそれは敵の技術の進歩や他国の作為、そして日本のクルーの休息も意味する。

真名は毎回痛んでるし、結構残酷な話だよね。
どこかエヴァを彷彿とさせるくらいに。
メカは相変わらず素晴らしい、HPに行くと各ギガンティックのデータが載っているから見ると更に面白いかも、ネタバレしない程度にw。
ただ、こいつらが求める戦いは何?
あんま分かってないけど勝った負けた何が変わるの?
でも先は面白そうだし、恐らく各国の戦争って枠を超える話になりそうな気が。
ドロドロしないとこは評価しても良いかも。
登場人物の過去が交差する。
Date: 2007.04.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

天皇賞ですよ

なんとなく予想してみます。

今回はGI馬はいるものの面子としては弱い感じ。
デルタブルースは日本の芝は合わないとメルボルンCに出て、最近日本ではイマイチも京都の3000超なら可能性あり。
メイショウサムソンは菊で4着と距離は持つと考えても、2000あたりがベストな印象。
でもオペラハウスで成長もあって侮れず。
今回は切り口を考えてみました。
?菊花賞を経験しているか?
連対馬のほとんどは菊に出走経験がありました、一応上位がベストですが負けていてもチャンスありです。
??じゃない馬は長距離血統で、しかも面子が弱いレース、今回も入るから困るのですが、、、。とにかく晩成の血統ともいえます。
と、これを軸に考えると菊出走はファストタテヤマ、メイショウサムソン、ネヴァブション、デルタブルースの4頭だけ。
更に過去を見ると4歳でGI未経験の馬は全く来たことがないのです。
結局今回は慣れるだけで終わってしまんじゃないかと。
今年そこそこ人気のトウショウナイトが4着に来たくらいですかね。
これで切れるのはマツリダゴッホとアドマイヤタイトル、ダークメッセージあたり。
結構恐い切りですが^^;。
そういう意味ではネヴァブションも勢いあるけど菊10着でもあり少し不安ありですね。
毎年4歳が有力なのですが菊を経験しないで3着以内に来た馬はいなかったりとやっぱり菊との関係は大きいみたいです。
古馬はもう力関係だと思うので、争いはネヴァブションを除いた菊出走馬とトウカイトリックでしょうか。
アイポッパーは前走の感じでトウカイトリックと同じとみなして必ずしも阪神大賞典組が一番強かった組とは言いきれないところがありますしGIってのはまた違うステージと考えると少し見劣ります。
一応、いろいろ切って残った馬に、堅いケースでデルタブルースから流して、荒れるケースでトウカイトリックから流そうかと。
どっちにしても人気割れ気味なので元は取れるそうですが。
まあ切った4歳が来たら終わり、、、。
以上。
Date: 2007.04.29 Category:  Comments (0) Trackbacks (0)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 4話「餃子とアメリカンドッグ」

宇宙へ飛び出した春香とアイドル「インベル」、しかし伊織「ネーブラ」のミスでドロップが二つに分離、インベルも作戦に混入、見事撃破したけど伊織は気に入らない。
整備まで女子高生かよ!w
今週のやよいはコケコッコー、グッジョブ!(こなた風味
伊織vs春香は一触即発!
おでこサンシャイン、馬鹿リボン、コスプレ芸人、もちろん嵐w
今度は真が出撃してネーブラを損傷させて帰ってきた。
伊織にはネーブラへの愛があって、それを知った春香、果たして愛があった方が良いのか、真のように仕事に徹するほうが良い?
そして真と伊織は模擬戦闘も真の圧勝、春香も参戦するが返り撃ち、でも伊織との距離は埋まった。
伊織も春香を認めて、なんだか良い感じに^^。

しかし何ゆえのホットドッグ?
伊織はもうそれはツンデレと照れキャラ発動ですよ。
今回は良い話だったね、しかもパイロットのスタンスと力関係も解説、よくできてる。
絵も動きも良いし、文句なし。
やよいの動きはこれからも見逃せない?w。
嗜好の関係で評価はCのままだけどBも近いぞ。
Date: 2007.04.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (3)

セイントオクトーバー 17話「ロリ抹殺!山で遭難 超2人きり!」

「ロリ女性にキス!R.ギア 超逮捕状!!?」w

猟兵はアッシュに小十乃の殺害を厳命される。
林間学園きました、あっという間に猟兵と喧嘩の小十乃w。
喧嘩のせいの押し置きで二人で馬小屋掃除、ってこれ猟兵にはチャンス!二重の意味w。
ヨシュア過保護すぎだろ、林間学校までついてくんな!!w
三咲のサバイバル講座、コミカルすぎる。
二人になって猟兵は正体を現し小十乃に襲い掛かる。
化けなくても小十乃強いw。
でもお互いに敵を倒せない雰囲気、そこで熊に遭遇w。
菜月作、小十乃ちゃん探知機w。
戦意喪失して猟兵は不幸続きの人生を告白。
それを救ったのはアッシュ、つか古風な傘だな、おい。
結構被害者妄想すぎw。
それを小十乃は一喝!
なんとかみんなと合流。
ヨシュアは猟兵に超敵意!
熊のひろしピロシキロマノフさんw。
いつの間にか仲良くなってる二人にロリ嫉妬?

今回もグダグダだけど、猟兵の立場は悪化するよなあ。
つか仲良くなってどうすんだよお前ら!って感じでw。
そしてヨシュアの過剰な愛がどんどん出て来てるw。
なんかこれ愛憎劇でドロドロになったりしない?w
今回の三咲は良い味出してたし^^。
以上。
Date: 2007.04.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 4話「ファースト・アラート」

なのは自作の模擬戦闘領域で朝練、日々朝から晩までの訓練が続いてみんな力をつけている、動きも良い^^。
一方聖王教会のカリムに呼ばれたはやては新たなレリックの存在を伝えられるが、はやては六課ができたから心配ない、と微笑む。
六課ではすばる達に新デバイスが渡されていた。
ここでのリミッター解除の説明はかなり良かった^^。
そしてアラート、先刻のレリックがガジェットに包囲されたまま暴走列車に乗っているという。
新デバイスを使うのは実践、機動六課フォアード部隊出動!!

新デバイスとか期待させてくれるね^^。
雰囲気は楽しそうだけど管理職はいろいろ折衝とか大変そうなのもよくできてる感じ。
リミッター解除もそうだけど、そんな感じの設定は丁寧なのが良い。
絵はもう一つだけど、絵が良い悪いで見るアニメじゃなくなってきてるかな。
とにかくシリーズものの蓄積が生きてるキャラが多くても厚みがあるしね。
と、褒めているけど評価はCw。
まずは新人たちの戦闘を楽しみに^^。
Date: 2007.04.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

英国恋物語エマ 第2幕 2話「月光」

アニメとしての質は高い、でも前作を見てないと感情移入は難しいかもなあ、おしい、本当。

ウイリアム側
エレノアの誘いでクリスタルパレスへ兄弟と出掛ける。
エレノアはウイリアムと会いたかった、なのに見つめても目が合うこともなく、ウイリアムはエマを思い出してばかり。
二人で過ごした、あの月夜の晩を。
自分が視界にも入ってないのは本当に哀しいこと。
近くにいたいから遠くに感じる。
エレノアは会わなければ良かったとウイリアムに言う。

エマ
上流階級の誕生日、子供はかわいいけどどこか茶番。
エマのルックスと儚げさとかたくなな感じは本当に反則^^。
その後、使用人のパーティー、エマは所在なさげに結局裏方を手伝うことに。
一息ついて会場に戻り少しだけ酒をもらう。
でも少し飲んだくらいで泣いてしまう。
そしてあの日のような満月を見上げ、堰止めていた思いがあふれるように流れ出す。

お互いがどうしようもなく相手を思い出すほど好き合っているのに、住む世界の違いってのはこの時代、本当に大きい。
クリスタルパレスでの夜を軸に良い感じに描けてる。
でもお互いに狙っている相手もいるわけで恐い反面、よく考えればもう二人は分かれてるから浮気とも言えず。
でもでも二人を交互に見せるのはいつかまた会えるはずだから。
う~~ん、卑怯だw。
今回はオウムが見えるシーンは良かったし、もちろん全体的に満足^^。
ハキムの連れてる女たちが最近楽しいw。
本当にはべってるだけでみんな同じ顔w。
とにかく丁寧な流れはかなりの好感。
ってことで評価Aへ昇格^^。
Date: 2007.04.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ながされて藍蘭島 4話「にげてのがれて、お姉様」&「おどろいて、悪霊」

神社に来ました、で、まちとあやねの戦争に巻き込まれるわけです。
特製大福に超絶目が無いすずは手段を選ばない、ってキャラ変わってるよ;;w
まちのせんべいを食べたあやねは逃げて、互いにすずを買収合戦w。
行人の言う通り、オチは分かってた^^。
今回は痛み分?

すず転落!山道では足元、超気をつけて!!(いつもこんなんしたかったw
ついでにお地蔵さんも破壊w。
幽霊さん復讐来ましたw。
すずは幽霊恐くて行人を絞め殺しそうにw。
結局行人が成敗、で、気に入られてときどき顔出すよ^^;。

今回はすずの好物と苦手なものの話。
まあ1話使って伏線張ったってことかな。
このアニメは自分的には堀江由衣の声で持ってるから今回はまあまあw。
でもやっぱ真新しさないから少しでも質が悪くなったら切りそうな予感。
それでなくて危ない感じだけど、、。
新キャラでてこ入れだ!w
Date: 2007.04.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

ひとひら 4話「頑張ってる・・・?!」

テストは散々、っていうかドジッ子能力前回で、逃げようとする麦と甲斐を先回りして確保~~~!w
「む・・・無理です」
ってわけで今日も練習、演劇部部長と野乃が売り言葉に買い言葉、演劇研究部は全員学年50番以内になるのよ!w
みんなで勉強、ここで野乃と演劇研究会の存在理由が。
元は3人とも演劇部だったけど野乃が病気を押して演劇をしたいから発足。
そして試験結果、いつのまにかハードル上げまくりw。
証拠隠滅の理咲を追撃、野乃恐え~~~~^^;w
そこ!ゆらゆら追跡しない!自分の弱点でおびき寄せる冷酷w。
でも野乃楽しそうw。

オープニングとエンディング両方とも好きになってきたかも^^。
意外と演劇部部長と麦は沢山会話してるよね、ってこの人結構暇だよな。
まあ野乃が心配ってことなんだと思うけど。
で、麦は、頑張って、褒められて、もっと頑張る、って感じで気持ちがアップ!
コミカルと真面目がほどよくて気楽に見れる。
もちろん野乃の病気と10月の勝負の競走があって、そこでシリアスになることは仕方ないけど。
展開はそこそこオーソドックスでも楽しいからよしw。
来週は合宿、評価Bに上げても良いかも?
Date: 2007.04.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

エル・カザド 4話「狙う女」

ナディとエリスの珍道中。
つうか銃撃戦中に寝るなエリス!w
また賞金稼ぎに狙われてるし。

ブルーアイズの独白。
R-339、ローゼンバーグ、Projectリバイアサン。
ある物理学者が殺され、ある少女が指名手配された。
彼らは彼女を追いつつ、ある関係者を消し続けている。

こっちでは追い詰められたナディ、エリスは力を使う。
実はエリスのせいだけどw。
優位になればナディの掌中、ひとひねりw。

中世に魔女はいた。
魔女はすでに滅びた、しかし遺伝子工学が現代に甦らせてしまう。
Projectリバイアンが産み落とした子供、それがエリス。

ブルーアイズの隠密もローゼンバーグにはお見通し?
ローゼンバーグ→リカルド(リリオ)、L.A
ブルーアイズ →ナディ
な構図。
今回は見えなかった糸を少しだけ見せてくれた感じ。
でも魔女復活って?そもそもProjectリバイアサンってなんのために?ローゼンバーグの目的は?
動きが怪しすぎだし。
と、このシリーズ独特の、何が目的?、な疑問が沢山w。
エリスとナディは相変わらず良いコンビ^^。
相変わらずの盛り上がりのなさは健在w。
でもこれで良いんだ^^。
Date: 2007.04.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

キスダム 4話「炎幻(カギロヒ)」

総集編、今までが説明無さすぎだから早めのまとめは大切!
NIDFにより過去の遺物を回収、そしてはるか過去の高度な文明による人類の選別を示唆。
1人の代表者が死者の書を伝承し試されるプログラム。
それが今回の騒ぎで、たまたま書に一番近しい由乃の男であっただけで死んだ哀羽シュウが伝承。
ネクロダイバー。
しかし人類の兵器は全く役に立たず、司令の裏切り、伝承間も無いシュウは未熟。
そして仲間も由乃をも失う。

1人生き残った伝承者、って失いすぎだろ^^;。
今までは危機を救う話が多かったけど、もう危機が行過ぎてからスタート?って話。
ただ、死んだと思ってたのが生きてたって予定調和はこのアニメに限っては興ざめ。
ちょっと先を嫌な感じに読むとネクロダイバーとして成長させるためとかの逆境のためにあえて死んだふり、ってのはなんか嫌。
生き返るなら予想外に生き返って欲しい、かなw。
とにかく次回に期待。
Date: 2007.04.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

クレイモア 4話「クレアの覚醒」

痛手を負ったクレアは、衛兵のガークに救われ、ラキの看病で一命を取りとめた。
命を救われじょじょにクレアに心を開き始める人々、ついに強権で大聖堂内の人々の妖魔改めをするがみつからず、クレアは妖魔がミイラとなって隠れていること知る。
そして襲われるラキを助け戦う、シドとガークも手助けをし、クレアのために敵の動きを止める、しかしクレアの限界を超えた戦い、クレイモアをラキから受け取り妖魔を倒すが、もう妖魔への暴走を止められない。
妖魔になる前にガークに殺してもらおうとするがラキは一緒に死ぬという、その刹那眩い光とともにクレアは元に戻る。
こうして無事解決、二人は町をあとにする。

今回の話はなかなか良かった。
前回でクレイモアの限界、そしてクレアにとってラキを連れて行くことが無意味じゃなくなる。
お互いが命の恩人。
絵は相変わらずだけど、日テレにしては、だからそこまでひどくはない。
オープニングには他のクレイモアも沢山出てるし、そのうち出てくること考えるとなかなか楽しみ。
でもクレイモアを持ってるからって軽く安易w。
やっぱ美少女には大剣でないといけないのかなぁw。
今回で評価Cに上げて良いかも。
Date: 2007.04.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ヒロイック・エイジ 4話「惑星ティターロス」

プレオープニングで小出しの情報、人類を銀の種族が狙う理由。
双子がエイジを教育?まあ精神年齢的に遊びから入らないと無理っぽい。
惑星ティターロスで補給も銀の種族の支配地域。
旅はまだまだ長いらしい。
入港するが査察され、やむなく見つからぬようエイジを惑星に下ろす。
しかし実際は居場所は銀の種族には筒抜け。
別場面、ユティ(女、銀の種族)、レプティ(女)、カルキノス(男)、メヒタカ(男、平和主義者)が他の4人のノドスの名前。
エイジを連れてイオラオスは悪戦苦闘。
一方アルゴノートを無条件拘束しろと銀の種族がティターロスへ通達、なのにノドスを理由に放逐しようとした矢先、エイジが別のノドス、カルキノスと遭遇。
無条件拘束でなく見逃そうとしたティターロスには蟻塚が多数出現、銀の種族の命令は絶対。
次回はティターロスが戦場になる?

主人公が政治やかけひきを全く気にしない行動をとるってのは意外と面白い^^。
話をややこしくするには便利だしw。
でも敵の4人のノドスは終結済みとはね、篭絡は効かないだけに本当に敵対することになるだろうし。
アルゴノートはノドスや銀の種族から見たらちっぽけな存在で、それをどこまで守っていけるか。
今回はかけひきも面白かったし。
にしも銀の種族は露骨に高飛車だなw。
他のノドスの種族も知りたいね。
以上
Date: 2007.04.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

瀬戸の花嫁 4話「男はつらいよ」

埼玉での新しい生活は甘酸っぱくおののくw。
巻ちゃんvs永澄のダークネスな戦いは始まったばかり。
そして全てを味方につけた巻ちゃんは殲滅的有利。
田舎出の燦は見るもの全てが物珍しく、楽しそう^^。
そして鬼の風紀委員銭形巡と遭遇、ちなみに永澄の幼馴染。
燦そっくりで、二人で地平線まで走ってくw。
チンピラに啖呵切った燦、止める永澄にたきつける巡w。
ことなきをえて、燦は巡が気に入った^^。
でも警視総監の子って天敵じゃんw。
これはいろんな意味で嵐の予感?
今日の政さん、少しベタ、、、。

幼馴染って皆さんそうそういるもんですかねえ?
男ならいるけどなあ、女はいないかも。
ってわけで場所は埼玉に移って、新キャラ登場、面白くなってきた^^。
燦も次から学校だし、更なる新キャラの期待。
つうか普通のキャラも発注請う。
もう過激なのはいいから^^;。
以上。
Date: 2007.04.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

sola 3話「オダヤカナヒ」

依人は姉さんと幼馴染と家には謎の女の子茉莉飼ってます。
ロリと茉莉の敵がファミレス、つかこんなファミレスのコスねえよ!w
不審に思った幼馴染が家に強襲!w
そして無理やりの買出しで探索開始w。
つか隠れる気なしの茉莉は発見てより遭遇^^;
で、天然茉莉に一同顔色無し、ってわけで幼馴染とはいえ容認。

って感じで今回はまったりな話。
でも絵はちょっと残念。
話もなんかベタだ、ひねりがないし、これは今回まで、評価E。
能登麻美子の声はおしいけど、時間ないんだ、、、。
Date: 2007.04.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

らき☆すた 3話「いろいろな人たち」

いらんことすな~~~!
フルメタルパニックのフモッフ見てもた、全部、、、昨日の午後潰れた、、、。

愛だよ!双子の話。かがみいじられまくりw。
まなかなも~~~(ここ好きw
白と黒。
こなたなら確かにスカートの中扇ぎそうw。
自分が着ること考えてないウェディングドレス話。
つかアニメの探偵とか学校になんくせつけるとこから飛躍~~~!
そして泉父ついに降臨、半端ない影響を感じる。
で、いったい何がくさいんだ~~~~!
やけくそ守りw。
ポニーテール協会。
コレクター魂。
もて話?
ラッキーチャンネル、被洗脳寸前。
あきらの切り替わりが高性能麻薬w。
そして魔のフモッフ、、、ビバポンタクン。

みんな何がしかのアホ毛装備なんだw。
今回はみゆきさんの出番が少なくて残念、紹介しても許さん!
もう内容は良いの分かってるから天然←→確信犯で分析してみると
天然な順に、みゆき、つかさ、かがみ、こなた、って感じ?
ちなみにマニア度は逆の順でw。
みゆきは本格的天然、つかさは普通、かがみはいろいろ分かってて知性もあり、こなたは多少の悪意ありの確信犯w。
結果両側がマイペースなのが面白いw。
ってわけでいろいろ期待以上^^。
あ、今回は3回目見たとこ。
Date: 2007.04.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

天元突破グレンラガン 4話「顔が多けりゃ偉いのか!?」

ええと、別のアニメですか?
なんとなく似たキャラは出てるけど、、、。

カミナの謎の特訓中に謎の兄弟に襲撃され、やつらはガンメンハンターのクロノ兄弟(男1女3)、即効勘違い発覚、ちょっと好かれて和気藹々w。
そんなこんなで調達して食べようとした獲物が実は獣人、16個のガンメンに乗って怒りの16身合体!w
で、そいつらの奇襲にグレン団とクロノ兄弟は対抗、で、グレンラガン、本物の合体だぜ!
って感じで倒したりするわけだ。
あ、一緒に行かないんだね。

とにかく絵が落ち過ぎ、今回だけだったらこのアニメ切ってるくらいに、期待が大きいだけにむかつく。
絵ばかりじゃなくて話もなんか雑だね、そう感じるだけかも知れないけど。
質の高さと動きの良さ、わけのわからん勢いとヨーコで持ってるのにw。
内容としてはガンメンハンターって人たちもいるってのは世界観が少しづつ変わって良いね。
グレンラガンは少しづつ進化してる?
獣人にも何種類もいてそこが謎な部分?結構良い加減な奴多いしw。
次回は戻ってくれよな!
Date: 2007.04.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

スカルマン

自分もすんでのとこで見逃すとこで^^;、初回実写の意図がいまいちだけど、、、。
映像は象徴的に続いていく感じ、普通の光の当て方じゃないというか特撮っぽい、更に暗さを常に引き連れた話の流れ。

この女(鈴木あみ)は子供の頃、親は自殺、人間不信になったがある研究所の事務をしながらそこの博士と恋仲に、そしてお守りの首飾り。
そんな中、夢で謎の仮面の男に狙われる、実際に目にしたりもした。
そして博士は計画書「ガ号計画」を盗んで別の組織へ行こうとし女はその手助けをしたが何者かに囲まれ、博士は狙撃され殺され、女は首飾りを落とした途端化け物に変身、最後にはその謎の仮面の男に倒される。

次はアニメだし、別物と見ても良いくらいかな^^;。
話は別にこの物語の発端ではなくて、まあ少しは関係してるだろうけど、次から見始めても問題ないと思う。
一応鍵をピックアップすると、博士は研究で動物を化け物化するようなことをやっていたのと「ガ号計画」という書類の存在くらい?
こんな感じで次も見てはみようかな。
評価は比較できないから無しで^^;。
Date: 2007.04.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

2007春アニメチェック(5)

やばい、多いまんま安定しつつあって、、、せめて1日3本くらいに抑えたいのに、、、。

評価はABCDEでAが良いほうね。

A  らき☆すた
B  コードギアス(休み)
B  グレンラガン
B  エル・カザド
B  DARKER THAN BLACK 黒の契約者
B  大江戸ロケット
B  機神大戦ギガンティック・フォーミュラ
B  怪物王女
B  エマ ~第二章
B  BLUEDRAGON
B  彩雲国物語(地上波)
C  ハヤテのごとく!
C  瀬戸の花嫁
C  のだめカンタービレ
C  アイドルマスター
C  ヒロイック・エイジ
C  キスダム
C  地球へ・・・
C  ひとひら
C  おおきく振りかぶって
C  ロミオ×ジュリエット
D  陸上防衛隊まおちゃん(再)
D  セイントオクトーバー
D  デルトラクエスト
D  sola ━ソラ━
D  ながされて藍蘭島
D  魔法少女リリカルなのはStrikerS
D  クレイモア
D  風のスティグマ

未  スカルマン
以下切ったアニメ、といっても中にはブログしないだけのもあったり、、、。
D  鋼鉄三国志
D  新曲奏界ポリフォニカ
D  シャイニンング・ティアーズ
D  ラブ☆コン
D  OverDrive
D  かみちゃまかりん
E  この青空に約束を
E  一騎当千~DragonDestiny
E  セイント・ビースト

こうして見ると切ったのの傾向は分かりそう^^;。
さあ次は何が落ちるか!w
これだけブログすんのも結構大変なんですよ^^;。
時間はそこそこ自由なのだけど、暇をみつけてはやっつけてます^^。
簡単に書くってのが大変ですね、自分は人のブログが長いと見るのやめたりすることもあって毎回ブログ短くしようってやってます。
その方が時間の短縮もできるし^^。
まあその分、国語の不出来がばれるんですけどね、、、。
このあたり書くこと減ってきたからなんか企画するかもです。
個人的なキャラランキングとか、、どうでも良いか。
ま、適当にw。
Date: 2007.04.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ