スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

アイドルマスターに染まるまで その7

染まるっていうか、多分毒されて行くが正しいw。

そんなこんなでニコニコ動画も一段落、と思ったら、動画についてるタグでいろいろ掘れてしまうのがこの世界。
ついに中村繪里子今井麻美の映像に辿り着いてしまいました。
今まではRadio For Youで聞いているだけだったのが映像が見れるなら見てしまおうと見て見ると、、、こいつらネットアイドルなんですか!?
ネット上だけで流れてる番組に出演、グダグダかつ奔放な様は神々しくも見えましたw。
Radio For Youはしっかり構成されてたり編集してるのでしょうが、ネット上の番組は生でやらせてて、当社比グダグダ感300%増しな感じで、この雰囲気は明らかに人を駄目にするアレですw。
まあそれを動画化して流してるので過去のものなのですが、数年前からなんら変わらないテンションとか、、、。
その3でも書きましたがとにかくこの二人は面白いw。
この間に入ってる仁後ちゃんがかわいそうなくらいにw。
最近のRadio For Youは誰かしらへこんで終わってるしw。
コレは正直オススメしませんw、ヤバイと思ったら途中で見るのをやめるのをオススメします。
でも感染力強いからなあ、、、。
というわけで、まだまだその広がりは尽きない感じで、次は何書こうかなあ。
つづく
スポンサーサイト
Date: 2008.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

2008春 アニメチェック(3)

ちょっと時間たちましたが、さすがに21本は多いので切ったよ、って話に。
どれも見たら面白いの分かってるからなあ、なかなか難しい。

評価はABCDEでAの方が良いって感じで。
ファクターの方は超優良可不の順で、本当は◎とかにしたかったけどフォントによって大きさ違うからこんな感じに、、、もちろん評価は多少の主観入ってるし、見てるの多すぎて混乱してるとこもあります^^;。

絵→キャラデザイン、風景、メカ、動き、CGのつかい所とか
雰→シリアスでもまったりでも全体の持つ雰囲気や設定のしっかりさ
話→ストーリーの面白さや仕掛け
笑→笑いの要素、低いとシリアスだったりで多い少ないでは評価できないけど
未→未知や謎な部分、奥歯にモノの挟まった度ともw、後半減ることあり
情→情報量の多さ、過、多、中、少、の順で少なく、多すぎると大変
総→まとめだけど主観多量に混入w

絵雰話笑未情 総

超優優少多過 B+ マクロスF
優超良過多中 B± ソウルイーター
超優良少多過 B± コードギアスR2
優超良多過過 B- 狂乱家族日記
超優良無過多 B- BLASSREITER
可超優中多中 B- 
良優優中多中 B- 図書館戦争
優優優少過多 C+ RD潜脳調査室
可良良中多中 C+ 隠の王
不優優中中少 C+ 彩雲国物語2
良超優無少少 C± ゴルゴ13
可良良少中少 C± 二十面相の娘
可良良少多中 C± あまつき
優可可少中少 C± ネオアンジェリーク
可優良中中中 C± ドルアーガの塔
不可可中少少 C- イタズラなKiss

絵雰話笑未情 総


見るのやめた番組
絵雰話笑未情 総
可可可中少少 C± 我が家のお稲荷さま
可優良少多中 C± 秘密~The Revolution~
可可良中中少 C- 絶対可憐チルドレン
良良可中中少 C- BLUE DRAGON 天界の七竜
可良良多少少 C+ S・A
不良可中多中 C- クリスタルブレイズ
可可可多中中 C± ToLOVEる
良良可多中少 C- メイドガイ
良良可中少中 C± xxxHOLIC◆継
可可可少多中 C- モノクローム・ファクトリー
良優可少少中 C- 純情ロマンチカ
優優良少多中 C+ ヴァンパイア騎士
優可可少中中 D+ D.C.2s.s.

今回は、我が家のお稲荷さま、秘密、絶対可憐チルドレン、BLUE DRAGON、S・Aを切ってみた。
回数見てくと、アラというかパターンというかが見えてきて、そのあたりの理由みたいなものを

我が家のお稲荷さま@空幻とコウが入って段々馴染んで行くんだろうし恵比寿とか絡んで、そのうち大きな話になって、最後には母親の残留思念に助けられるとか?
秘密@脳の中を見て、人の人生を背負って、現実との乖離に悩みながら事件解決してくのかと。予期せぬ機能が暴走して信憑性が疑問視されるとかあるのかな?
絶対可憐チルドレン@OPの歌は好きなんだけど、小学生対象な感じで、そんなに重くならなそう。ドタバタや絆だけだとね。やっぱ浅さが、、、。
BLUE DRAGON@前作同様もうひとつ子供向けな印象。結局利用されつつ、最後には利用する側も巻き込んで予想できない方向で解決なね。
S・A@典型的な少女漫画系、ライバルだけど好きな女の子に憎まれ口な慧はいつまでもこの状態なんだろうなあ。そう思うと萎える。

次に残ってるのの良い所、悪い所
マクロスF@メカ、動き、設定はかなり良い、私の彼はパイロット、には感動した^^。リンカの絵がときどき崩れるのが残念、ランカが鍵を握ってるのに、、、。
ソウルイーター@雰囲気と肌触りが秀逸。男は馬鹿でないといけない世界らしいw。やっぱり少年誌らしい底の浅さが見え始めたかも。でも絵が十分カバーな感じで^^b。
コードギアスR2@絵と策謀は良いと思うけど、前作との連結部分が見え隠れして歪を探してしまう。新キャラのてこ入れは失敗できないかな。以前のフラッシュバックっぽい作風との違いも。
狂乱家族日記@設定が異質で展開待ちな所がある。期待は大きいけど、裏切られる懸念も、良い意味での方が良いなあ。本当に先が読めないNo.1w。
BLASSREITER@絵やメカ、動きはかなり良いけど暗いし。良くも悪くもGONZOらしい作品、この暗さにどこまでついて行けるか、、、。
@とにかく雰囲気が良い、ハーレムなんだけど、暴力もあって、幼女育成的な側面とOP,EDの曲調。惑わされたまま馴染んでる感じ。
図書館戦争@しっかりした小説もので空想だけど超リアル。それだけに異世界を完全に作り上げているところがかなり見モノ、期待大。あとは井上麻里奈が良い^^。
RD潜脳調査室@士郎正宗とI.Gで余念がない。攻殻では心が見えにくい描きが持ち味だったけど、こっちは結構見せてくれるし、みなもがいることで熱さもある。空と海の表情作りはかなりツボ。
隠の王@忍者っていう設定と、史実とのリンクで結構先の展開が楽しみ。でもお姉さま方向けなのかなあ。痛い展開も悪くはない。
彩雲国物語2@これは地上波でやってる再放送。異世界を作り上げてるけど、中国っぽさも生かして面白い。でも絵はなあ。
ゴルゴ13@言わずと知れた名作。シビアな世界観も良いし、慣れると少しネタ的な面白みも○w。意外と新しい時事にも絡んでるし。でも全体に暗いかな。
二十面相の娘@設定は面白いし、世界を旅して経験を積んだり、次なる展開がありそう。まあ絵や話はまだ大したことないのだけど。消え候補な作品ではあるけど。
あまつき@異世界へ飛ばされるのは使い古されているけど、未知な部分は期待できる。絵も崩れてないし。でもワンパターンな展開なら危ない。
ネオアンジェリーク@これは絵が見事、それが男キャラであってもw。まあいつものパターンだしどこまで見るかかな。
ドルアーガの塔@典型的なファンタジー世界で、珍しさで続いてる感じ。主人公がへっぽこで急に能力発動とかはやめて欲しい。しっかり成長するならこれからも。
イタズラなKiss@典型的な少女漫画系。最初嫌ってたのが馴染んで、好きになるパターンはみえみえで、絵ももう一つ、消え候補最有力w。

とまあ頑張ってみました。
次回は今のアニメ全体の話でも。
Date: 2008.04.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

アイドルマスターに染まるまで その6

ニコニコ動画に手を出して、歌ってるシーンを楽しんでいたら良かったのですが、ついにみつけてしまったのです。

それはアイドルマスターのキャラを主人公にして歴史シミュレーションゲームをし、それを実況、脚色する動画でした。
自分が見たのは春香が閣下として中国に君臨するまでを三国志Xでやっていこうと言うもの。
普通ならただ領土を増やして行くゲームでもそれぞれの武将にキャラ付けをして、もちろんアイドルマスターのキャラたちはゲームの中のキャラで、春香は黒春香で策謀をめぐらし、雪歩は戦闘で穴を掘ったり、は鬼神として戦場を駆け巡り張遼との師弟関係、美希は相変わらず緊張感のないゆとり、やよいは投降した武将についた孤児っぽくて農業に才能がw。
でも基本、初期の春香雪歩以外は在野に放して他の君主の下についてたりゲームまかせなドラマもありで、そこは作りものでない面白さもあります。
曹操は史実っぽいけど劉備は軽すぎだしw。
コメントでみんなが書きこんだことがその後のやりとりに反映されたりネタ満載でやめられません。
書く人のセンスも問われるけど、三国志とアイドルマスター両方分かる人にはかなり面白いw。
というわけで結構長かったけど一気に見てしまいました^^;。
間違った方向にどんどん広がるアイマスワールドがここにw。
でもまだまだ間違った方向は一杯で、、、。
つづく
Date: 2008.04.21 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

2008春アニメチェック(2)

休みのうちに大量のアニメ消化してみました、昨日までので評価を。。

評価はABCDEでAの方が良いって感じで。
ファクターの方は超優良可不の順で、本当は◎とかにしたかったけどフォントによって大きさ違うからこんな感じに、、、もちろん評価は多少の主観入ってるし、見てるの多すぎて混乱してるとこもあります^^;。

絵→キャラデザイン、風景、メカ、動き、CGのつかい所とか
雰→シリアスでもまったりでも全体の持つ雰囲気や設定のしっかりさ
話→ストーリーの面白さや仕掛け
笑→笑いの要素、低いとシリアスだったりで多い少ないでは評価できないけど
未→未知や謎な部分、奥歯にモノの挟まった度ともw、後半減ることあり
情→情報量の多さ、過、多、中、少、の順で少なく、多すぎると大変
総→まとめだけど主観多量に混入w

絵雰話笑未情 総
優超優過多中 B+ ソウルイーター
超優良少多過 B± コードギアスR2
優超優多過過 B- 狂乱家族日記
優優良無過多 B- BLASSREITER
可超良少多少 B- 
超優良少多過 B- マクロスF
優優優少過多 C+ RD潜脳調査室
可良良多少少 C+ S・A
超可可少中少 C+ ネオアンジェリーク
可優良中多中 C+ 隠の王
可優優少多中 C+ 図書館戦争
良超優無少少 C+ ゴルゴ13
不可可中少少 C+ イタズラなKiss
良良可中中少 C+ BLUE DRAGON 天界の七竜
不優優中中少 C+ 彩雲国物語2
可可良中中少 C± 絶対可憐チルドレン
可可可中少少 C± 我が家のお稲荷さま
可良良少多少 C± 二十面相の娘
可良良少多中 C± あまつき
可優良少多中 C± 秘密~The Revolution~
可優可少中中 C- ドルアーガの塔
絵雰話笑未情 総


見るのやめた番組
不良可中多中 C- クリスタルブレイズ
可可可多中中 C± ToLOVEる
良良可多中少 C- メイドガイ
良良可中少中 C± xxxHOLIC◆継
可可可少多中 C- モノクローム・ファクトリー
良優可少少中 C- 純情ロマンチカ
優優良少多中 C+ ヴァンパイア騎士
優可可少中中 D+ D.C.2s.s.

って感じで、ギャル系と男萌え系がやっぱり厳しい。
本当は見ていたかったけど、これだけ多いと使う時間が半端じゃないから削らないといけないのもある。
一応切ったアニメの切り理由を並べると
クリスタルブレイズ@絵がもう一つで進め方がちょっと雑だった。
ToLOVEる@期待はあったけど、少年誌らしく話が浅くてドタバタの繰り返しが読めて。
メイドガイ@キャラは面白いけど、話が読めて微エッチ路線ももう一つ。
xxxHOLIC◆継@漫画を持ってるから話は分かってるし、絵もときどき悪い。
モノクローム・ファクトリー@男の絡みはどうも慣れない、男が男に頬染めるなw。
純情ロマンチカ@BLネタじゃなくてBLじゃん!ごめんなさい。
ヴァンパイア騎士@悪くないけど、異常に男が綺麗に書かれていて、意図が見えるとどうも、、、。
D.C.2s.s.@恋愛シミュレーションからのは見ててもイマイチ。

次回は残ったアニメの良い所、悪い所を並べようかと。
Date: 2008.04.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 2回「日本 独立 計画」レビュー

これだけは一応書いてみようか。
あらすじすっ飛ばします。

皇帝がギアス使いは目から鱗、スザクも何か吹っ切れたみただし、軍人らしくなってきた。
これでスザク皇帝の論理に飲み込まれて、ゼロが正義に目覚めたら面白いけど。
C.C.に目覚めさせられてからの統率は見事、ここは痺れた^^。
でも1年の情報不足はいなめないとこ、それでもスケールの大きさは見事で、総督まで潰す手並。
ゼロの放送ジャック、中華連邦領事館への脱出もなかなか。
でもギアスの大判振る舞いか。
ロロは監視役ってとこか、新キャラ?それとも以前にどこかで?
大事なキャラがほとんど生き延びてるのはまあ仕方ないか。
で、作品に対することだけど、前作との違いは歴然、情報は普通、前作並の濃密さは無い感じ。
最後の次回予告以降のコミカルさは日曜の夕方だから?
内容の殺伐さを薄めようとしたり、一貫性にかける印象。
とはいえ面白さは認めないとな。
これからも期待はしてるよ。
Date: 2008.04.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

狂乱家族日記 新番組「凶華様 君臨す!」レビュー

やっと今季のアニメの最初の放送のブログが書き終えます、その数29本、頑張ったぁ。

設定は架空の日本?っていうか大日本帝国らしいです、この国。
そこで超常現象対策局の乱崎鳳火はある日突然、地球のためにある猫耳少女と結婚させられる^^;。
何やら1000年前に死んだ閻禍という化け物の呪いで、閻禍の子供が産まれたとかで、その候補を一同に集めて家族になって生活しろってことらしい。
その子供候補の筆頭が鳳火の妻で猫耳少女だけど20歳の凶華、とにかくマジェスティな性格で超人的な力もあるから手がつけられないw。
しかも他の閻禍の子供候補は鳳火の子供になるんだけど、普通の少女やクラゲ?ライオン?メカ?さらにおかま?
ってわけで一目騒然な強烈家族の日常が始まるらしいです。

情報量が凄い、っていうか早口だし、声かぶりすぎw。
それでも絵はこんなだから質としては良いと思うし、ラノベからでここまでやったら良いんじゃないかな。
ただ凶華の言い方は結構キンキンしてるし、情報の詰め込みは少し気後れするかも。
それでも悪くないと思う、これから次第かな。
にしてもEDはぽてまよ想い出す^^。
評価はB-くらい。

Date: 2008.04.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

アイドルマスターに染まるまで その5

ちょっとアニメの初回ブログにはまってました。

さて、youtubeでアイドルマスターの動画にはまって、そのうち知るのです「この動画はニコニコ動画からの転載です」という文言に。
ん?これってなんだ?
ってわけでついにニコニコ動画に手を出すことにw。
その新しい世界はなんともネットピープル向けで、ネタと才能の無駄使いのような、とっても閉じた世界w(褒めてますw)。
特に見ている画像にコメントが入れられるのは斬新でした。
ちなみに今回の新アニメの「ドルアーガの塔」のネタ的な初回にもコメントが流れていきましたねw。
中には「そんなの書いて欲しくないよ」ってコメントもありますが、それには「~自重」などという非難のコメントが入ったり、なんだか不特定多数で一緒に見てる感覚でした^^。
これもしばらく見てるとその世界に慣れて、、、きっちりレールに乗ってしまったみたいです^^;。
そこでもアイドルマスターの動画は多数あったんですが、とにかくMADとよばれる自分の好きなようなアレンジしたものが多くて、好きなキャラを溺愛するあまり、俺の嫁を更に美化したり、その個性を強烈に反復させたりといろいろ。
もちろんアイドルマスターL4Uが出たばっかりでそういう映像も。
その動画の画質の良さはやばかったです、質にこだわるようになったら終りだなあ、と思いつつしばらくはやみつきでした。
でも知らなかったんです、まだその深さを、、、。
つづく
Date: 2008.04.19 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

純情ロマンチカ 新番組「事実は小説より奇なり」レビュー

素直に冒頭で見るのやめようかとw。

設定は現代、学園もの、有名小説家だけどBLも書いちゃう宇佐美秋彦に家庭教師してもらうことになった高橋美咲(男)、BLモードに持ち込まれたり前途多難。
互いの第一印象は最悪も、互いに美咲の兄を慕う身で一致団結して勉強に向かい、美咲はだんだん秋彦のペースにはまって、いつの間にか、、、。
そんな時、兄の誕生日に兄は婚約者を連れてくる、秋彦の兄への想いを知る美咲はいたたまれず、涙を流し秋彦を慰める。
結局、兄の結婚と転勤、大学に合格した美咲秋彦の家に転がり込む、いったいどうなる?

ごめんなさい(なんで謝る^^;)。
無理です、BLだけは、、、。
絵はそれっぽいんだろうね、展開は早くてこれから新しい生活が始まるとこまで、これから楽しみな人もいることでしょう。
展開は悪くないけど、話がどうしても、、、。
評価はC+だけど今回で終了で。
Date: 2008.04.16 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 新番組「魔神が目覚める日」レビュー

やっと前作の最後を見て、こっちへ。

ブリタニアに征服された日本はエリア11と呼ばれ日本人はイレヴンと呼ばれ蔑まれてきた。
そこで立ちあがったのが皇帝を怨むその直子ルルーシュことゼロ、そして結成した黒の騎士団、しかし最終決戦の最終局面で指揮官であるゼロの謎の離脱で壊滅、ゼロも死んだという。
それから1年後の世界、ルルーシュは普通に学生生活を送りロロという弟(?)がいる、黒の騎士団の残党狩りに巻き込まれる。
でもそれは残党を誘き寄せるための餌、ルルーシュは偽りの記憶で操られていた。
しかしC.C.との出会いと餌として見限られた時、全ての記憶が甦る。

絵は以前のように良質、CLAMPだし文句はない。
けど、始まりとしては少し物足りない。
以前のような情報の攻勢はなりを潜めて、もちろん視聴者を困惑させる狙いもあったろうけど、インパクトには欠けた。
今後前作の最後の場面以降の話も出てくるとは思うけど。
前作の最後もセカンドシーズン作るために作られた感じがあって、作為的過ぎて引くし、多分収束させる話だったろうに逆に広げた終わり方。
もともとかなりご都合主義的な作品だからあまり作為が見えると面白さが減るような。
今後の展開はゼロがルルーシュと知った形で進んで行くんだろうし、C.C.の謎、ロロも作られた人?
スザクの動向、何故皇帝の面前に?
黒の騎士団に加担した人達は?
ジェレミアやヴィレッタ、ナナリー、アシュフォードの人々はどうなった?
まだまだ沢山謎の中、まあそこには惹かれるのだけど。
それでも質の高さは申し分なく、評価はBってところ。
Date: 2008.04.16 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

学者AF3 真紅のグリモア体験

59になったのを期にLSの人と一緒に行ってきました^^。

AF3の真紅のグリモア、あまり情報が無いみたいなので大変だったのですが、LSの人に声をかけたら4人でかなり余裕の戦いになりました。
報告では赤や忍はソロで行けたという人がいたからこれで問題ないかと。
でも自分はメイン白で難しいから助けてもらうことに。
PTは忍赤黒白。
学者は上げているから何をやってくるのか想像はついていたけど、魔法とか最初は範囲化あまりされないかと思ったけど結構してきました^^;。
後半2アビで来るけど、大きく攻撃が変わった印象は無い感じで。
面子的に火力は不足して、精霊は結構レジられてたので基本は力押し。
敵の短剣は間隔が短い上に命中も高く、魔法は範囲化するので蝉はやっても意味なかったみたい。
そうは言っても向こうにも決め手が無いので順当に削って、こっちはシギルとリフレあれば後衛は余裕、崩れることもなく、サポ学で白グリすればMP節約になりますし、前衛と後衛一人ずつでもなんとかなりそう。
ソロで行ける人がいる以上、当然ですけどね。
そんなこんなで全部揃って、これで安心してレベル上げに打ち込めます^^。

ついでに自分の学者マクロを
①まず白が滅多にいないレベル帯だと、範囲プロシェルが必要になったりします。
でも困ったことに範囲は間に/waitを入れないと魔法へ繋がらないので
/ja 女神の光臨の章 <me>
/wait 1
/ma プロテス? <me>
としています。
最後は<t>でも良いのですが、タゲミスすると手動にするしかなく、後衛にもかけたい時は自分でみんなの距離計ってかけた方が失敗がないかと。
なお、これだとマクロはプロテスとシェルで2つ作る必要があります。
でもプロテスとシェルを2分くらいしてずらしてかけたり、学者が2人いるときはこの方が便利だったりします。
白グリ黒グリ時、/echoで状況説明出したり、着替えたりします。
/ja 白のグリモア <me>
/recast 黒のグリモア
/recast 女神光臨の章
/recast 精霊光来の章
/equip main ライトスタッフ
これだと、二番目で黒のグリモアがすぐできるかどうか分かるし、三、四番目でチャージ数やチャージのリキャスト時間が分かります。
それに白グリ時にこのマクロを使ってそれぞれの情報が分かるので結構便利。

他にもありますが、今回はこれくらいで。
やれることが沢山あるのでサポによってパレット変えたり、面子によって変えたりするのも一つですね。

今回はここまで。
Date: 2008.04.14 Category: ファイナルファンタジーXI  Comments (0) Trackbacks (0)

2008春アニメチェック(1)

2008春のアニメ29本チェックしてみました。
切ってくための目的もありなので近々詳細も加える予定。

評価はABCDEのAが良い方で、もちろん多少の主観は入ってるし、見てるの多すぎて混乱してるとこもあります^^;。

評価
B+ ソウルイーター
B- BLASSREITER
B- 
B- マクロスF
C+ ヴァンパイア騎士
C+ RD潜脳調査室
C+ S・A
C+ ネオ アンジェリーク
C+ 隠の王
C+ 図書館戦争
C+ ゴルゴ13
C+ イタズラなKiss
C+ BLUE DRAGON 天界の七竜
C+ 彩雲国物語2
C± 絶対可憐チルドレン
C± 我が家のお稲荷さま
C± 二十面相の娘
C± あまつき
C± 秘密~The Revolution~
C± xxxHOLIC◆継
C± ToLOVEる
C- モノクローム・ファクトリー
C- メイドガイ
C- ドルアーガの塔
C- クリスタルブレイズ

まだ未チェックな番組
コードギアスR2
純情ロマンチカ
狂乱家族日記

残念ながら見るのやめた番組
D+ D.C.2s.s.

質が良ければ、たいていのジャンルは見るけど、捻り不足や趣味趣向の関係でハーレム、ギャル系は苦手みたい。
こんだけ見てると全部見終わった時に名前だけだとどんなんだったか思い出せなかったりしますw。
まあそうゆうのが消え候補w。
あとコードギアスは前作の最後をまた見ないとなあ、なんて思ってる間に他を消化してて、、、なんとかします。
以上
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

二十面相の娘 新番組「扉」レビュー

漫画からの移植なんだ。

設定は少し昔の話、怪人二十面相が世間を騒がせていた頃、資産家の娘美甘千津子は推理小説が好きな11歳の少女。
でも両親がなくなって叔父と叔母に養われていたのに、資産を狙われ砒素で殺されそうだと気付いてしまう。
それを救ったのは二十面相、この家で最高の宝は千津子だと言い千津子も行きたいと言う。
こうして二十面相とその仲間たちと旅に出ることになる。

う~ん、可も無く不可も無く、あくまでつかみの部分で千津子二十面相と出会って、一緒に行動することになるまで。
とはいえ痛快さはありそうな雰囲気、二十面相の仲間達と外国にも行くし幅はありそう。
それでも千津子が砒素混入に気付くとか、盗賊と言えども人を殺すことの業の重さを語ったり、そこそこ暗い部分もあるし悪くない。
絵はあんまり良くないけど、スケールはあると思うし、登場人物も今回は少なかったけど全体としては多そうな感じ。
評価はまだよく分からないからCって感じで。
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

図書館戦争 新番組「我ガ王子様ハ図書隊ニアリ」レビュー

電撃大王でやってんの見たから少し分かるか。
これってラノベから、って言って良いのかな?普通の小説って括り?

世界は少し近未来、でも「メディア良化法」で検閲の過剰強化に表現への弾圧、良化隊に多くの本を回収される世界。
その行き過ぎと戦うため図書館は図書隊、自己防衛のための武力を持つようになった。
主人公笠原は子供の頃に良化隊から本を守ってくれた図書隊員(これ王子様^^)に憧れて図書隊員になった、でも上官の堂上は男勝りなに常に厳しい。
失敗と自己嫌悪を繰り返して成長し経験していく日々、そして事例がおり図書特殊部隊(ライブラリー・タスクフォース)に任命されることになった。

珍しくまっすぐな話、そこが小説の持つ強さかな、漫画やラノベからは来れないかもね。
この時間帯らしく質は高く、絵もそこそこしっかりしてると思う。
移植の方法も分かり易いし、必要以上にこねないのも好感。
まだ最初だし、評価はC+。
読めないから次回からが本当の評価のしどころかな。
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ドルアーガの塔 新番組「ドルアーガの巨塔」レビュー

この作品はもともとアーケードゲームからだけどファミコンからが有名かな、自分もやったし。

設定はファンタジー世界、邪神ドルアーガ討伐のために勇者ジル(汁?)が仲間との絆や王女とのロマンス、仲間との死別を経て討伐、、、みたいな話がベタでネタでコミカルに一部始終駆け足で、ってこれどっち方向の話かさっぱり分かんないんだけど^^;。
ってのは初心者勇者ジルの夢だったりして、つかみだから^^;。

次回からは真面目にやってくれる?
一応世界は妄想も同じらしい、そうなるとオープニングも謎だったりするけど。
とにかく妄想中はツッコミどころ満載で、強引な志望フラグ、ベタな展開、ニコニコ動画?w
絵はまあまあ、動きは今回のじゃ判断不能w。
入りは面白いけど、この先は見ないと分からない。
あんまり軽かったり、ベタだったりすると飽きそうな気はする。
評価はC-、、、。
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

秘密~The Revolution~ 新番組「脳と旅する男」レビュー

この時間帯は少し話が重いな^^;。

設定は現代、警察の捜査に死体の脳の記憶を見られるMRI捜査が行われていた。
しかし殺人現場を見ること、殺人以外の全ての記憶も知られてしまうことから忌み嫌われている仕事。
その法医・第九研究室へ赴任した青木一行だが、室長剛は奇人で自分の脳を殺すことを望んでいるようなことを言う。
今回は主婦が死んだがMRI捜査をするため摘出した脳を夫が盗む、結局取り戻したものの夫が隠したかったのは妻の過去の恋人のこと、そして脳の映像を見て犯人が過去の恋人と知るが、死ぬ寸前の走馬灯のようなフラッシュバックの中に過去の恋人の姿が、でも最後に分かった真実は妻はもう忘れようとしていたこと、夫や娘を愛していること。

っていう感じで、死んだ人の脳を覗くことはその人の生き様を知ることで、これからも人間ドラマバリバリなのかな?
ちょっと裏切ってくれそうな予感はある。
絵はそう好きでもなく、動きも良いわけでなく、MRI捜査や主人公を通したの行動が見モノな作品な気がする。
でもやっぱりBLっぽい臭いを感じるのは過敏すぎ?w
次回が試金石、評価はCだけど、どう転ぶ?
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

RD 潜脳調査室 新番組「ウラシマドライブ island」レビュー

なんか入りから難解な話、つかみとしてはヤバくない?

設定は近未来、電脳化が進みメタリアル・ネットワークという新たなる電脳世界を構築したが人々はそれに依存し体も電脳化する世界。
しかし電脳世界への埋没による現実との落差から摩擦が発生、現実世界に多くの影響を及ぼすようになった。
2012年の「海が燃える現象」により多くの被害が発生し、そのさなか波留真理はその中心にいたことで50年の眠りを余儀なくされ、2061年の今、失望の中にいた。
しかしたまたま介助しにきた少女蒼井ミナモの言葉から、メタリアル・ネットワークの真実への探求へ行動する気力が戻ってきた。

難解だから、どうしても説明文章になっちゃうな。
設定は難しい、新たな電脳世界ってのは多少の現実に対する警鐘のような意味合いも含んでるんだろうけど、もっと分かり易くしたほうがとっつきは良いと思うんだが。
とはいえ攻殻機動隊にも見るように、未だ見ない世界を表現して構築すると受け入れにくいモノになるのは仕方ないところ。
来週には丁寧な説明があると期待はするけど。
絵は良い、海や空の表情に凝っているのは設定上必要だからと思うけど、かなり良い感じ。
そこは良いと思う。
まだ謎があるし親切さにちょっと欠けるから評価はC+。
でもBまで行く可能性は大きいかな。
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ゴルゴ13 新番組「AT PIN-HOLE」レビュー

言わずと知れた長寿漫画、でも今になってなぜ?

デューク東郷ことゴルゴ13は裏社会でその名を知らぬものはいないという超凄腕スナイパー、私生活にすら妥協を許さない態度が読者にイジられるくらいにw。
今回もマフィアの大物を殺して追われる身ながら、CIAとFBI直々にハイジャック犯を狙撃する任務を依頼される。
時間稼ぎとマフィアに追われるゴルゴの行き詰る展開、そして作戦不可能に思える状況の変化をも凌駕して作戦を遂行する。
そんな中で女だけはやめられないらしいw。

絵は漫画のままだし忠実な感じ。
雰囲気は良いし、今回はその凄腕や人柄の説明の回だけど、次回からは人間ドラマが絡んでくるんだろう。
全体の質には問題ない、あとは好きか嫌いかだろうなあ。
評価はC+、自分にとっては飽きるかどうかが鍵w。
Date: 2008.04.14 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

あまつき 新番組「雨夜之月」レビュー

ひらがな4文字だからてっきり、、、。

舞台は最初現代、高校生の六合鴇時は赤点を取ってCGでできた幕末を体験させられるテーマパークへ行き同じ学校の篠ノ女と知り合いになるが、どうゆうわけか別世界へ飛ばされてしまう。
そこで鵺に襲われた鴇時朽葉という女に救われる。
そして気付くとそこにがいた、しかし2年前に飛ばされていたらしく、すっかりその世界の住人だった。
時代は幕末、黒船が来た頃、その影で妖怪もいる世界。
今まで実感も持てずになんとなく生きてきた、そんな鴇時はその甘さゆえに朽葉に嫌われてしまう。

まあ異世界に飛ばされるパターン、でも男だし、現代の生き方とこの時代の生き方とのギャップが主題?
絵はそこそこ、動きは良いと思う。
設定はありがちな感じで持って行き方が問題かな。
とにかくまくやらないと。
懸念はこれはお姉さま向け?ってことだけど、杞憂では終わらない可能性高そうな。
世界は、世界はそう動いてるのか!?
評価はCくらい。
Date: 2008.04.11 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

BLASSREITER 新番組「絶望の始まり」レビュー

CG凄いけど人間ドラマっぽい。

設定はドイツの近未来、バイクのレースに飛び込んで来た死体から現れた超人的化け物デモニアックは銃やバイクと同化して人々を襲う、その最中で別の化け物がそいつを倒してくれた。
しかし未知な部分が多過ぎて、負傷した人間が感染してもいないのに死んでいく。
その事故で伝説的ライダーは全てを失ったが、その前に現れた女が謎の薬を渡す。
デモニアックは倒されたわけでなく潜伏していた、警察の特務機関XATが追い詰めたが逆襲され危機に陥る、その時、突如現れたデモニアックに似たモノがデモニアックを倒す。
しかしライトに照らされた時、その姿はあのライダーだった。

GONZOだから質の高さは折り紙付き、設定も他とは一線を画してクールな感じ。
ただ全体の雰囲気は暗く、困惑、苦悩、醜悪、というキーワードに絡んでいきそうな展開。
必要以上に難しくはしないのは好感だし、CGをこれでもかと使うのも良い。
人を選びそうな作品だけど、もしかするね。
評価は期待のB-で。
Date: 2008.04.11 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

モノクローム・ファクター 員番組「銀色の影」レビュー

男が男に対して頬を赤くするな!w

設定は現代、主人公はニ海堂明(あきら)、やりたいことも見つからず日々を過ごしていた。
さぼるにいちいちちょっかいを出す鈴野、いつもつるんでる浅村賢吾と学校へ忘れ物を取りに行って化け物に襲われる。
危機一髪で白銀と名乗る男に救われるけど無理やり契約させられたw。
化け物は影の世界から来たコクチというもので倒す手伝いをしてくれと。
でも人間に戻れない?これからどうなる?

というわけでお姉さま方のもろ標的な作品。
無駄にキスしてたり頬赤くしたり、こうゆうの作って良いのかなあ^^;。
絵はそこそこ、動きはもう一つかな。
次も見るけど、そっち方面へ流れるようだと多分終わりw。
評価はC-、次にかなりの展開ないと切ると思う。
Date: 2008.04.10 Category: アニメ  Comments (1) Trackbacks (0)

ネオ アンジェリーク 新番組「奇跡の少女」レビュー

続編というか同じパターンを違う設定で、、、。

世界はファンタジー、平和な学園もあって化け物もいる。
タナトス」という魔物が人間をおびやかす世界、浄化能力者というオーブハンターが学園にいるアンジェリークに力を貸してくれとやってきた。
突然のことに信じられないアンジェリークだったが、学園にタナトスが入ってきてオーブハンターたちも苦戦、みんなを助けたい一心で力が発動され、タナトスは浄化、女王の卵としての印も空に放たれた。

って感じでアンジェリークは女王の卵として男たち(オーブハンター)に囲まれていろいろね。
展開は前作と同じ感じ、まあ途中で見るのやめたけど、、、。
でも絵は半端なく良い、金色のコルダの絵だけどオーブハンターの絵は抜かり無しw。
色合いも前作同様きれいで、独特な色使い。
話は女版ハーレムだけど、絵だけで一応次回も見ようかな。
にしてもお姉さま向けなアニメが増えてきてしかも良質なんだなあ。
評価はC+、これからに期待。
Date: 2008.04.10 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

隠の王 新番組「目醒めるもの」レビュー

また冒頭逃げてるシーン、これが2008春の傾向?

設定は現代、でも忍者は脈々と続いていて主人公の中に秘術が眠ってる、って世界。
主人公の六条壬晴、何故か妙な同好会に誘われたり、お前は狙われてるとか。
壬晴が最初に発動したのは萌えの力だけどw。
結局森羅万象の力があるとかで忍者たちに狙われたり、助けられたり。
聞こえてくる女の声、あなたは何故力を欲しないの?
壬晴は何にも関わりたくないのに、隠の王になれ!って言われてもね。

フォルツァBL、って感じかな?w
絵は丁寧だし好きな絵ではないけど悪くない。
動きは良いし、忍者らしい戦闘、話の進め方も悪くない、ときにコミカルだしw。
気になるのはBLネタにしやすい方向に流れ過ぎないように、ってこと。
男が見ても面白い方向によろしくかな。
評価はC+。
Date: 2008.04.10 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

クリスタルブレイズ 新番組レビュー

女が追われる冒頭多すぎだよ今季、、、。

現代だけど少し科学が進んでる感じ。
ところはS&A探偵事務所っていうか少しなんでも屋な感じで、やばい仕事もやってたり。
ちまたじゃ10代の少女がガラスの体になって発見される事件が続いていて、探偵事務所のマナミサヤカは先走ってそれに巻き込まれたみたい。
結局探偵事務所のボスのシュウに助けられたけど、サヤカがガラスのように見えた少女を預かることになる。

なんだか分かりにくい展開、説明がないというか、でもそれが新鮮な部分もあるかな。
絵はあんまり良くないかな、動きももう一つ。
でもインパクトにはかなり欠けるし、他との兼ね合いで見るのよめそうな。
評価はC-、仕方ないよなあ。
Date: 2008.04.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

我が家のお稲荷さま 新番組「お稲荷さま。封印解かれる」レビュー

耳つけば良いってもんじゃないぞ!w

設定は現代、高上の兄弟が亡き母の生家の三槌家に呼び出された。
お前たちは妖怪に狙われてる!って言われて防げるか心配だからお婆さんに言われるがままに祠から呼び出した狐さま天狐空幻は全然言うこと聞かない、でもの母美夜子の名を出すと味方になってくれることに。
敵は倒したけど、かなり適当な性格で気紛れな空幻は封印することもなく、気に入られて二人の守り神になってくれることに。

っていう感じで、狼と香辛料を見た後だとなあ、、、キャラホロとかぶってるし、これでツンデレだったら、、、。
流れもちょっと似たような感じなのかなあ、でも展開は少し読めそうな気も。
一方で護り女のこうも一緒に来るし、空幻は女の姿で狐耳付きだし同居するだろうからそっちなきたいも?w
絵は普通、動きはそうでもない。
雰囲気は「風のスティグマ」と「レンタルマギカ」と「狼と香辛料」が並んでいて、それぞれつまみ食いした感じ、他の神が出てきたりするなら面白いかも。
設定は展開が読みやすいからこれからが大切、裏切って欲しいかな。
評価はC、これから次第。
Date: 2008.04.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

D.C.?s.s.新番組「深雪の如く」レビュー

知り合いはこのアニメで毎回悶えるらしいのだけど、続いてるから人気あるのかな?

多分いつもの設定、?なのにセカンドシーズンなのは仕様らしいです。
設定は現代、主人公は桜内義之は超典型的なハーレム状態w。
幼馴染な姉キャラ、妹キャラに家主は同級生、クラスメートにも元気キャラ、無口キャラ、委員長、学園のアイドルに気になる子と抜かりなしw。
クリスマスパーティーの話をからませて人物紹介な回だね。
でも裏の桜が鍵?

基本は姉キャラ音姫がヒロインなの?
まあギャルゲーだしアニメも売れてるし、ファンはついてるんだろうけど、前作も初回で見るの止めたし今回もそんな感じ。
こうゆうアニメは設定が不自然だし、あまりにかけ離れていて向かないなあ。
絵は普通、コミカルさはあるだろうけど、なんとなく絡み合いが想像できる感情の流れ。
評価はD、初回しか見ないかと。
Date: 2008.04.09 Category: アニメ  Comments (1) Trackbacks (0)

アイドルマスターに染まるまで その4

何度も書きますがゲームはやってません!
あしからず。

今回は少し脱線してはまり動画の変遷を。
上にあるように全くプレイしてないもんだから、ネタは置いといて素直に歌ってるシーンを見るのが好きなわけです。
でも繰り返し見ていると普段何気ない時に頭の中を曲がループし始めたりしますよね。
基本的にこのあたりの曲は常習性があるんだと思うのだけど微妙なネタ混入で更に印象が強くなるから困ります。
その順番は
ふたりのもじぴったん(やよい){これはネタだと最初知らなかったりしました^^;}
エージェント夜を往く(真美)
蒼い鳥(美希→千早)
relations(美希)
shiny smile(PV){映像の鮮明さが凄かったです}
って言う感じで他のももちろん見てはいえるけど、頭の中でリピートするのはこんな感じで。
まあこの後であえて避けていたニコニコ動画に手を出す展開もあるので、またその時に続きがあるのかも、、、。
つづく
Date: 2008.04.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ソウルイーター 新番組「魂の共鳴~ソウル=イーター、デスサイズになる?~」レビュー

独特な雰囲気を持ってるけど、この時間向き?

設定はファンタジーとか近代英国とか現代とか入り混じってて、結構アニメな世界、まあなんでもありなね。
死神武器職人専門学校の少女マカはその武器のソウル=イーター(男)に鬼神の卵と化した魂を食らって死神様の武器「デスサイズ」を作るために敵を倒す、って話。
他にも職人と武器の組がいくつかあるみたい。
そうやって、今回は最後の魔女の魂を取ろうとしたけど、諸事情により失敗、展開は楽しい。
マカの父が面白いw。

絵は特徴があって良いし質感や肌触りが他とは違う、魔女もいれば死神もいて、服装は西洋な現代風、空には顔付きに三日月が口から血を流してたり、とにかくどんな飛び道具も許容できそうな舞台。
戦闘の動きは秀逸、大きな柄物の大鎌での戦闘には躍動感もあって、一方でその最中の余裕というかコミカルさもあるし、全体のレベルが高い。
コミカルさの中にグロさもあって、魂をおいしそうに食べるとことか少女の表情をひきつらせるとかは好感。
キャラも分かり易い一方で一本通ってる感じ。
とにかく今までにない方向性で素直に出来が良いと思うからかなり期待。
評価はB+、次も良ければ更に上がりそうな。
Date: 2008.04.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ヴァンパイア騎士 新番組「ヴァンパイアの夜(ナイト)」レビュー

うわ、真下のレビューのデジャヴュ?
こっちはLaLaですか。

設定は現代っぽいけど、ヴァンパイア出てきます。
黒須学園の1年生黒須優姫は10年前からしか記憶がなく、理事長に引き取られ今は人知れず理事長の理想のヴァンパイアと人間の共存を夢見てて間に入って守護係(ガーディアン)をしている。
でも共にガーディアンをする錐生はヴァンパイアを目の敵にしていた。
その学園のヴァンパイアをまとめているのは良いヴァンパイアと思われている玖蘭(かなめ)、10年前に優姫を救ってくれたが多くを語らず、影を持つ男。
彼らをヴァンパイアと知る人間は理事長とガーディアンだけ、一方のヴァンパイアたちもタブレットと呼ばれる薬で吸血を抑えているけど不穏。

流れは優姫のハーレム?
も好きそうだし、なんか血がおいしそうみたいなフラグもw。
もヴァンパイアっぽいし、男の苦悩ふりまきそう。
絵はそこそこ、声が堀江由衣ってだけで加点w。
展開や設定も込み入ってるけどよくできてる感じ。
主人公はコミカルだけど、全体にシリアス調、まだ最初だし期待できそうな感じ。
評価はC+。
Date: 2008.04.08 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

S・A~スペシャル・エー~ 新番組「光・慧」レビュー

花とゆめ、ってわけで少女漫画なんだろうね。

白選館学園高校に通う華園は学園のもっとも優秀な7人、S・A(スペシャル・エー)に選ばれていて衆目の的。
そのS・Aの面子は良い家の人ばかり、そのトップには6才の時にが負けた滝島がいて、一方的に挑戦し続けるけど一度も勝てなくて。
って本人もかなりのとこまで行ってて二人で他の追随を許さない感じ^^;。
でももにくまれ口は叩くけどを認めていて、ちょっとツンデレな感じもw。
そんな楽しい仲間と学園生活、って感じかな。

結局は互いに相手も見つめていた、って感じでちょっとほのぼのw。
絵はちょっと粗いし典型的な感じ。
今回は設定の説明が多くて、キャラ個性的をアピールして、の感情ものぞかせて。
これからって感じかな。
一応人気ある作品らしいから、評価はC+で様子見。
Date: 2008.04.08 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

絶対可憐チルドレン 新番組「絶対可憐!その名はザ・チルドレン」レビュー

OPは結構良いかも、日曜の朝っぽいけどw。

設定は現代っぽいけど、エスパーが存在する世界。
内務省特務機関超能力支援研究局B.A.B.E.Lの特務エスパーチームの10歳の少女たち、明石、野上、三宮紫穂は最強レベルのエスパーだけど不真面目ではちゃめちゃ。
でも強すぎる能力は畏怖の対象、リミッターで能力を制御され、嫌われ恐れられる彼女たちは少し自暴自棄。
そんなときになんでも鉄に変える能力を持つエスパーを退治することに、その最中遭遇した皆本光一は彼女たちを普通の少女として扱い、身代わりになりリミッターを解除する約束を果たし、敵を捕まえることができた。
その後、光一は晴れて特務エスパーチームのチーフになる。
って感じでこれからこれから。

絵は原作に忠実な感じも、最初の掴み狙いすぎな感も。
基本ドタバタでコミカルな感じだけど、最後に敵らしき少年の存在でどう動く?
ところどころのCGは少し目立つ感じで、落差は気になるかも。
キャラ付けの確認はこれからも、そこそこ面白そうな感じ。
でも登場人物少ないのかな。
評価はC、可も無く不可も無く。
Date: 2008.04.07 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。