こどものじかん 3話「すくすくそだて」

相変わらずりんにかき回されっぱなし、って隠すの多すぎだろ^^;。
放送中止しないってことはこうゆうことね。
美々は胸が大きくなったことを凄く気にして、は相変わらずりんお気に入りの大介を目の敵、金的!
もちろんりん大介に挑発的、ときどき見せる本気そうな言葉がまた困る^^;。
一方で京子はどうでもいい胸にショックw。
美々は登校拒否だったこともあって、デリケート、胸が大きくてもブラをつけてもからかわれるのが嫌。
にしても先生って大変^^;。
ブラしてきた美々はからかわれて、りんが助けてあげる、って合わないからってブラを誰に売ったらそんだけの金もらえるんだ!
ランジェリーショップ、見所なのに隠され、伏せ字wってもうなんだかなあ。
結局またりんに解決してもらって、ご褒美^^。

京子の努力は報われなくて、子供の素直さが欲しい?w
隠されたとことか伏せ字は気になる、これだけ見せてもらえないとなんかね。
多分このアニメの見せ場な部分だと思うんだけどな。
少女たちが魅力あってこそのアニメだろうし。
まあこんだけ隠されてるってことはそんだけ多いってことだから、まともに見せられたら食傷気味になるかも知れないけどねw。
そこに想像の余地が入って、新しい切り口な気もしてきたw。
話はうまく転がしてると思うし、少しブラックな部分を含んでるからリアル。
もう少ししないとキャラの本質は見えてこなさそうだけど。
スポンサーサイト
Date: 2007.10.31 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

逆境無頼カイジ 5話「決死」

無謀とも言える勝負を持ちかけるカイジ、でも相手は乗ってこない。
結局弱い立場のカイジが折れてせめて1試合。
でも3つの星、カイジたちに取って全ての星を賭けた戦い、死にたくない仲間二人、まとまらない。
勝負にならないと去ろうとする敵に600万を餌に待ってくれという。
ここでやめたらもう勝ち目はない、カイジの説得にうなずく二人。
まだ勝負を了解してなかった相手、まとまらないと見て600万に手をかけようとしたし、カイジの挑発にも乗って勝負。
聴衆は負け組、カイジたちが負けるとわずかでも勝つ可能性が高まる。
純粋な勝負、単なるジャンケン勝負。
しかし敵は嫌な予感、それは当たっていた。
カイジは敵の言動から買い占めたパーが余ることを見抜いていた。
仲間がいたからそれに気が付いた、対して敵は読み負けた仲間をなじっていた。
そこでカイジは再び動き出す、毒を食らわば皿まだ。

今回も面白かった、毎回思うのはカイジってそこまでできるんなら社会で負けないんじゃ?
まあそっちに才能があったってことになってるんだろうけど。
そんなわけでそっちの世界にはまってくんだろうけどね。
しかし女っ気ないけど気にならない、珍しいよねw。
あ、最後の後付け敵に混入させてたか、どうでも良いんだけどw。
Date: 2007.10.31 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- 4話「飛翔」

2年前、事故直後の密林、キタジマ・ユウリ、傷ついた何かをみつけた、アトルマン?
ジンは砂浜に打ち上げられ一命を取りとめる、その近くにはギオが。
ISDA内ではスピリタスが狂い、そしてハウリングスターがそれを殺したことにとまどっていた、でも今はそんなことよりギオジンをみつけること。
例のジャーナリストはキリルの子飼い、でもドラゴンを隠していることにも限界が近づいていた。
砂浜のジンギオギオトアを守るために生まれてきたという、じゃあジントアの何なんだろう。
そのときジントアの声が聞こえると言い、トアは月にいるという。
しかしギオジンをISDAのマキナアキラに突き出す。
でもそれはギオがISDAに入るための口実、ジンも了承済みのこと、二人は月にいるトアに会いに行くためにISDAに必要なものがある。
ギオはマキナと戦闘を始め、ジンはドラゴンと合体する機体を奪取する。
そして空への羽ばたくギオのドラゴンとジン。
カズキはギオを奪われたジンを怨み、周りからはそのことでからかわれる。
ジンは宇宙から地球を見、父の言ったことを思い出す、そして向かうは月。
荒れたカズキの前に現れた女、何者?

あんまり物語に驚きがないのがなあ、GONZO独特の妙なヤマの作り方でちょっと惹きつけられないところが。
戦闘とかも軸を外してる印象だし。
キャラ的にも全体的にちょっと濃いしw。
内容はギオとジンはトアに会うという目的の元に結束、しかもギオはレゾナンスから開放された存在で、ジンはアルブムの声が聞こえる。
カズキはパンピー?
でも今回現れた女がどうにかしてくれる?
なんだか更にウイッチブレイドとかの臭いが、、、。
それでも質は高いし見ていくけどね。
Date: 2007.10.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

バンブーブレード 5話「室江高と町戸高」

ハッピー能天気な紀梨乃、でもその頃、顧問は押し切られて練習試合の約束。
こっち4人しかいないけど、、、。
対戦順決め、珠姫以外かなりあてにならないと思うんだけど^^;。
相手高の女の子たちもかなり面白いwまともな奴はいないのか!w
こいつにぶつけてぇ、って思った奴いたw。
顧問同士の思惑、ってのをよそに当日、敵はなかなかメンバー集まらないw。
一方でこっちは珠姫の剣道講座、かわいい珠姫に恍惚な約2名w。
朝集合のはずが始まったの昼下がり、早速練習試合。
開始早々、珠姫の瞬殺一本、相手の町戸高はざわめく。

もう緩くて仕方ない、敵も緩いしw。
結局狙いは珠姫二回使いってことか、それで鞘子が勝てば勝てると、そうはうまくいかんのだろうけど。
珠姫は確かになんだかかわいい、強いのも含めてw。
勝負はどうでも良いから面白く行こうw。
Date: 2007.10.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

みなみけ 4話「恋もよう」

今回も新キャラ目白押し。
まずはダメなおじさん、姉妹の家の前でうずくまる。
これで分かった、この血筋はろくな性格にならん、多分春香はまだ発症前、もしかしたら覚醒遺伝で子供に夏奈みたいのがw。
おじさんは失恋、夏奈にも千秋にも手におえないけど、傷を広げてるのはお前らだーーー!
春香にあずけたら、逃げたw、夏奈の逃走も料理への発想の斬新さがたたって放逐w。
彼女からの連絡で復活、でも次の日も、、、。
でもって夏奈に首ったけな藤岡が気になるリコ、ケイコをいためつけつつ会話をさぐって、ケイコのスカートをつかみまくるw。
しかしどうしてこれだけ掴んでも見えないかなあ。
最後は軽やかに逃げるケイコw。
にしても授業中の夏奈は自由だなあ、先生の中にも自由な人多いみたいだけどw。
リコはケイコ夏奈との橋渡し役を依頼、最後には二人にスカート掴まれることにw。
ケイコは可哀相だけど、それだけに俺の中に人気上昇中、春香と並んで、数少ないまともなキャラだしw。
ある日の南家、雨の日の買出しで勝負、でも何が勝ちか分からないゲームで、対戦?マリオ?バイオ?シューティング?どれもバッドエンドw。
そして春香のバレーがうまいことから、バレー部にも勧誘も男子の保坂、キモイ以上に気持ち悪いw。
妄想癖がグルングルン、都合の良いこと言ってたマキアツコは仲間と勘違いされて気持ち悪いw。
でも友達の春香を守らねば!
子持ちと錯覚させようとしたけど、容易に超えて行く保坂、気持ち悪いw。
かっこいいのだろうけどお気の毒に。

今回もまったりで、先走り妄想野郎とか、基本男はダメな奴になってない?
最近はケイコが一番人気、この世界はおかしいのが普通で振り回し屋の天下だから、いじられ役にしたらパラダイスw。
夏奈と千秋は見ててあきないし、周りの奴らも楽しいし、キャラ多いけど楽しいから良いかw。
これ以上増えたら嫌だけどw。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

思い出せないアニメ

昔のアニメが思い出せない、ってことないですか?
ちょっと前に女だけしかいない世界で、巫女たちが操る古の飛行艇で戦うアニメが思い出せなくて、我ながら妙なキーワード、「翠玉」だけ言葉で思い出して、それでネット検索したら、出ました!シムーン!
って感じでw。
こう言ったらアレだけど、年に100を超えるアニメをチェックしてるとイメージ薄いのから忘れていきます。
名前は思い出せても、あらずじはさっぱりなものから、名前すら覚えてないもの。
更には他のと混じってたり^^;。
まあ覚えてないってことはたいしたアニメじゃないと思ってあきらめるけど、昔あんなに好きだったのに、ってのも忘れてたり、、、。
でも、最近エヴァ見て思ったけど、忘れるのもあり、再度見た時の感動は半端ないw。
期待以上の衝撃で俺を迎えててくれるし、良かったと覚えていていつか見れるのがベストなのかも。
良かったのも覚えてないのなら知らないけどw。
だから良いと思ったらちゃんと手元に!
ちなみに宮崎作品、カウボーイビバップとかは押さえてあります^^。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

BLUE DROP~天使達の戯曲~ 4話「Dahlia pinnata」

このOPは一度見ておいたほうが良い、よくできてる。

マリ萩乃、惹きつけ合うものと反発し合うもの。
萩乃との夜は一度だけ、次の日からマリは一人で寝て起きて、大きな一人事「せいせいした!」。
萩乃は司令艦に出頭していた。
寮では同級生のマリへの誘いも、マリは気付かない、ただ休みの一日を無碍に過ごす、寮の中には図書館があって、そこでみち子と会う。
みち子は小説を書いていて、商売の家で過ごしたから一人物語を作って過ごしていた。
だから書いて、でもマリは見たいという。
みち子マリにみつかったことで、今まで本当の自分の見せられなかったことを話し始める。
オノミルの死を萩乃のせいにしたい、アザナエル
マスターコマンダーシバリエルに萩乃はマリのことを報告していた。
マリとみち子朱音に率いられて料理の味盗み、それが生きがい、みち子もそれを聞いて感激、マリはそれを羨ましいというけど、朱音にマリは素直になれと言われる。
でもチンピラに絡まれる朱音、マリがさらわれてしまう。
その特、司令艦から射出された小型の兵器がマリを捕獲しようと迫っていた、でも助けてくれたのは萩乃
そんな萩乃に恐怖から泣きつくマリ。
お互い気になるってことに意味がある。

これで萩乃たちは反旗をひるがしたことになるのかな?
マリにどんな力があるのかも気になるし。
基本、キャラに萌えるようなデザインじゃないような、でもそれが意図的なら勝負するのは話の方で、まあなんというかシムーンじゃあるまいし女ばっかなね。
まあそれも話が良ければ良いのさ。
一応深みが出てきて、でも目標は見当たらない現状、期待はしてる。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

デルトラクエスト 43話「スカールの大暴走」

今回7つの宝石を集めたことで集まってもらう種族とその代表は
トパーズ デル族 バルダ
ルビー ララド族 マナス
オパール 平原族 ルーカスとスカール
ラピスラズリ メア族 ファーディープ
エメラルド グノメ族 グラ・ソン
アメジスト トーラ続 ゼアン
ダイヤモンド ジャリス続 グロック
これが7部族の代表。
一部ジャスミンが反発したけどw。
クリーとレジスタンスの情報網を使ってここにいない他の部族の代表をなんとか集める。
ジョーカーの進言でベタクサ村に集まることに。
ルーカスの力も侮れ無い、でも兄のスカールには問題が。
更にトーラ族は、少年と少女とヒゲの大男を送り出そうとしていた。
リーフジャスミンバルダは自分たちの身代わりと気付き止めても、それは必要なことだし、全ての人ができるだけのことをする必要がある、それくらい大切なこそ。
リーフたちはルーカスの馬車に乗ってデルの村に向かう。
グノメ族、ララド続、トムの店にも知らせが届く。
順調に進むけど、検問で捕まってしまう、でもスカールが大暴れして憲兵団を倒すがリーフたちにも襲い掛かる。
結局、アメジストがスカールを落ち着かせる。
そしてバルダは傷ついたけど、ベタクサ村へ到着、でも安全で清潔な隠れ家のはずなのに異臭が^^;。

う~~ん、一つ分からないのが、宝石を分散させたのは影の大王のなのに、種族を集めるのあはどう?
でもデルの書に予言の力があるっていうなら話は別。
あとはジャスミンの絡みが段々気になる、デインと良い仲?
恥ずかしがりながらジョーカーにお礼言ったりねw。
グロックやスカールも気に入らないらしいし、危険感知能力の高さが今まで生きたのだしこれも必要悪だし、物語的には◎かw。
これからの展開は面白そうだね。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

げんしけん2 3話「アツい夏の一日」

OPやっぱ間違ってるよw。

ついにコミフェスその日がやってきた。
みんなぬかり無い、そこは戦いの場、気合も入るってもんさw。
笹原高坂でサークルスペースの設営、ポップを立てたり、まわりを探ったり挨拶したり。
ハラグーロ出没に戦々恐々も呪いの言葉吐いて行っちゃったw良いキャラだw。
でもって始まった、ダッシュの地なりと緊張、立ち止まる影、ブースの前はまばらな人。
うろたえる笹原、結局高坂主動で順調に。
そこへ副会長が式典バージョンコスで登場wそこで高坂がどこかへ。
一気に売れ始めるw。
トイレの長蛇の列、騒がしい会場、大手の作る列。
そこそこみんな集まってきて、高坂が戻ってきたら、女装、しかも似合いすぎてるw。
更にまた売れ始めw。
千佳ちゃんはなんか幻滅?w
本を作れて良かったと、久我山ともいくらか和解。
次にハラグーロ主動の本の依頼を断った人に挨拶まわり、緊張してたけど、これは後々ためになるかも?
高坂については内部でも羨望の目で、分かっているのに反応しちゃうw。
でもってついに完売^^。
そこへ高坂の女装コスを嫌そうな(ぱんぴー)がやってきたけど、物怖じしない高坂のお陰で怒れず、燃え尽きた朽木を折檻!w
帰りに冬コミの申し込み書を買うかで完全に笹原に丸投げなみんなに笹原は逃走w。
そのあとは打ち上げ、楽しそう^^。

なんか臨場感あったし、あんな感じか。
もちろん飛び道具(コス)にいかに男連中が弱いかも確かに、ただ見てもらわないと買ってももらえないわけで大切なんだな。
でもここは冬コミやるべきだろう、完売のあとだぞ!
それ目当てで売り上げアップ間違いなしだろw。
でも産みの苦しみはもう良いか。
まだキャラの関係性が分かってないけど、おいおいね。
一般人のの存在や千佳のピュアさはなんかとても良いかも。
オタクだらけってアレじゃんねw。
ってわけで段々面白くなってきた^^。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

もやしもん 3話「菌でかもすぞ!」

あなたの好きな菌は?w

次の日、いきなり教授から呼び出し、ダメ先輩二人と直保の4人。
密造で怒られる?
でもいきなり歓迎会でまた臭い食べ物^^;。
美里川浜は密造で壊した部屋の修繕費1000万要求されて、、、。
しかも女子が一人巻き込まれてたw。
茶髪なその子葉月は除菌マニア、先輩のとこに行く直保についてきたけど汚すぎで自主的に綺麗に、ついでに儲け話の菌も除菌、、、このアニメ毎回こうゆうオチなのかな^^;。
その部屋に来た教授と長谷川は醸造の説明、細菌がかわいいw。
できたものを長谷川が試飲するけど、おいしくない。
実際は美里川浜にすりかえられていた。
でも口カビとゴキ投入に長谷川は逆上、は感動w。
古の作法の登用に研究者の姿を見た?
ってわけで借金はチャラ?一緒に研究?
最後に「醸していこー!」「おー!」w

俺はクリソゲヌムが好きかも、青カビさんですw。
ってわけで細菌見てるだけで和むなあw。
話も悪く無いし、女の子もからんできて面白くなりそう^^。
丁寧さと絵も良いし評価は上がってきたかも、菌がとにかく良いw。
っていうわけで人間良いから菌主役の方向でw。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

レンタルマギカ 3話「神々の禊ぎ」

ある神社の女神官鎬からの依頼、神を判別する審神者のみかんへの。
ちなみに神社は神道の結界でケルト魔法の穂波は入れない。
依頼の本当の理由は神社を守るために、むかし神を降ろしたが、それ以来兄は寝たまま、そのままの姿で。
その場には協会の影崎もいた。
だから兄を取り戻すために再び神を降ろす、その手伝いをして欲しいという。
たまたまアストラルに遊びに来てたアディリシアがことの重大さを指摘、でもみかんの頼みに負けて依頼を受けることにする社長のいつき
決行の夜、神社までいつきみかんを送ったまなみの前に影崎が現れ、この神社に敵対する2体の神がいることを話す。
神降ろしが始まり、現れたのは悪い方の神、存在自体が呪波汚染の。
みかんに襲いかかる神、右目の魔眼を使おうとするいつきを止め、みかんは立ち向かう。
魂鎮めで神を鎮める!
でも相手の強さに気持ちが負けそうになるそのとき、穂波いつきが神に一太刀浴びせ、それを力にみかんは神を滅する。
たまたま通りかかったっていう穂波は口の割にいつきに優しいんだねw。
アストラル、こんな会社だからみんな好きなんだ。

なんだかアストラルは知識足らない集団で、アディリシア影崎の説明がちょっと気になる。
あとキャラの説明足らないし、これからなのかも知れ無いけど、少しぎこちない。
アニメの作り手次第で良くなりそうな予感、まだ3話だけど。
まあこれでも最初の評価よりは高いんだけど^^;。
やっぱ移植の仕方って大きいし、ラノベって設定をしっかりすることもあって情報多いからそれの扱いって凄く大切、そのあたりが決行見所かも。
そのあたりの情報揃ってキャラの好き嫌いの話できそうかな。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

なんだか最近のブログは

今も週に20本近くアニメのブログ書いてるけど、それだけだとなんか物足りない。
だからちょっと思ってることとかも書いとかないと、って思って。

ブログはなんだかんだで大変で、アニメ1本見るのに30分、だいたいパソコン開けた状態で見て、見終わったら書くって感じで40分くらいかな。
最近はあらすじとかあまり書かないようにしてるけど、書きたくなると時間かかったり、、、コードギアスなんて情報が多すぎで凄い大変だったし、黒の契約者は面白いし感情のひだも書きたくなるような話がヤバかった^^;。
感想だけにしようかとも思ったけど、完全な「レビュー」とは銘打ってないから少しは書かないと、と思って。
噛み砕いてあらすじ書こうとすると小学生頃の国語の勉強思い出したりねw。
ここまでやってるけど、自称非オタクだと思ってます。
グッズは滅多に買わないし、DVDもまだ1個しか買ったことない。
アニメ関係のCDは買うけどよっぽど好きじゃないと、普通のアーティストのCDも買うしね。
そういう意味じゃ金は全然かけてない。
せいぜいDVDレコーダー買ったくらい、ちなみに同時に2つ録画できる奴で、そのおかげでこれだけのレビューできるって感じで、気に入ったらDVD化して保存。
ちなみに夏はらき☆すた、ぽてまよをDVD化。
他にも蟲師、コードギアスとかもしてたし、今秋はクラナド、灼眼のシャナ、スケッチブックする予定。
まあ面倒くさいわけですがw。
そんな感じでやってるんで、これからもよろしく。
Date: 2007.10.29 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

2007 4回東京4週目 新馬短評とか

まずは今週の新馬の短評から

8日5R 1400芝
馬場が不良だから2歳のこと、走ってみないと分からない。騎手がまだ馬場を掴めてないタイミングでもあって、着順は鵜呑みにはできないかと。勝ったタケデンスキップ、伸びる外に出したのが勝因、調教は馬なりばかりで人気なかったですね。でも力はあったと思います、評価は4。人気のリュウメイとピッコレットも力はありそうで次回は良で良い走るをするのではないかと。ここは大化けしそうなのはいないような。レースの評価は4。不良でよくわからないとこもありです。

9日3R 1600D
ここは強いのが上位に来た印象。勝ったスマートファルコンはこの中では力が抜けてた、評価は4。シベリアンケンは逃げて正解、馬場が悪くなってから逃げた馬が粘るパターンが結構多いようだし、ペースも速くなかったし。それだけに次が試金石。シリコンフォレストは地力は高いけどキレない最近の藤沢の馬な印象、中山で良いのかも知れないし、緩いらしいから叩いて良くなるのかも。フェアームーランも悪くない競馬で次は狙える。次化けそうなのはセイウンタナビク、スイートカルタゴあたり。レースの評価は4。

9日4R 1600芝
そこそこ面子が揃って、最後は人気3頭の叩き合い、勝ったフサイチアソートの評価は5。ニシノエモーションもサトノプログレスもすぐに勝てそう、ニシノは2000以上、サトノは1400以下のほうが良さそうですが。他にはオリエンタルカイトとディープリングは次回化けるかもです。レースの評価は5。

次に今週の注目レース。
●武蔵野S、逃げたエイシンロンバートにまんまとやられた形、馬場も先行有利だったのでしょう。人気のワイルドワンダーは大名マークから捉えきれないものの力は示して、前走鮮烈だったトーセンブライトが藤田とのコンビでかなり良くなってきたみたいで3着。後方からの馬は残念な馬場でした。この組はこのあとどこに行くから分からないわけですが、2,3着の馬は今後面白そうですね。
●スワンS,大混戦の面子、スプリンターズS組か、それ以外からかという難しいレースでしたが、雨で内が荒れてたのでしょうか、外がかなり伸びてきました。アストンマーチャンは1200でも最後差されていて、斤量が増え危ない人気馬ではありました。先行馬はそれに巻き込まれる形で失速、丁度良い位置から鮮烈に抜け出したフサイチリシャール、どうやら大穴タイプみたいですね、そこへスーパーホーネットとドラゴンウェルズが襲い掛かる。スーパーホーネットは重賞で惨敗続きが一気に制覇しました。ドラゴンウェルズも条件からペリエが持ってきた形。マイルCSは本命不在になりそうですね。
●天皇賞、馬場がどこまで回復するかですが、回復してもボコボコなとこが結構あったりで直線は伸びるラインと伸びないラインがあったみたいです、他のレースも先行馬が粘るレースが多かったりと脚質も向きました。サムソンの強さは確かに認めますが全てが向いたとこがあったり、他が不利を受けたとこもあって、鞍上のうまさも多少は乗ってる印象でした。ムーンは伸びないラインに入ってたように見えて伸びきれず、カンパニーのあたりのラインがよかったのだと思います。でもこれが天皇賞、どんなに強い馬でも負けたりしてましたから。そういう意味じゃディープは別格でしたね。でもサムソンはオペラハウス産駒らしくきっちり成長してるみたいですね。アグネスアークは2着しましたがもしかするとこれからのGI戦線をにぎわしてくれるかも知れないです。

今週は台風にたたられて掴みづらい週でした、まあ次週からまたあたらしい開催で、これからな2歳の重賞も毎週のようにあって、新馬も大物が出てくる頃、要注意です。
Date: 2007.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

スケッチブック ~full color's~ 4話「三人だけのスケッチ大会」

今日は美術部の写生会、でもあいにくの雨、普通はお休みになると青は言うけど、は聞いて無いように嬉々として準備は万端。
湿気の多い朝の道、集合場所へ向かう、誰も来て無いけど、グレがいた。
少し触らせてくれただけで行っちゃったけど。
そこへ虫好きな栗原渚先輩、相変わらずの虫好きでナナフシと戯れている。
先生が車でやってきた、集まりの悪さと気乗りしないのか半分中止考えてたみたい、でも栗原先輩は全然乗り気^^。
そして山の上へGO!
って先生の車の中、ニワトリのぬいぐるみだらけ、焼き鳥のぬいぐるみデカ!w
時々挟む、夏海葉月の日常、らしいまったりな生活、うかない模様。
山に着いて、栗原先輩はひたすら自然と戯れる、はその行動に軽く翻弄されつつワクワクしながらついて行く。
山々にモヤがかかって、湿気が垂れ込めて、その中、お昼、スケッチ、湿った気がの全てを包んで、悪く無い。
鳥が低く飛んで、栗原先輩は雨が降るという。
同じものを見ても、空とは見えてるものが違うんだ。
突然、街中の涼風コンビ、美術部員だったのか!?
夏海葉月もバカ犬クロが絡んで遭遇w。
山ではカエルが鳴き始めて、モヤがいっそう世界を包んで、これはどこかで見た景色、懐かしくて、寂しげで、神々しくて。
そして雨、栗原先輩は雨だから見れるものを探しに行く、空もそれが見たくて一緒について行く。
この時を見逃す手は無い、めったに見れない雨の日の植物、虫、空気、音。
先生の車に戻った頃、雨はやんでしまった。
先生は一つ方向をじっと見つめている、雨上がりの夕日、空気が澄んで、オレンジ色に変わっていく空、ふと振り返った空は虹をみつけた、今日がどれだけ貴重な日か先生もやっと気付いてくれた。
街でも同じ虹を夏海葉月が見ていた。
そして帰路、普段は見えてないものを書けない空にもあの虹は心に焼きついていたみたい。

感じたまんま書いてるから、あんまり書くこともないかな。
普段ならあんまり感じない、ゆっくりした時間、これを感じる術を教えてくれる。
今すぐは無理でも、少しづつ慣れていきたいかな。
雨は好きで、空気や地面の汚れを全部流してくれる。
だから綺麗な青い空が見れたり、富士山があちこちから見えたりする。
嫌な時もあるけど、基本は好き、って話だけど。
見方で変わるからそうゆうふうに世界を見ると面白い。
次回は猫たち、これも楽しみ。
Date: 2007.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

電脳コイル 21話「黒いオートマトン」

最初は初めてのヤサコの家、おじとおばとは険悪らしい。
夏休み終わったら、あんなことがあったせいか学校がビルの最上階に移ってたw。
駅向こうの小学生と同じところで、ヤサコタケルとも会う。
にしてもフミエがパクリをインスパイヤっていうのは◎w。
ハラケンは未だに目を覚まさないという、電脳空間は分からないことが多い、イサコヤサコに古い空間に近づくなと言う。
イサコが常に感じる違和感、それは駅向こうの奴らのせい?
そいつらを追っている間に形見の人形を壊されてしまう。
そして謎のミゼットの存在。
ハラケンの病室でオバサンヤサコ、キラバグはミチコさんの欠片?
オバサンは辞めさせられて今は何もできない。
何を調べてもメガマスが立ちふさがる、その組織は何を隠している?
そんな時にヤサコの体に異変が。
そしてイサコへのバッシングが学校で始まる、イサコヤサコに近づくなと突き離す。
イサコを追うヤサコ、イサコは謎の声に自分が切り捨てられたことを伝えられる。
一方でアキラに会って例のミゼットの存在を知るヤサコ、誰のペット?
病院に向かうイサコ、でも部屋番号もなく中は兄の病室じゃない。
謎の声は言う、イサコの兄は数年前に死んでいた、ヤサコは実験に使われていた?
兄の病室は立体投影装置、そうして利用されていた、そして逮捕、全ての濡れ衣を着せられて。
そして黒い強力なオートマトンに襲われる、しかも神社の中まで追ってきた。

今回は動きがあって、このアニメ独特の動きがよく出てた。
イサコが実験に使われていたってのは凄い、でももしそうだとしても、メガネをかけてなければ見えてなかった?
確かにアキラのミゼットが病室に入った時も、、、あれ?
ちょっと写ってたような、消されたけど、しかもハラケンも頭痛がして、そっちも実験?
オバサンがいてそれは無いと思うし、ということはこの映像すら造りモノな可能性も否定できないような。
なんか分からなくなってきた。
もしイサコを襲っているのがメガマス側だとすると、一方であの声は味方か敵か分からない。
オバサンと良い、猫目と良い、意外と管理局も緩いし、結局大きな何かがゲートを開けようとしてたのは間違い無いみたい。
しかも非合法にしようとしていて、多分価値観が相当ずれてる考えから動いてそう。
とにかくこれからが核心てことか。
Date: 2007.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

機動戦士ガンダムOO 3話「変わる世界」

なるほどキャラデザインに高河ゆん入ってるのか(今さら、、、)、でもアニメの絵にしたらちょっとぎこちないかも。

ユニオンのMSフラッグに乗ってエクシアの前に現れたのはグラハム、単独行動もガンダムの解析に貢献することに。
一方で世間は首謀者の身元を追っていた。
ガンダムマイスターたちは人に紛れ、機体は資材に紛れて空へ帰す。
各国でガンダムと触れた人々は流されるようにそれに関わる任務に。
にしても次から次へと新しいキャラが出てきて、もう、、、。
光る粒子に秘密がある、ユニオンも人革連も気付き始める。
そんな時にタリビアの紛争にソレスタルビーイングが介入、麻薬を焼き払う、敵であることとは別に人道的には真っ当。
セイロン島でも紛争に再び介入。
そこでエクシアは捨て身の敵に虚を突かれる、その甘さ、でも触れられることを嫌う刹那ははねつける。
そんな時、テロリストの一部が武力凍結、世界が変わりはじめた。

少し世界が単純に動いてるうように見えるけど、面白い。
メカもキャラも少しずつ慣れてきた。
でもソレスタルビーイングの謎はまだ全然残ってるし、これだけの大国が相手の割にばれないのにはちょっと都合良さを感じるかな。
とにかく狡猾な世界の動きにと少年たちのまっすぐな行為、もちろん葛藤が起こるんだろうし、巻き込まれてくんだろう。
先が読めないのは面白いけど。
沙慈ってのが刹那にからんでくるとこあたりからが始まりかな?
Date: 2007.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

こどものじかん 2話「にこにこのごほうび」

今回の課題は夢って、みんな冷めてる~~~w。
話は仲良し3人組と新卒先生大介、まあ小学生にセ○シーポ○ズはヤバくて修整が入ってるわけでwシドイw。
りん大介(遊びチック)に、りん(本気)は超嫉妬、りんりんで成績をわざと落として先生にかまってもらってさらに炎上。
でも大介は成績落ちたって怒られて、みんな最初は仕方ないのにね。
しかもりんには簡単に挑発されるしw。
でも授業はりんのお陰で立ち直る、そのことに気付いた大介、100点取ったりんをしっかり褒めたら同じく100点取った美々がグレたw。
りんに助けてもらったからご褒美は家までのだっこ、しかも告白じみたことさせられてw。
大介を誘うたびに他の用で後回しにされる京子先生は荒れw。
でもその告白が次回の嵐を呼ぶ?

は本当にりんが好きなわけだ、クラス牛耳るだけの力か?w
しかも猫耳常備かw。
なんていうか暗いとこあるのは好感と不快感の入り混じった気分になる。
単なる幼女たわむれアニメじゃないけど、いつもなんか不安を抱えてかないとけないし。
ただ極端な例ではあるけど、アニメにしたら実情に近いのかも知れ無いし。
まあ少しは面白くなってきたw。
Date: 2007.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

スカイガールズ 17話「南の島のスカイガールズ」

ついにワームの巣探索に旅立つ攻龍、今日も雨の中、4人が戦っていると、敵を倒したけど、ソニックダイバーが制御不能でロスト、、、。
音羽が目覚めると無人島?運良く4人いるけど攻龍と連絡は取れない、しばらくはこの島で、って感じで野生児音羽の血がたぎるw。
ソニックダイバーは動けるけど、ナノスキンがないから飛べない、ってわけで楽しい島の生活スタート^^。
野生の音羽と統率の瑛花、分析と知識の可憐にトラブルマニアのエリーゼ、みんなそれなりに頑張って楽しく^^。
捜索する攻龍、4日たってもみつからない、みんなは4人が戻って来た時のことを考えて行動する。
音羽は気楽だけど、エリーゼは苛立ちから言うことを聞かない。
瑛花も食料を取ることもできないし、知識も足りない、自信を無くしかけ、音羽が元気づける。
そんなときにエリーゼが一人で海に漕ぎ出そうとして波に飲まれ、すんでのとこで瑛花が助ける。
涙ながらに叱る瑛花エリーゼも、ごめん。
やっとこさ蒼哉と僚平が4人をみつけた時、なんだか楽しそうで拍子抜けw。

楽しい回かな^^。
にしても絆話で終わるわけだ。
確かに各人の能力あればサバイバルだって大丈夫そうだし、なかなかよくできてるかも。
いつかシビアになるのかなあ、って思って攻龍に乗ってそうなるかと思ったら、あんまりならないんだね^^;。
これは難しいジャンルのアニメになってるようなw。
EDがだんだん耳に馴染んでヤバイねw。
Date: 2007.10.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

2007秋 アニメチェック(6)

千葉もすっかり秋らしくなって、油断すると寝冷えするほど。
今回も何本か切ってみました。

評価はABCDEのAが良い方で、◎○□△×の場合はこの順で、もちろん多少の主観は入ってるし、見てるの多すぎて混乱してるとこもあります^^;。
☆は今後最後まで見る予定のもの。

絵→キャラデザイン、風景、メカ、動き
雰→シリアスでもまったりでも全体の持つ雰囲気
話→ストーリーの面白さや仕掛け
笑→笑いの要素、低いとシリアスだったりで好き嫌いとは別かも。
未→未知や謎な部分、もちろん気になるという意味で
情→情報量の多さ、過、多、中、少、の順で少なく、多すぎると大変かも
総→まとめだけど主観多量に混入w

絵雰話笑未情 総
○◎◎□△少 A-☆スケッチブック(まったり高校生活)
○◎◎□○多 A-☆灼眼のシャナ?(戦う少女炎髪灼眼)
○○◎×◎過 B ☆機動戦士ガンダム00(ガンダム少年葛藤)
□○○◎□少 B-☆みなみけ(ほのぼの三姉妹)
○○○□◎中 B- もやしもん(農大細菌物語)
□□○□○多 B- レンタルマギカ(和洋魔道士会社)
○○○×○中 B- CLANNAD(恋愛シミュ痛い系)
○○□×◎過 C+ DRAGONAUT(未来科学少年葛藤)
○○◎□○過 C+☆電脳コイル(電脳未開領域探索)
△○□△□中 C+☆彩雲国物語(地上波)(中華仕官少女物語)
○○□□○多 C+☆スカイガールズ(戦闘飛行少女隊)
□○○△○多 C+ げんしけん2(同人誌作成過程)
□□○□○中 C+ こどもの時間(小学教師奮闘)
×◎○×○中 C  逆境無頼カイジ(命がけの駆け引き)
□□□×○中 C  BLUE DROP(SF魔法少女?)
□○△□△少 C  バンブーブレード(剣道少女スポ根)
△◎○○◎多 C ☆ひぐらしのなく頃に解(戦慄運命脱出劇)
□□□×○中 D+☆デルトラクエスト(空想宝石収拾大冒険)
絵雰話笑未情 総

以下見るのやめちゃった。
□□□△○中 C- 素敵探偵ラビリンス(少年探偵と謎)
□□□△○中 C- 獣神演武(中華宝剣奪還冒険)
△□△□△中 C  ハヤテのごとく!(執事受難ラブコメ)
□□□○□少 C+ ご愁傷さま二ノ宮くん(おあずけラブコメ)
□□□△□中 C  PRISM ARK(魔法世界騎士物語)
□□□□□少 C- キミキス(恋愛シミュ初々しい)
□△□×□中 C- しおんの王(将棋少女サスペンス)
△△□□□中 D  ナイトウィザード(異界戦闘学園もの)
□□△□×少 C  逮捕しちゃうぞ(痛快警官アニメ)
△□□△○中 C  魔人探偵脳噛ネウロ(魔人探偵と少女)
○○○□○中 C- しゅごキャラ!(小学生魔法少女)
△□□×□少 D+ ef-a tele of memories(恋愛シミュ多面的)
□□□△□少 D  Myself;Yourself(恋愛シミュ再会系)
□□×××少 D  D.C.?(恋愛シミュ通常)
??×△△少 E  チョコミミ(小学生&アニメぐだぐだ)
△××○△多 E  Kawaii!JeNny(人形実写バカ)
絵雰話笑未情 総

今回は4つ、ハヤテのごとく!、素敵探偵ラビリンス、ご愁傷さま二ノ宮くん、獣神演武。
ハヤテのごとくは見続けるって書いてたけどブログしてなかったし、どうしても切らないといけなくなったら突然急浮上、切ることに。
ギャグがマンネリで進まないし伏せ字トークは結構飽きててね。
他はしたから順にって感じかな。
どれも絵はもう一つで話も見え始めてたり、面白い方向へ行かないように思えたから。
まあそんな適当選んでであとで良くて失敗することもあるけど、それで切らないとごっそり残りそうだから^^;。
3回くらい終わって、Bへ上がって行くアニメが少し増えました。
まあ切る分、良いのはきっちり評価してるってことです。
実はもう一押し減らすことまではやろうと思ってます。
☆の無い下から4つくらいはデンジャラスゾーンw。
ってわけで今回はここまで。
Date: 2007.10.26 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

エヴァンゲリオン新劇場版:序 見てきました

ネタバレ無しです。
単なる焼き直しと思ってたら大間違い。
見たこと無い人は多少の知識入れておかないと厳しいのは事実です、後ろにいた人は話題だけで見に来たのか終わった時に「さっぱりわからん」と一言。
ただ見たことある人には更に楽しめるかと。
大掛かりな仕掛けをちりばめた作品なだけに、今の技術で作り直した部分は凄い!
始まって10分で目が疲れ始めるほど目まぐるしいし、臨場感やメカ、動きは娯楽としては抜群。
まあ古い絵が入ったのが分かる部分があるのは少し残念だし、分かりやすい作りと伏線はご愛嬌。
でもアニメ作品としての質の高さはかなりのもの。
少なくとも自分はそう感じました^^。
あと、最後まで席は立たないようにw。
Date: 2007.10.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- 3話「覚醒」

19年前、海底で発見された巨大な瞳のようなもの。

狂ったドラゴンに向かうトアもドラゴンに変身する。
それを目の当たりにしショックを受けるジン
捕獲することなく見ているリンドブルムユニット。
ジルアード軍が狂ったドラゴン「スピリタス」を刺激するが返り討ち、アルブムも抑え込めないまま、ISDA方向へ飛来される。
どうやらスピリタスが暴れるのはジルアード軍のたくらみ?この取り逃がすことすらそうなのかも。
総司令はしかたなくリンドブルムユニットに出動命令を下す。
人に見えてもドラゴンに変身する、そしてそれに乗るパイロット。
ドラゴンになったハウリングスター(ライナ)、マキナ(アキラ)、アマデウス(バウムガルド)がスピリタスとアルブムを追う。
戦いの最中、トアの衝撃波でギオカズキのドラゴン)が目覚める。
トアジンの元に戻って来るが、ジンは恐れの表情を見せ後ずさってしまう。
ギオが現れたことで喜ぶカズキ、なのにそれを無視してドラゴンに変身し飛来するギオ、しかもジンはそれに飛び乗って行く。
ギオが出てきたことで収拾をつけるためにスピリタスを廃棄、アルブムとジンの確保に向かえという命令、ハウリングスターは躊躇なく破壊する。
トアに追いついたけど、ドラゴンの姿をジンに見られ去ろうとしていた、ギオとともに。
そして戦闘は終了、弾かれてジンは海の底へ沈んで行く。

ドラゴンと乗り主がいて、それで戦うわけか。
一方でドラゴンも普段は人型で、どうゆう生活してんの?w
しかもドラゴンばっかが前線にいても仕方ないんじゃないの?
アルブムがオリジナルって呼ばれてたから、ISDAが作ったドラゴンはそこから作られてるってことかな?
形はアルブムよりメカっぽいし、加工されてるように見えるけど。
とにかく中心はトアとジンの関係みたいだね。
もちろん今回のリンドブルムユニットの出撃とか見ごたえはあったけど。
ただ、最初のインパクトと展開の早さがちょっと性急過ぎる気がする。
GONZOは時々置いてきぼりくらわすのが難点だよなあ。
多分各キャラの描き込みもしないで話が進んで行くんだろう、大いなる謎を引きずって。
それでも質は良いから見るけどね。
Date: 2007.10.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

逆境無頼カイジ 4話「破綻」

なんとか星二つを手に入れたカイジたち、これは気付きのゲーム。
戦略に気付いたものがおいしい思いをする。
カードがなくても、譲渡は許されている。
そこでカイジの戦略、グーを買占めて大きな賭けに出る。
狡猾に事を遂行して、条件は揃った、後は仕掛け。
これが終わったらまっとうになろうと誓い合う3人、でもそれができたら苦労しないだろう^^;。
でも買占めに対する違和感のカイジ、そしてそれが現実に。
他の誰かがパーの買占め、そして更にチョキ潰しも複合でグーを集めたこっちは破綻、、、。
慌てた他の二人は勝負して星を取られ再び追い詰められる、そこへ仕掛けた敵からの星売買の申し出、しかしカイジはどっちかの星がなくなるまでの勝負を持ちかける。

まあ敵は冷静にやめるつもりなのにどうやって勝負に持ち込むかとそこでどう勝利をモノにするかはかなり気になる^^。
にしても気楽に見れるのは良い、逆にね。
主人公は死ぬことは無いし。
ちょっと気になるのは予告のあとのこの映像w。
このアニメの局側のターゲットが分かる感じw2次元にしか興味ありません、な人では無いらしいw。
Date: 2007.10.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

素敵探偵ラビリンス 4話「紅と白の真実」

旧都の立ち入り禁止区域を見張るモニター、この男、繭樹の執事?そして繭樹たちのいた東京タワーを襲う大きな地震。
繭樹幸太楽太みのりは展望台に閉じ込められる。
エレベーターの中から出られなくなった楽太と怪我したみのりを助けるために、幸太繭樹は電源を入れに行く。
執事と初実さなえはヤエが教えてくれたから救出に。
ただ、どうやらこの地震は爆薬でのもの、ってことはまだ誰かがいるかも。
蝋人形館絡めて、でも追って来るんですけど^^;。
しかも白蟲の主人?も繭樹たちのことを監視してる。
結局、逃げながら電源室を見つけて、みのりたちを助ける。
初実たちも向かえに来た。
そこには刑事も、起こったことを問い詰められるが、繭樹も分からない。
今でも動くエレベーター、蝋人形の細工、火薬の臭い。
それは敵の余興?

一応ちょっと謎解きもあったけど、深まる謎もあり。
なんていうか楽太の能力が高すぎるのも含めて少し材料が揃いすぎな気もする。
それに繭樹が簡単に挑発に乗るのもw。
どうやら繭樹には執事たちがしてることは分かってないみたい。
だから繭樹の知らないとこで事は起こってるってわけだ。
しかも繭樹はその重要なピースなんでしょ?
軽く読めてきてるけど、次回予告で「素敵執事と読んでくだちゃい」は少しやばい、イメージが^^;。
切るか切るまいか、どうすっかなあ。
Date: 2007.10.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

灼眼のシャナ? 3話「疑惑の転校生」

転校生はヘカテそっくり、シャナは戦慄、そして封絶!
なのに封絶で動かない近衛史菜、ヘカテじゃない?
警戒しつつ、何故か悠二に絡んでいく史菜、超お嬢様で面白いw。
一方のマージョリーは飲んだくれ^^;。
街には紅世の徒の気配、悠二もそのことに気付いてシャナに褒められたり^^。
でもシャナはほっておく、ヘカテへの警戒のため?
体育で着替えもできないし、お昼もご膳待ち、って強烈なお嬢様キャラw。
マージョリーにも判定を頼むけど、結果はシロ。
シャナ悠二を一人帰して史菜の元に向かう。
封絶の直後、街に入った駆け出しの紅世の徒を利用して史菜がヘカテか確認する。
これで完全なシロ、悠二シャナの行動に反感を持つが、シャナなりの考えがあってのこと。
一方でバル・マスケのベルベオルは何か企んでいる、史菜のこと?今回の紅世の徒のこと?
次の日、史菜に安心した悠二はいろいろと手を貸してあげるけど、一美とシャナは二度目の戦慄w。
別の意味の敵?w

なるほど、そうゆう切り崩し方か、狡猾だw。
ヘカテかどうか分からないけど、ヘカテが悠二に親近感を持っていても不思議はないわけで、だからいろいろ含んだ意味が面白いw。
一美とシャナも二人での悠二の取り合いがちょっと平和になってきたとこに戦慄の第三勢力w。
バル・マスケとのからみもあって、なんか不思議な展開、これは面白いかもw。
謎と分かってることのバランスも良いし、これは良質^^。
最後まで見ることに決定だな。
Date: 2007.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

バンブーブレード 4話「ピンクとブルー」

前回の鞘子の関係からどうかなるんか?
顧問や紀梨乃鞘子の力を認めていて、でもデリケートで傷つくと休むw今回は長い^^;。
相手高でも顧問は指摘に賭けに生徒の反感買ってるわ、強烈な交換条件突きつけられるしw。
鞘子もやっと前向き、なのに紀梨乃はウザイの?w
は黒い本心で反感ブーブーの朝練wそろそろ限界?
そこへ鞘子登場、はあの遭遇で会えない!防具で隠す。
ギターをする!って語る鞘子を無視して剣道に引き込みな顧問と紀梨乃^^;。
やけくそな、だんだん打ち込むことに快感が、ドSかw。
そこに喜びを求める情熱に、思わず珠姫も恐いってw。
結構顧問はを見抜いてて、地を出して話せる対象、そのことで力になる。
先生がやっと先生らしく見えてきた?
鞘子に素直に謝ったことで、吹っ切れた。
ところで何度も聞くようだけど段十朗のどこが良いの?w

う~~ん、やばい段々良くなってきたw。
声優も結構好きなの揃ってるし、困ったなあ。
黒いキャラとかって、結構こうゆうのには面白そうだし、ネガティブキャラも動かしやすそう。
もうちょっと見てみようかな。
Date: 2007.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

CLANNAD 3話「涙のあとにもう一度」

フラッシュバック、廃屋?この世界に生まれたこの子は?そのぬくもりって?
単なる恋愛シミュレーションからのアニメ、って結構思ってるけどちょっと揺らぎかけてる。
のお見舞いな朋也は弾けた父とかわいい母に翻弄w。
の家のパン屋に訪れた綺麗なお姉さんと出会う、その帰り電気工のトラブル、っていうかこの人おかしい、すでにトラブルの臭いがw。
どうやら大物?
陽平はいまだに智代に反感、あいつ男じゃないの?もちろん返り討ちw。
そんな時、また一人でいるをみつける、きまり悪そうに手を振ってくる。
朋也を傷つけたことを気にしてた、ホッとして涙、そんな朋也は肯定して認めてあげる。
そこで朋也をまさぐる手、それは風子朋也に奪われたナイフを奪取しにw。
でも良い様にあしらわれて、でもナイフは返してあげる、お返しのこれ何?!
しかも帰りにウリ坊になつかれて、陽平の強烈な蹴り、迫力あるw。
その子の名はボタン、絶対良く無いと思うぞw。(ぼたん鍋、検索)
の力になることを決めた朋也、発表の資料のために図書館で調べ物、そこで出会った有紀寧もやっぱり変わり者?
説明会の練習、好きなことには饒舌なのにそうでないことにはタドタドしいw。
でも渚の想いを聞いて、朋也はそれを受け止めて肯定してあげる。
それを言えば説明会も成功する。
なのに貼った勧誘ポスターは生徒会の許可取ってなくて、呼び出し!

なんというか渚がきっちりはぐれてる感じは結構説得力あるし、表面的につきあってたらどんな子が分からないとことかなかなか。
主人公に藤林姉妹以外は絡んでこない感じも良いかも。
恋愛シミュレーションからのって、誰もかれも主人公に、って感じがちょっと嫌だから。
あとは技術はさすがの京アニ、最初の幼女の手拍子とか、動き、蹴りシーンの鮮烈さ、あれだけで見続ける価値あるかもw。
心なしからき☆すたとキャラが似てる場面も、まあそれはご愛嬌で。
とにかく見ていこうかなと思い始め。
Date: 2007.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

ご愁傷さま二ノ宮くん 3話「街へでようよ」

子供同士のキスの情景、の夢が醒めると姉と兄の異常な特訓^^;。
それを傍らで見ている麗華は爆発寸前?w
真由の男嫌い克服特訓につきあう峻護、もちろんろくなことが待ってないw。
真由は学校じゃ男に言い寄られ、しまいには女子に顔貸せってことに。
峻護が意外と女にもてる属性なのも問題だな^^;。
日奈子に連れられて町中を歩く真由、でもすれ違う男は皆真由に呆け顔w。
男たちより質の悪い変態に襲われたり、実は麗華の差し金w。
次に真由たちが入った店はオネエメイド(男)の店。
麗華の組織って、何?
実は真由と仲良くなりたかった日奈子、やっと真由と仲良くなって、趣味が分かって協力。
これでなぜかクラスは真由を容認?
どうやらこいつがクラスのドンか?

なんつうか、面白く無いわけじゃないけど、まあ下から切るとこのあたりがそろそろね。
次回があるかは微妙で、なんというかみんな峻護が好きとかなると、引くわけでね。
別にかわいいキャラに萌えるタイプじゃないからなあ^^;。
どっちかというと、面白いキャラやほのぼのキャラ好きだからw。
Date: 2007.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

獣神演武 3話「操気の契り」

3人の旅が始まったけど、お目付けの劉煌岱燈に操気という拳法を教える、これができないと慶狼には勝てっこない。
そして街に入ると、そこに水賊の渦津団の船が入っていた。
この街には街を見守る岩があった、しかし帝国の役人は岩を全く敬わず、たたりなのか雨でその岩が崩れそうだという。
岱燈頼羅は渦津団に街の民を乗せてくれと頼むが乗せるのは役人だけ、でも役人は策略で自分の館の下を掘りに戻って行く。
結局渦津団の頭領は民を乗せてくれた。
一方で岱燈は岩が落ちないように頑張っていたが、崖から落ちそうになる劉煌を助け絆を作る。
でも岩は落ち、避難した民は救われ役人だけが死んだ。
岩は街の真ん中に残り、渦津団は旅立って行く。
渦津団の頭領の虎楊岱燈の名を覚え、岱燈劉煌の絆もできた。

なんていうかありがちな展開、でも虎楊の策略は気持ち良かったかも。
7人の印を持つ奴も知りたいけど、どうなんだろうなあ。
こうして主人公が仲間を集めてくってのもお決まりな気もするし。
ちょっと消えそうなとこもある。
まだ全部見えてないけど、ちょっと先が見え始めたような。
Date: 2007.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

みなみけ 3話「玉蹴り番町再び」

夏奈のあさはかさが素晴らしい!
ちなみに玉蹴り番町とは例の夏奈に告ったのに返り討ちにあった男藤岡w。
愚かにも戦いを挑む夏奈、血が通っているけど全てのテストで数点差で負け、しかも改ざんバリバリなのにw。
ちなみにケイコは人間味の無いオール100点満点で夏奈に泣かされ、なんでお前ら友達?w
夏奈の扱いに慣れた、千秋の大人な対応がw。
最後は必ずグダグダ、無茶して見栄張って、挑発に買い言葉、んでもってグダグダw。
本当に感動できるの春香の料理、良いお嫁さんになるよ^^。
藤岡にふいを突かれて告白?に有頂天の夏奈に、千秋の悪魔の囁き。
「すごい好きだから」って言ってんのに「すごいスキだらけ」って違~~~う!
常に威嚇の夏奈に藤岡困惑、なのに家に招待、夏奈のあさはか懐柔作戦、、、。
NEXT DAYカレーを作りすぎた消費要員が馬鹿脳の結論w。
でも話してみると、三姉妹の中に男一人でも物怖じせずに良い奴、春香のお父さん発言に、藤岡の膝に千秋がおさまって、春香にも好感持たれて、逆だ!敵に懐柔されたのはウチの姉妹!
カレーを落とさなかったのはファインプレー。

今回は夏奈編、っていうか玉蹴り番町編?
ちなみに千秋のあだ名センス、つうか人に会わんであだ名つけなや。
俺的にはケイコのキャラ立ちが良いw。
夏奈の馬鹿に付き合う真面目さは必要だ、これが春香の友達あたりだと生き別れ必至w。
これでキャラ揃ったのかな?
別に増えても良いけど、ほんわか系にしたら色恋ありってのが売りなのかな。
Date: 2007.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

スカイガールズ 16話「寄港」

寄港のために頑張る七恵、その島は七恵の故郷だから。
パイロットたちにも許可が出て、観光気分?w
ついでに泊まった七恵の家は子供沢山でにぎやか、マンツーマンで相手できるほど^^。
そんなとき、買い物に出た七恵は昔から好きだった人で会う、でも軍は島から搾取していくから嫌われ者。
七恵は攻龍に乗ってるとは言えなかった。
でも良い雰囲気で、次の日も約束、海岸沿いを歩いていると、エリーゼ音羽がみつけるw。
みんなに知られてしまって、みんなは応援するけど、明日には島を出て行く七恵は嘘で通したい。
そんな時にエマージャンシー、近海にワーム、彼はクジラを七恵と見に行くための下見に海に出て襲われる。
出撃、七恵はこの島の海岸をさんご礁を守ってくれとみんなに言う。
その気持ちをくんで沖で敵を倒す。
七恵が攻龍に乗ってることは知られてしまったけど、守ろうとした七恵の気持ちが伝わって、再会を約束する、今度は本当にクジラを見せるから。

今回は七恵の話、忘れてしまうけど七恵だって15歳、プライベートはまだまだ子供な感じで、そこが萌える?w
でもまあ一人一人の話でもって、それぞれもモチベーションが形作られて行くのは見てて良いかも。
もちろん女の子だからってのもあるんだろうけどw。
その丁寧さが本当に厳しい戦いに入った時に効いて来ると思う。
本人にも見てる側にもね。
やっぱり説得力の無い厳しい戦いは飽きるから。
でもって次回もほのぼのしそう、結構戦闘って適当に扱われてるよねw。
Date: 2007.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ