スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ドルアーガの塔 最終回12話までレビュー

ドルアーガの塔へ登るファンタジーもの。

アヌの夏と言われるモンスター達の魔力が弱まる時を狙って冒険者たちはなんでも望みが叶うというブルークリスタルロッドを求め登り始め、主人公ジル、とその仲間、同じようにジルの兄ニーバやウルク国親衛隊のケルブやエタナなども登頂を始めるが多くの犠牲を払って頂上に辿り着いた時、強力なドルアーガが現れアヌの夏が終わり退路を断たれ、決め手を欠く中で一縷の望みを賭けて共同戦線をはる。
登頂によって成長したジルは皆のための囮となることを求め、皆もこれが最後の戦いになると感じてそれそれの想いの欠片がこぼれ出す。
その最中でニーバは別の目的が?
戦いは皆の想像以上の働きの中、勝利で幕を閉じる、しかしニーバは知っていた、ここにあるロッドは真のドルアーガの塔への入り口の鍵に過ぎないと。
そして同じく事情を知っていたらしいカーヤと共に真の塔へ消えて行った。
あっけにとられる一同。

って感じで2ndシーズンありな流れ。
ニーバカーヤの思惑は分からないままで結局裏切られたと感じた人たちでまた登り始めるんだろうな。
確かに1クールであっさりボス倒して終了も面白くないとは思う。
謎も満載のままだし。
でも結局考えの小さいジルファティナが大きな何かの潮流を知るニーバカーヤに裏切られた構図、顔洗って出直して来いって感じもw。
全体としての感想は、ファンタジーらしいテイストと主人公の成長、それでも大きな何かに翻弄されたりは定番ながら最近にないストレートさが良いと思う。
まあ初回の遊びは過ぎたかなと思うけどw。
ジョブとしての特徴も結構出ていたし、主要な人物に死人も出た、悪くない流れだと思う。
この感じで次は少し重く、更に新キャラ入れば幅が広がりそう、ちょっと先過ぎるのは残念だけど。
とにかく次のシリーズを楽しみに^^。
スポンサーサイト
Date: 2008.06.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

新番組 フルメタルパニック!TSR 1話レビュー

期待以上でも期待以下でもなく。

入りはシビアに軍事政権の横暴の鎮圧も、圧倒的であるはずのミスリルが先手を打たれ宗介は窮地に立たされる。
もちろんなんとかテスタロッサに救われて日常に戻って高校の単位を死守するけど、かなめには今日も怒鳴られるwっていういつものパターン。

世界が出来上がってるし、必要以上の新しいキャラも必要じゃない世界。
ただ敵組織の影が見えミスリルも安泰とはいかない雲行き。
個人的には学園どたばたでも良いのだけど、、、。
まあフルメタファンであれば問題ないかと。
新しい要素も欲しいけど、良い意味で裏切って欲しいかな。
Date: 2008.06.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

RD 潜脳調査室 12話「光のない朝」までレビュー

士郎正宗のアニメ、雰囲気はそう。

メタルという海のような電脳世界が発達したけど、様々な問題も、その中で電脳ダイバー波留真理は50年の眠りの後に起きて、失意の中で女子高生蒼井ミナモと出会う。
擬態化せずに快活で諦めることを知らないミナモ真理に影響を与え、響き会った二人は協力するようになる。(結構アバウトだけど、、、)

今回は電脳世界のメタルアーティストイリスが失踪、と同時にミナモエイミーという生まれつき全盲だったが見えるようになった少女と出会う。
その少女が実はイリスだったが、視覚を取り戻し普通の生活を始めた。
でも盲目に順応していた全ての器官との違和感は大きく、ミナモに一時は救われて普通に生活する努力はしたが、アーティストとしてみた独特の世界の光を求め全盲へ戻っていった。
それはミナモとの別れでもあった。

相変わらず話に深みがある。
今までの士郎正宗の世界は電脳、擬態化で占められた世界だったが、今回擬態化せず若く冷めてないミナモが入ってテイストは全然違う印象。
今回の話も全盲に視覚を与えることが決して良いこととは限らないこと、更に電脳世界があることで健常者にはできないことができる可能性が面白い。
その中でにミナモのエイミーを助けたい気持ちと別れ。
なんだかんだでミナモはいろいろ分かってる賢い子で、それが悩みであったり切なさになったり。
これからどっちの方向に向かうのか、まだ地球律という謎もマルっと残ってるし。
それでもゆっくりした中で進む物語を見続けて行きたい気持ちも。
まだまだ楽しめそうだけど、終盤難しくなるんだろうなあ^^;。
Date: 2008.06.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (2)

学者75達成^^

昨年のアルタナ拡張ディスクから上げ始めた学者、週1、2回くらいのレベル上げでゆっくり上げてやっと達成^^。
トピック分けて。

?正直学者の汎用性と後衛不足、特に範囲プロシェルが便利なことがきいてて自分からPTを組まずに誘われるだけで上げられました。
他にも弱いの連戦で誘われるケースが多くて、机上演習のおかげで座らないで良い学者はそういうとこでも重宝されましたね。

?レベル上げでは最後半の70以上は結構あっという間でした、これは自分でも予想外。
70に入ったのが6月なのにもう達成です。
カダーバで良いポジションとPTに恵まれると指輪使って平均時給10000くらい行くことがあったり、学者だとメリポにも誘われて同じくらい稼げて、70~75の経験値15万弱もすぐでした。
75までの累計の経験値の後半2割なはずのにすぐなので、後手を踏んでる人は70までを目標にすると良いかもです。
ちなみにソロで20くらいまで上げてからPT組むように、砂丘とか好きじゃないので^^;。

?あとは学者は魔法に金がかかるのが結構効いてました。
ただ、大きな変動は無いものが多いので高くなる心配も安くなる期待も無い感じで^^;。
自分はメイン白、黒40で始めたので学者専用魔法と精霊の?、?系、ディスペル、スリプルとかですか、それでも40万Gくらいに済みましたが、ライトユーザーでレベル上げばっかだと結構きついでしたね。

?今後はパッチのクエやミッション終わらせて、学者75でできることや魔法を全部青字にすること。
それが終わったらからくり士でも上げようかと。
相変わらずやること尽きないですねえ^^;。

今回はこんな感じで。
Date: 2008.06.25 Category: ファイナルファンタジーXI  Comments (0) Trackbacks (0)

一気に学者74歳

ライトユーザーと言いつつ、皇帝とアニバ使って急激にレベル上げしてる今日このごろ。
週2回レベル上げで、目標は7月までに75のはずだったのが、超稼げるPTに当たったりメリポに誘われたりで、学者の器用さが結構売れてる感じです^^。

学者の話、知っててもらうと良いかもって話を。
?机上演習
これは3秒に2HP減って2MP増える、っていう変則リフレのようなものです。
ただし机上演習かかってる時はリフレがかからず、リフレ<机上演習、のようです。
でもバラードとエボカーロールはかかるので、詩人かコルセアいると座り知らずw。
なおストスキをかけないと座れないのが痛いとこ、それで座らないってのもあったり^^;。

?ストナが使える。
実はメイン白以外に学者だけが使えます。
ただし白の遺補をしないと使えないので即座に対処するには白のグリモア状態でないと使えません。
だから精霊魔法と併用ってのは望みにくい感じです。
なお50レベルからになります。

?ディスペルは使えるのですが、、。
これは黒の遺補をしないと使えないので即座に対処するには黒のグリモア状態でないとダメで、回復のMP消費が多くなってしまいます。
更に範囲ストスキや範囲プロシェル時はディスペルできません。
このあたりは赤の汎用性が羨ましいです。

?インスニも範囲化できるよ。
これはPT終了時にやったりしますね、走って帰れる時なんて結構重宝します。
他の人は何かしら消費するのですから頼むのもありかと^^。

?逃げる手段として。
実は学者はスリプルが使えるのですが、これも黒の遺補でないと使えません。
でもサポ黒なら問題なく使えます。
更にエスケプやトラクタも使えて、逃げる手段としてはサポ黒が良いわけです。
このあたりは自分も悩みますが、たいてい寝かせ役は他にいたりするのでサポ白が多くなりますかね。

?学者二人いると良いかも?
実は学者はMP効率が良いので二人いると役割分担でいろんなことができるようになります。
例えばサポ白とサポ赤で範囲ストスキと範囲エンかけて、片方は常時黒のグリモアにしてディスペルしたり、範囲プロシェルもチャージ2回消費は結構きくのでプロ担当とシェル担当に分けたり。
他にも黒担当と白担当に分けるとそれぞれの特性が際立つので学者で話し合ってやらせると結構面白いと思います。

こんなのも知った上で学者さん誘ってもらえると助かりますね^^。
Date: 2008.06.23 Category: ファイナルファンタジーXI  Comments (0) Trackbacks (0)

新番組 テレパシー少女 蘭 1話「蘭、テレパシー」レビュー

NHK教育ではじまった電脳コイルの後番組。

舞台は現代の小さな田舎の町、その中学校の新入生が主人公。
天真爛漫で幼馴染の留衣と付き会ってる?
そんな時、頭の中から聞こえてくる声と怪事件、そしての前に現れた謎の少女
の心を読み、警告を出し続ける。
その少女がのクラスに転入してきてを挑発し、ついに力が発動!

って感じであさのあつこ作、のっけから急展開。
NHKらしく登場人物も少ない感じ。
声はは加藤英美利、は植田佳奈。
まだこれからって感じだけど、展開はきっと面白い。
ただ幼馴染の留衣の人間ができすぎてるのが気になるかな。
ちょっと無人惑星サヴァイヴな臭いがするかも。
Date: 2008.06.23 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

紅 最終回12話「われ存在り」までレビュー

1クールで終わるのもったいないけど、このテイストはこの量でしか出せないのかな。

真九郎を救うため奥の院へ向かい紅香弥生もそのまま帰れず、それぞれが九鳳院の者と対決する。
そこで繰出されるのはが言っていた言葉「母のようにはなりたくない」と夕乃と習った技、最後の敵はの心。
そしては意志を持ち、父蓮丈と対峙し、言い放った言葉を後押しする真九郎紅香
の気迫、母への想いに圧倒され蓮丈が奥の院から出ることを許可する。
紫はいろんなものを見てから判断して九鳳院の女として九鳳院を変えると言った。
一件落着、心配する人達にメールを送る真九郎弥生に軽口を叩く。
紫と真九郎は離れてしまうけど、また会おう。
これが本当に恋だったのか、それを二人は気付いていたのか、でもお互いの心にお互いがいること、それだけは確かなこと。

なんという独特のテイスト、こうゆう終わり方もありなんだろうな。
中盤の紫と五月雨荘の人達との絡みはかなり面白くて、その時点では今季ナンバー1だったかもw。
一方で紅香は紫に多くのものを見て体験して欲しいと願ってたのだから、あながち幼女育成というスタンスも間違ってない。
と同時に真九郎も育成されてたようなね。
更に学校や五月雨荘の女たちに囲まれる真九郎の妙なハーレム状態も微妙なテイストw。
ギャルアニメには無さそうなキャラが満載だったし、それぞれに何かしらの芸というか技があって面白かった。
下町のボロアパートメインなのに明るくて、それはOPやEDの曲調も手伝ってたと思う。
様々な異質なテイストがバランス良く散りばめられていて、軸になるストーリーは一本道。
結局真九郎が崩月からは離れられないとか仕掛けも凝ってた気がする。
あとは弥生が好きだったからもw。
続編も作れそうな勢いだからぜひw。
Date: 2008.06.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

コードギアスR2 10話「神虎輝く刻」までレビュー

自分の評価は結構低い作品。
前作のぜいたく感が影を潜めた印象。

中華とブリタニアの政略結婚へクーデターする神虎に乗じて現れるゼロ、まんまと中華、ブリタニア、神虎の裏を突いて天子を奪取。
ゼロの目的はブリタニアに対抗する中華共和国を打ち立てること、根回しはあるものの天子は必須。
そこへ宦官の都合で神虎は許され追撃、神虎カレンを囚え、地の利を生かし戦略でも黒の騎士団を圧倒。
窮地に追い込まれるゼロ、しかし最後の秘策がある?

って感じで今までに無い流れではあるけど、面白くはなってきた。
ナイトオブラウンズと中華に囲まれて、利用できるのは神虎
天子は戻っても幸せになれないわけで、いっそ神虎吸収がベストな。
一方でルルーシュ、学園にいた^^;。
前と違って伏線散りばめは無い、まあ多少のご都合主義的展開は影を潜めたか。
まあここを抜ければ中華共和国の夢は近づくのは確か。
でもカレンがナイトメアから引きずり出されて本当の囚われになる前に決着つきそうだから展開早いんだろうな。
あとは宦官死ね!w
まあフラグ立ってるから来週が楽しみだけどw。
Date: 2008.06.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

二十面相の娘 8話「人間タンク」までレビュー

フジテレビだと番組変更で見逃してやめる人多そう。

二十面相が消息を断って、千津子は日本に戻り、またあの嫌な叔母と暮らす日々。
でも明智と会ったり、二十面相の言った通り、見て聞いて考えるの実践で高校にも通い始めた。
そんな折、二十面相の遺産の研究にのめりこんだ研究者に狙われた千津子、でもそれに乗じて面白いことを探していた千津子の同級生で面白いことを探していた春華が自ら巻き込まれ、それを助けに千津子も。
って感じで事件は解決したけど、二十面相の遺産(実は結構不明で多岐に渡ってるらしい)をめぐって狙われることを示唆されたり、春華と仲良くなりそうな予感。

使えない探偵はうざいけど、利用価値ありw。
二十面相がいなくなることは織り込み済みで、そこまでは見ようと思ってたからこのあたりが試金石。
まあ絵も動きもそれほどではないし話が暗い、でも謎は結構楽しみなところも。
テイストがスカルマンのようなレトロな感じで、アニメ好きは敬遠しそう。
まだ見限るには早いような気がするからもう少し見ていこうとは思ってるけど。
ただワンパターン化しないで、話が進んでいく展開希望かな。
個人的には二十面相の狙いは千津子の成長で、それが大戦の暗部と言われる二十面相の遺産にあると踏んでる。
あとあそこまでの経験した千津子がいじめも意に介さないとこは、実は今の現代への示唆がある気がする。
そんな感じ。
Date: 2008.06.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

隠の王 10話まで

これって今クールで終わるのかな?知らないけどタイミングでレビュー^^;

雷鳴雷光に黒我聞を取られた回まで。
釘宮理恵な男の子キャラだったり、お嬢様方向けな雰囲気と良い最初はどうだろうと思ってたんだけど、忍びの話は結構面白くて見てました。
最初は森羅万象を持つ壬晴をめぐった争いかと思ったら、今は壬晴宵風の共同戦線な様相に。
互いの仲間をある意味裏切ってるあたりが苦悩を産むし、壬晴は全部背負い込んでしまうとことかも。
まあそういった苦悩系が好きなんだろうなあ、その手の人たちは。
そうは言っても繊細に心象を描写するのは好きだし、戸隠首領八重禁術の飯綱心眼で見えてしまうあたりも面白かった。
それでも人を簡単に殺せる虹一、殺せない、一族を殺した兄を倒せない雷鳴と悩みキャラはいくらでもw。
複雑すぎる上に風魔も灰狼衆も考えてることがイマイチはっきりしない、だから面白いんだけど。
今回は新キャラの恋人英が出てきた、結構殺伐とした話の中で暖かいキャラ来た^^。
でもその優しさが壬晴宵風には馴染めないのがもどかしいし、このアニメだと素直になるのも考えづらいような。
でも鍵を握る可能性もあるな。
にしても灰狼衆の身内の粛正とか、何か大きな前触れな可能性も、灰狼衆が持つ禁術「気羅」と風魔の禁術書「転変化」、萬天は意外とまだ出てないし戸隠の禁術書「飯綱心眼」は風魔に、残るは甲賀の禁術がどうなるか。
全体としては悩んでばっかだけど、確実にある方向に向かっているみたいだし、今後急展開の可能性も?
Date: 2008.06.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

紅 10話まで

佳境に入ってきたので一丁レビュってみます。

が九鳳院に連れてかれた次の回まで。
なんというかの無邪気さと、なんとも幼児育成的な生ぬるさがかなり良い作品。
真九郎を取り囲む夕乃銀子、五月雨荘の闇絵紅香弥生もキャラとしてかなり面白いw。
特に五月雨荘の二人がに変なこと吹き込んだり、やりたい放題なとこは和むw。
でも前回では九鳳院に連れていかれて仕事に集中しろという紅香と他の人々のそれで良いのかの声で葛藤して、まあお決まりの連れ戻しなんだけどね。
でも五月雨荘を出ろという紅香のいない部屋での過ごし方が分からなくなった真九郎とか、雰囲気がなんとも滲みてくる感じでたまらない。
も奥の院に入ることになって、なんというか絶望感がにじみ出てた。
このしっとりとして雰囲気作りが良い作品にしてるんだと思う。
質はそうでなくてもバランスや丁寧さはかなりのものと思う。
キャラをみんな好きになってしまうしね。
あとはOPとEDが明るくてスタイリッシュな音楽なのに、話の中ではむさくるしいアパートだったり和風な九鳳院だったり、ってのの対比がなんか凄く斬新で新鮮だった。
今クールで終わる作品だけど、今までの持って行き方からじゃ結末が読めないのも良い。
ハッピーエンドなのか、あるいはまだまだ大きな謎が隠されて急展開するのか?
紫の父である蓮丈の立場も複雑みたいだし、そのあたりも気になる。
Date: 2008.06.09 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (2)

マクロスF 10話まで

そろそろクール的に佳境な時期なので一回レビューでも^^b

ランカが映画に抜擢された回まで。
アルトは家のことの苦悩が増えてるし、一方でシェリルランカの間である意味振り回されてる感じw。
ランカは監視されてるほどの重要人物で一方でだんだん露出が増えて、最後には彼女の歌声が鍵を握るって伏線も。
シェリルもギャラクシーが消息たって不安なはずだけど結構傍若無人。
ただ無くなったはずのイヤリングが上層部で脚光浴びて、戦闘中もシェリルの歌声が漏れてたように何か謎をはらんでる?
この二人はバジュラとなんらかのつながりがあるのか?
そしてランカも見守る謎の少年、ランカを助けたことでアルトとも面識できたし、これから何度も会うのだろうけど、生身の体じゃないだけに戦闘ではアルトに分が悪いか。
大統領首席補佐官のレオンの不穏な動きもあって、まだまだ謎があるってことか。
可能性としてはバジュラに絡む何かがもう人類の中に入りこんでいるとか。
もちろん鍵を握るのはランカシェリルあたり。
恋の行方も含めて目を離せない^^。

作品としてはかなりの質を誇っている。
メカの出来、動きは文句なしだけど、最初のマクロスのシステムから進化し無さ過ぎな気はする。
まあクオリティは高いけど、斬新さは無いかなと。
あとは歌も本気で作ってて、ここは最初のマクロスよりしっかりしてる、歌を戦闘シーンに重ねるのはやっぱり心が踊るし、昔のを見てたとき本当にカルチャーショック受けたのもうなずける。
話としても10話なんかはよくできてた、ご都合主義的な部分は置いといて、30分にしては内容が濃くて展開も速く、爽快さがあった。
いくら上層部が手を回しても世に出てしまうとことか。
あとは人を書く時に崩れることがあるからそこを上げたら完璧、それでも今季では一番の作品と思う。
最近のアニメは音楽に力を入れることがかなり良い効果を得ているのが多いし、この傾向は続いて欲しいかな。
まだ続くとは思うけど、バランスよく行って欲しいね。
Date: 2008.06.09 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

カンパニエバトルとビシージ、と学者上げ

最近は学者上げに頑張ってますが、なんと言ってもライトユーザーなもんで週に入るのは3,4回ですが、その中での知恵をば。

?カンパニエバトルはみなさん経験値を稼げるってことで活用してるようですね。
でもカンパニエバトルはスキルが上がらない、白メインの自分的には黒魔法系のスキルが足らないんです、、、。
暗黒魔法はまあ仕方ないとして、精霊魔法が低いと必要とされたときにやっぱりまずい。
ただでさえ69の現状だと敵が強い場合レジられまくりで用無しになってしまいます;;
しかも白不足の現状では回復を優先させなくてはならず、MP回復してくれる人がいないと基本そっちだけに。
精霊を頼まれることもありますが、その時に不安な感じにならないように精霊魔法スキルを上げないといけないけど、ソロで上げるのもままならず。
そんなときにビシージがお役立ちです。
こっちはスキルが上がるのでずっとダメ入るように?系を打ち続けます。
ちなみに入ってすぐにMP枯れるまで周りの人を回復しておけば経験値も十分入ってきます。
そうしてからラストエリクサーでも使えば、後は精霊と暗黒魔法を打ち続けて、結構ダメをつけたりもします。
一応、サポ白だとバイオは使えなくなるけど、ストスキで生き残りやすくなるしかなり良いです。
もちろん他のスキル上げたい人にもオススメ。

?学者の求められるサポ。
基本範囲ストスキ目当てに白を要求されることも多いのですが、例えば弱いの連戦だと範囲リジェネ?でもかなり使えるます。
それでもナ系がデフォルトで使えるのはおいしくて、白の遺補で使えるようになるものの精霊も、って時は白で良いのかも。
エン系目的の赤も要求としては多いけど、学者が2人いるときが多いですかね。
あとはレベルに達していればディスペルと範囲ファランクスが打てるのが大きいです。
黒は精霊でダメ出したい時はもちろん、結構忘れがちですがデフォルトでスリプルが打てたり、逃げやすくするためには有効、サポに黒がいないとトラクタも使えませんしね。
それ以外の選択肢は野良ではなさそうな感じですね。
回復能力は全部同じと考えて良いですし、そのあたりも知っててもらうと良いかなと思います。
Date: 2008.06.02 Category: ファイナルファンタジーXI  Comments (1) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。