スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

とらドラ! 第5話「かわしまあみ」

今日は冒頭から泰子出てきた~!(ブログでの「お母さん」から表記変更完了)

今日も今日とて実乃梨のバイト先のファミレスへ、って休みでふてくされる竜児
そこへファッション雑誌のモデルの川嶋亜美発見、しかも祐作と待ち合わせ!?
幼馴染とか、混乱する虎と龍w。
ってことで同席、大河はガチガチ、竜児亜美にせまられてるの?これ?
でもトイレに立った祐作に間が持たないと追随する竜児、影で見てたら、女に対しては亜美恐るべし裏表^^;。
むかつくのに十分なお姫さま&傲慢キャラ^^;。
もちろんキレた大河に叩かれたw。
しょせんは一陣の風とむかつきを抑えてた大河、でも次の日新入生で来たーーーー!
亜美は有名で人気者だけど、大河の殺気には気付いたみたい^^;。
ブリブリな亜美大河はため息、かわいい子には目が無いミノリンレーダーにも艦影は見えずw。
学校ではこれで通すらしい、でも祐作は言う、素の亜美も嫌いじゃないし、本当はそっちをみんなに認めて欲しい、だから越してくることも二人には言わなかった。
でも大河にはバレてて、先手を打って竜児に魔の手がw。
亜美うまいw千両役者w。
実乃梨の授業中の手紙、さすがだ、でもスクラップブックへw。
返信、自分のことを天然という奴をどう思う?
はい、ひょうきん族ですね、わかります。
もちろん某復活したフジテレビのあのアニメもw。
放課後、偶然教室で二人きりの亜美と大河、亜美の挑発に大河もなかなか陰湿w。
「あなたの本性はばらさない、でもそれじゃつまらないでしょ?ずっと監視してあげる。」
ギクっとする亜美。
でも「祐作に嫌われた」攻撃は効いたみたいよ^^;。
今日は泰子の出番多いな^^。
落ち込む大河を迎えに行く竜児、すぐに誤解を解く展開、良いね^^。
その夜、隠れて甘いものを買出してる不審な格好の亜美を見た竜児と大河。
「ふ~ん、面白いもの見ちゃった(ニヤリ)」

なんていうか気持ちの良い展開、ああゆうキャラ来たら普通は大河包囲網を張るもんだけど、そう陰湿にならないのは好感。
まあ大河が教室で言ったことを考えたら亜美の休業の理由も見えるだろうし、自分で仮面をつけて、それを維持することがストレスになってないわけないし、そう考える亜美もかわいく見えてくる^^。
とはいえ大河のニヤリはちょっとねえ、報復が恐い子だよ本当に。
それ以外にも泰子もっと出せw。
実乃梨のノリも絶好調、惚れるよw。
っていう感じで、先は見え始めて、でも予定調和でも良いから、そこへ辿り着いて欲しいかな。
なんていうかみんな幸せになって欲しい作品だから^^。
スポンサーサイト
Date: 2008.10.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

機動戦士ガンダムOO #4「戦う理由」

テーマに書き込まれた数、4話にして10000越えてる^^;。

前回の戦いでそれぞれに何かをかかえこんでしまった人々、希望?それとも苦悩?
刹那マリーナを救ったものの、マリーナは母国へ帰るという、危険を承知で内戦の続く母国へ。
ライルはフェルトの視線を感じ、ハロが言うもんだからロックオンとの仲を知ってフェルトにキスをする、ひっぱたくフェルト、でもそれはロックオンの幻想を断ち切るため?
スメラギはなおも協力しようとはしない。
アロウズではソレスタルビーイングが私情で動いていると判断し、アザディスタン付近に網を張る。
その戦いにはトリロバイト、GNドライブ搭載の新型モビルアーマーが投入された。
カタロンでもシーリンがマリーナを心配し、ソレズタルビーイングとの連携を模索、シーリンは自分のやり方で世界を変えると出て言ってからもマリーナを気遣っていた。
マリーナは自分にも何かできないか考え刹那を誘うが、刹那は世界の歪みを断ち切るために自分には戦うことしかできないと、拒む。
沙慈も手伝うようになるが、マイスターたちの素性や思いを知ることに。
アレルヤスメラギに告白する、ピーリス(マリー)を取り戻したい、超人機関を壊して同胞を殺したのに、それがアレルヤの戦う理由。
でもスメラギは過去を払拭できず、戦う理由がみつからない。
ティエリア、戦う理由などいらないと言っていたが、今は、、、。
そしてトレミーはアロウズの網にひっかかる、海底での奇襲、上しか逃げ場が無いのは知られ、深度からガンダムは出せない、完全に袋のネズミ。
スメラギはその状況を全て把握し、爆雷の後に近接が来る、そこがチャンス。
そして敵は予想通りの行動、と同時にガンダムが出撃できる深度、4機が出ればトリロバイトも敵じゃない。
トランザムで撃破、更に水上の母艦を襲う刹那
しかしアロウズの新型(ミスター・ブシドー)が立ちふさがる、この口ぶりからグラハム?
さらにピーリスも新型で、アレルヤは力を失ってしまって太刀打ちできない。
そこへカタロンが加勢、互いに撤退の頃合。
カタロンの申し出でマリーナと会うのはシーリン。
スメラギも遂に協力する気になって、コスチュームに袖を通した。
一方、スメラギと暮らしていたビリーはスメラギへのゆがんだ気持ちを連邦のMS開発へ向けようとしていた。

いろんなフラグで流れはだいたい予想できたけど、にしてもアザディスタン行きは安易な動き。
スメラギがいないと三国志の孔明いない頃の劉備たちみたいだw。
っていう意味で必要な人材だし、今回はスメラギがいなければ沈んでたはず。
とはいえカタロンもソレズタルビーイングに沈んでもらったら困るし、ライルの存在も救われた一因。
敵の新型や乗り手もガンダムと互角だと、今後苦しくない?
まあ今回でおさまるとこにおさまった感じだけど、懸念だらけか!
一応男女セットで、刹那・マリーナ、ライル・フェルト、アレルヤピーリスとかあるけど、全然色恋なし?
っていうか見てる人の半分ぐらいは男男セットを望んでいるような^^;。
まあリボンズの動きは気になるしまだ未知な奴多いけど、出揃った感じで次回からか。
一応アロウズの非情さに期待w。
Date: 2008.10.30 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

喰霊ー零ー 第4話「務大儀(つとめのたいぎ)」

神楽黄泉の幸せな日々、これ最初にやったらもっと明るく見れたのに^^;。

出動の時、後部座席でもつれ合う神楽黄泉、楽しそうw。
悪霊が増え始めている、黄泉は鵺とともに巨大な土蜘蛛を襲う、その力圧倒的、カテゴリーBすら手玉。
でもそれはチームの力、お膳立てが見事だからこの結果。
にしても武器制作の匠マイケル師匠濃いなあ、無駄に、余計に、過剰にw。
二人の入浴シーン、なんつうか妙なエロさ、しっかり抑えてる侮れないw。
そしてマイケル師匠による退魔武器のメンテナンス、それは神楽が主戦力になるということ。
黄泉の武器も持っていかれていた。
でも代わりの武器がアイロンて^^;。
そして武器の練習中に呼び出し、近くにいた黄泉神楽が索敵、敵に囲まれ黄泉は武器が合わなかったかな^^;。
神楽に助けられる。
でも次に襲ってきたのは悪霊化した人間の死霊たち、人型のゾンビが迫ってくる、神楽はそれを切ることができない。
そのとき助けに来たのは神楽の父、土宮家最強の霊獣白叡でその場を圧倒。
でもその後、切れなかった神楽に罰を与え「精進せい!」立ち去る。

なんていうかあまり中身は無い回かな、いや神楽と黄泉の戯れが見所!^^;
でも仲の良さは感じるだけに2話のあの豹変ぶりは何?
よく考えてみたら、諌山の養女で許婚がいて、この霊力、そして神楽を溺愛、っていうとこに少し歪なものを感じないでもない。
小出しに揃えられたことが嫌な感じを与えるのはなかなか面白い感覚。
1,2話が暗かっただけにもうちょっと明るい展開を望むけど、そろそろかな?
さて、今回最大の問題人物はマイケル師匠、あんなのが官庁に出入りしても良いの?
剛の者に見えるような見えないような、少なくとも無意識変質者であることは間違いないw。
まあ異常じゃないとやってられないんだろうさ、声優と同じw(ひどい^^;)。
評価は据え置き、暗くなるのは嫌だけど、真相は知りたい。
Date: 2008.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

とある魔術の禁書目録 #04「完全記憶能力」

結界の張られた空間、交差点には誰もいない。

当麻の前に現れたのは神崎火織、その剣からは見えない斬撃が飛ぶ、インデックスを渡せとせまる。
でもそれはワイヤーによる刻み、いつでも殺せる、なのに殺さない。
ステイルから右手のことを聞かされて、対策は練られていた。
体術であっさり倒される当麻、でも殺さないことで火織の優しさを感じていた。
当麻火織の力をどうして人を守ることに使わないのか問い詰める、そのことで火織は話し始めた。
火織はネセサリウスの一員、傷つかないと思っていたからインデックスを切った、でもある事情でそうではなかったからインデックスは深手を負った。
歩く教会?
インデックスは完全記憶能力を持つ、だからこそ保護しないと生きて行けない。
彼女はどうでも良いものまで含めて全てのことを記憶してしまう、そして10万3000冊の魔道書以外の残りの記憶領域は少ない、1年おきに記録を消去しないと死んでしまう。
火織は言う、その記憶を消せる日まであと3日。
話を聞く限りだと引き渡さざるをえないのに、火織が再度インデックスを渡せと言った時、当麻は突っぱねる。
記憶を消すことを正当化して、どうして襲う、どうして誤解を解かない、それで仲間なのかと。
でも火織はついに声を荒げる、ステイルも含めて我々は泥をかぶってまでもインデックスを救わないといけない。
以前にもインデックスと強く思い出を作る努力はしても、一欠片も残らなかった。
家族も恋人も全て忘れてしまう、そんな彼女の笑顔を見ることにもう絶えられない。
そう言いながら当麻を打ちのめす。
でも当麻は負けない、そんなの勝手な理屈、インデックスのことを少しも考えていないと。
守りたいものがあるから力を手に入れたんだろう。
それを何に使いたかったんだ!
そうして当麻は倒れてしまった。
静かに影から出てくるステイル、なにやらバツが悪そうな顔。

当麻が起きると自分の家、横にはインデックス。
でも3日も寝ていた、まだ記憶の消去は行われていない。
当麻をかついで来たのは小萌、助けられなかった自分を責めるインデックス。
でもインデックスの看病は、壊滅的^^;w。
チャイムが鳴る、小萌が来た時、戸口にはステイルと火織が、インデックスは彼らと当麻の間に入って言う。
「これ以上当麻を傷つけないで、私は言うこと聞くから。」

ステイルと火織は当麻を認めて、それでもリミットまでインデックスの幸せを許したんだろうね。
う~~ん、今回は説明的でもう一つな感じ。
それでも全容は見えてきたかな、インデックスが迫害されてネセサリウスから逃げてきたのでなく、ちゃんと仲間はいたけど、繰り返される記憶の消去に疲れてしまって、一緒にいられなくなった。
このあたりもラノベっぽい感じ^^。
なんていうか今んとこ悪い奴は出てきてない気がするけど、美琴とか本当に絡まないねえ。
いつか絡む?
次回はインデックスの記憶の消去から救う?
でも消さないと死ぬんだと、、、結末が読めないのは良い^^。
Date: 2008.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

2008秋アニメチェック その3

そろそろほとんどが3話を越えて、今回は評価の高いアニメのコメントします。

一部を除いて評価は5段階、もちろん多少の主観は入ってて、通常の評価の順番は超優良可不。
絵・・・キャラデザイン、安定感、メカも含む感じ。
動き・・・キャラやメカの動き、CGの使い方など。
雰囲気・・・設定や世界観、ありきたりなのは低めに、醸し出すものがあれば高くなることも。
ストーリー・・・話がしっかりしてるか、面白いか。ラノベ有利?
明るさ・・・話が暗いか明るいか、暗いからって悪いわけじゃない、光明普暗闇。
情報・・・情報の多さ、学園ものは低く、スケール大きいと多い傾向、過多中少微。
謎・・・未知な部分がどれくらいあるか、話の流れで増減あり、過多中少微。
総合・・・15段階評価、これは質と好みw、10くらいが分かれ目かな。

絵動雰ス明情謎 総

優優超優明中少 12  とらドラ!
超超超超普多過 12  ミチコとハッチン
超超超優暗多過 11  魍魎の匣
優超超超明中多 11  ソウルイーター
優超優優普多多 10  夜桜四重奏
良優超優普過過 10  とある魔術の禁書目録
良優超超明中中 10  のだめカンタービレ 巴里編
可優優良明中中 9   ヒャッコ
可可超優光微微 9   今日の5の2
優優良良普中多 9   CLANNAD
優優優優闇過過 9   機動戦士ガンダムOO
可可優良闇過過 9   カオス;ヘッド
超優優優闇多過 9   喰霊ー零ー
不可優超普中多 9   @彩雲国物語
不可良優明少多 8   @テレパシー少女蘭
優超良良光少多 8   @ケメコデラックス!
可良良優普少微 8   @スキップ・ビート
良優良良暗過過 8   鉄のラインバレル
可超良良明中中 8   @かんなぎ
良可良可明中中 7   あかね色に染まる坂

絵動雰ス明情謎 総

この下は切ったアニメ。
良優良良暗多過 8   屍姫 赫
優良優良暗中過 9   黒執事
可可良優闇少多 7   ONE OUTS
良可優良闇少多 7   キャシャーンSins
可優良可光多多 8   まかでみ・WAっしょい!
良化か優暗中多 7   伯爵と妖精
良可可不普少中 5   純情ロマンチカ2
可可良不普少少 7   ロザリオとバンパイアCapu2
良可優可闇中多 6   ヴァンパイア騎士Guilty

@は見てるけどブログしないの。

とらドラ!@ラノベらしい丁寧な作りと奇抜な設定、どういう展開になるのか毎回楽しみになる^^。
声優も良いのを揃えて全体としてコミカルな中に萌えやシリアスも交えてスパイスの効いた雰囲気、今夜は更に劇薬が入る?w

ミチコとハッチン@とにかくクールな印象、色彩の使い方とか展開も他とは一線を画して、声優がどうかは少し心配だけど、とにかく他から離れているからこそ期待できる感じb。
ツカミがあまりにも良かったから舞い上がってる可能性もあるから今夜でどうかな?

魍魎の匣@初回ですっかり美しい光景に圧倒されて、動きも滑らか、それでいて重厚な雰囲気を出してて質が全体的に高い。
作画原案もCLAMPで整った顔たちの中に影や憂いのある人々。
異形との絡みが想像できるから全部が怪しく見えてくる。
話は少し分かりにくいものの種あかしは楽しみ^^。

ソウルイーター@新しいクールになってデスサイズ集結とか狂気の増大で敵も増えて魔道具なんてものも、とにかくあふれ出る新要素に期待だけが高まる感じ↑。
それでいて制作に任せた姿勢で雰囲気の統一感はかなり、全ての質が高くてまだ評価は上がるかも。

夜桜四重奏@DARKER THAN BLACKを思い出すような雰囲気や動き、設定もなかなか面白い。
でも質的には少し他から落ちる感じがあって、ワンパンチ不足。
それでもOPとEDは好きだし、評価的には複雑な感じ。

とある魔術の禁書目録@ラノベっぽい展開、話はかなり面白いけど、とにかく情報が多くて困ってる感じ^^;。
世界観もラノベっぽくてしっかり作ってるのも○。
雰囲気はFateStayNight風味、出てくるキャラの魅力は結構なものだし展開次第では評価上がるかも。

のだめカンタービレ@質だけならかなりの上位、この時間は大きなハズレは無い、自分ではだけど^^;。
続編で、更に質を上げていて、指の繊細な動きも本格的な感じ、外国が舞台だけどその雰囲気もよく描けてるし。
忠実に作っているから安定感があって安心して見られる作品。

という感じで、今回は結構豊作、切るのも大変です。
一応一部の作品はブログ書かないことにしました。
多いと質が落ちるのでまびいてみました。
書くのやめたのは、基本自分が書いててつまらないとか、書くほどでもないと思ったもの、このアニメチェックでまとめて書くこともあるかと^^。
こんなとこで。
Date: 2008.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ソウルイーター 第30話「灼熱の暴走列車~大魔道師が残した魔道具?~」

狂った太陽ギラギラバージョン^^。

砂漠を歩くキッドリズパティ、100年間走るという暴走列車を止めにいく、その動力は魔道具?
アラクノフォビアより先に奪取せよ。
パティが熱さに火を吹く中w駅SAHARAへ到着~~きっちりかっちり運行に感銘を受けるキッドの心の踊りようw。
定刻に突然地中から現れた列車、驚愕の中、アラクノフォビアの刺客フィッシャーキングが乗り移る、更に魔女も空を飛んで追う、面食らってる暇は無い、キッドたちも追う。
でもって魔女やフィッシャーキングの妨害の中、いつものようにいつの間にか目的がすりかわるキッド、バンクに燃える?w
そんなわけでなんとか列車には取り付けた。
フィッシャーキングが連結を切り離したり、いろいろあって空からは魔女の攻撃が降りそそぐ。
最終的に最前列車に辿り着きフィッシャーキングを倒したキッドたち。
そして永久ぜんまいの鍵を抜き取り列車を止める、ここあっけないね。
でもフィッシャーキングに誘われるままに中のプレートを見るとエイボンと並んで死神のサイン、これは何を意味する?
フィッシャーキングが核心を話そうとしたとき、ナイフ、フィッシャーキングは倒される。
それはシドのナイフ、いつの間にか大部隊が砂漠に降下していた。
不審に思ったキッドは図書館でエイボンのことを調べるが学生のレベルではたかが知れてる。
仕方なく死神の息子の権限で探させると、1冊の本があったものの借りられていた、しかもその借主はMとだけ、これはメドューサ!?

死神様にちょっと、つうかかなり不信感?
魔道具を集めてるのは死神も同じなら、狂気がないだけで、こっちが悪でないと誰が言えるか。
シドの動きも不穏、最初の保管庫にたまっていくものも、いつか何かに使うってことだろうし、一方で自分の過去の罪を集めているようにも見える。
キッドを派遣した意味もそうなると複雑、キッドならそのことを知るって知ってるだろうに、一方で息子だからこそ他言しないってこと?
コミカル面も結構あったけど、今回はシリアスな回だったな、序盤のパティは面白かったけどw。
どっちかというと死武専が勝ってるように見えるけど、なんか不穏、まあそれが良い雰囲気とも言えるんだけど。
やっぱりマカたちは出番なしw。
Date: 2008.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

カオス;ヘッド 第3話「contact」

突然の

昔、拓巳は自分の思ったことが起こってしまった、それで事故を避けたけど、それが本当に良いことなの?
それから人と口をきかなくなった、そして病院へ。
その時の先生に自分が本当に将軍なのか、知らないうちに自作自演をしたのか見てもらいにいく。
夢遊病の疑い、寝て調べてみるけど、そこでセイラたんが現れる、今まで脳内彼女かと思ってたけど、そうじゃない?
なんの異常もなく、日常へまた放り出される拓巳
学校、梨深はどう見ても普通の女子高生、不思議な少女と出会う。
拓巳はグロ画像が偽者だという証拠をみつけるために画像を調べるが、そこには自分の姿が、でもこれは事件の前日に届いたもの、どういうこと?
「その目、誰の目」
この状況を理解しようとネット上を走り回る、辿った先にはファンタズムのFESという女、その曲の歌詞があの事件に酷似してる。
ライブにも行くがそこでは目が合い、巨大な剣を持っている、しかもまるで心の中に入られたかのよう、そしてそこでも聞く「その目、誰の目」
次の日、七海拓巳に携帯を持たせるために強引に外へ、そこで巨大な剣を持つ少女を見る、はやっているのか?
そして帰るとニュージェネ第4の事件、晒された事件映像、そこにも「その目、誰の目」。

やっと見えてきたけど、電波な子ばっかだな^^;。
どうも拓巳にもちゃんとバックボーンがあって、素養ともいうかな、セイラたんも実は妖精が見える的な?w
剣も実際は普通の人に見えてない、ってことだと思うけど。
どの子も見えてなくて謎ばっかで、少女ばっかなのは少し気に入らないけど面白くはなってきた。
でも女の子はかわいく書くアニメ、それってギャルアニメじゃん!って思ったり。
ニュージェネの犯人探しは多分パラダイムの転換が必要そう、誰?なんて意味のないような。
というか期待かな。
評価難しいアニメだけど、しばらくは期待、蓋を開けてつまらなくなる可能性もあったりかな。
Date: 2008.10.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

CLANNAD-AFTER STORY- 第4話「あの日と同じ笑顔で」

今回はシリアス回?

芽衣の願いは陽平がサッカー部に戻ること、でもそのサッカー部は陽平を毛嫌いしている。
心配する学校の面々、そしてサッカー部に頼みに行く芽衣朋也、でもダメな奴扱いをされキレかける朋也、かなりの望む薄。
落ち着きに有紀寧のとこに行くw落ち着いて陽平の昔の話をする、サッカー部は下級生は上級生に絶対服従、それに嫌気がさした陽平は暴力事件でその後サッカー部は大会出場を辞退、そのことをサッカー部は根に持っていた。
その話を聞いた有紀寧は自分の兄の話、札付きの不良だった兄、不器用な兄、でも今は仲良しだと、芽衣陽平もいつかはこうなれるんだろうか。
登校する陽平芽衣はあれだけ言われてもサッカー部にお願いに行っていた、それを知る朋也に陽平は芽衣なんてどうでも良いお前に任せると気の無い返事。
にしてもどうして芽衣とのことや、早苗のこと言わないかなあ^^;。
芽衣のお願いに朋也も協力、なんとかボール拾いの手伝いをするチャンスをもらえた。
でもこれはある意味いじめの域、わざと蹴りだし、必死に追いかける芽衣、朋也も殴りたい気持ちを抑えて協力するけど、泥だらけになりながら結局陽平を復帰させる気などさらさら無く。
しまいには泣き出す芽衣をうざいと言い、もっと泣かないと陽平は来ないと泣かせようとして、朋也もついにキレる。
でもその朋也よりも先に相手を蹴り上げたのは陽平「芽衣を泣かせるんじゃねえ!」。
朋也も加勢して大乱闘、空も荒れ気味、どれだけ戦ったのか、雨も降ってきた。
そしてグランドに大の字の二人、でも今度は互いへの不満から二人の殴り合いが始まる。
朋也は陽平にもっと芽衣ちゃんを大事にしろと、陽平は朋也に彼氏なんだから芽衣を守ってやれと、、、これってあの嘘が最大の原因なんじゃないの?^^;
次の朝、通学路で二人は鉢合わせ、でも互いのボロボロの顔を見て大笑い。
芽衣は実家に戻って、朋也っていう親友がいることで大丈夫とした?
その後、陽平はの家に「早苗さんを僕に下さい」って朋也の悪意爆発w。
と同時に陽平と初めて会った時のことを思い出す朋也、あの時がこの学校に来て最高に笑った時、そして今も^^。

一件落着、もちろんお互いがぶつかるほどの事件を経たから良いとこにおさまれるんだけど、あの嘘の数々はひどいw。
そういう意味じゃ展開としては強引だったかなあ。
少し軸がぶれすぎてるようにも思うし、まあそれはそれで面白いとこもあるんだけど、断片が面白いからって繋げてどうか、ってのもある。
まあその断片の一つ一つが素晴らしいのは認めるけど。
これから先の話はどうするつもり?
あと気になるのは、サブタイトル通り単なる後日談で通すつもりなのかな?
前作の多少丸投げ感ある展開からできることは結構あるしな。
でも卒業までのような気もするし、そのあたりは期待半分不安半分な感じ。
Date: 2008.10.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

夜桜四重奏 第4話「フリカエル」

七合って7って数字に意味あるのかな?

七合を傷つけた妖力はかなりのもの、それは円神という奴がギンに取り付いてやっているらしい。
そう区長の雄飛から報告を受けたヒメ秋名ギンとは以前秋名ヒメと仲が良かった妖怪とか、食い下がる秋名を連れ出すヒメ
その後、女連中のおにぎり論争、焼きそばは俺もありえないと思うw。
事務所では秋名が鈴のラーメンの味見?そこへ桃華がやってきたけど、ヒメの話で鈴が秋名ヒメは付き合ってるんですか?二人とも大慌てw。
事務所でヒメから借りたものを探していた秋名、銀との3人の記念のストラップを見つけてしまう。
一方で円神は銀の体を掌握したつもりだったのに、まだその魂は残っていて、だから円神でも桜真町を侵害することができないでいた。
ヒメは恭助と出張で桜真町から出る。
夢?懐かしい映像、ヒメと秋名とギン(キツメ耳)の大食い選手権、良い思い出か?wとにかく商品としてもらったのがそのおそろいのストラップ。
その夜、円神は内なるギンの反撃を受けつつ遂に結界を開くことに成功する。
そこから円神とともにいた篠塚が町へ入りこむ、一直線で元老院の方へ。
しかし土地神である雄飛たちに囲まれてしまい逸走。
秋名は七合へ向かい、円神に乗っ取られたギンと再会する、嘲笑されてもチューニングもできない。
そこへシスター姿の土地神が助けに入る、円神は分が悪いの見たのかそこから離れる。

今回は秋名とヒメにはもう一人親友がいて、それがギンだってことか。
そう考えると二人でつるんでるのは3人でいたときの名残で、妙な二人の距離感もうなずける感じ。
ギンとアオは兄弟なんだろうし、そこも気になる。
でも敵はなんでそんなことをしようとしてるのか、ってのが分からない。
まあこれからなんだろうけど、小出しだなあ。
今回は女の子だけの会話とか付き会ってる?とか面白いとこもあったし、こうゆうの増やして欲しいし、雄飛についてる女の人たちも絡めてw。
絵や動きは良いけど、もう少し分かり易く進めた方が良さそうな気がするけど。
あとは妖力の表現とかも曖昧な強さで表現すると危険な気がする。
それでも秋名が弱いのは嫌じゃないけど。
でもはっきりした幸せの見えない話、そこがなんとなく面白い。
Date: 2008.10.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

今日の5の2 第4話

13時間目「ミズカケ」
14時間目「キセカエ」
15時間目「ウエシタ」
16時間目「ダマシウチ」

13、小学生のプールの時間、スク水天国ですか?普通さがそそる?w
で、リョータは目を洗うのが大の苦手、それにチカユウキがいちゃもんw恐いってウケるんですけどw。
チカリョータが目を洗うまで粘ると言い張って、そんなに嫌か^^;。
着替え終わって二人を見に来たユウキコウジツバサコウジのいたずら心でホースで目を洗ってやろうとしたら逆襲された!
しまいにはリョータユウキ追い詰めてプールにドボン!って感じでリョータユウキに服を貸して海パン一丁で授業^^;。
14、給食でリョータがおかわり大盛りにしたのがきっかけでメグミユウキは牛乳とかシチューが服にかかってしまう。
で、保健室で服乾かし、でも二人とも職員室に呼び出されて付き沿いのナツミの服を奪って行こう!
だからナツミはベッドの中でパンツ一丁?(こっちもか^^;)
リョータユウキの逆襲に怯えて保健室に謝りに来たけど、いたのは寝ているナツミ、しかも声をかけようとした時、寝返り打って背中が丸見え、そこへメグミとユウキが戻ってきて「これは違うんだ!」弁解無用w。
15、教室で珍しくリョータとナツミが上だ下だと言い争い、外野は観戦w。
結局理由はシャツの脱ぎ方、リョータがやってみたら脱ぎにくい、違うよこう!ってナツミ脱ぐなーーー!って半裸のリョータが止めに入ったら、まるでリョータが脱がそうとしてるみたいで、ユウキが目撃→即フルボッコw。
16、前の続きで今回ナツミに変なことしすぎでチカに問い詰められてリョータ大変^^;。
そんなリョータとチカコウジは勘ぐる、付き合ってんのかぁ?影で聞くチカ、単なる幼馴染発言にがっかり。
その日も水泳、早めに戻ったリョータとチカは教室で二人きり。
リョータはまた目を洗ってないから目が痒くて、それを見てチカが治る方法おしえてあげる、目をつぶって。
チカはリョータに顔を近づけて、何をしようと?
ってとこでみんなが教室に戻ってきた、ひっかかったーー!
でもそのあとのチカは結構ヘコんでる?

全体にエロが紛れこんで、それに萌えるかどうかの勝負、っていう作品?ではない?
ただ今回は2回見たけど、構成は見事。
チカは13でユウキに目をつぶって、って言って16ではリョータに、ここ伏線、それでもひっかかるリョータに萌える?w
更に14で寝てるナツミが背中見せたからナツミはブラをしてない、それで15でナツミが脱ぐとこが更に生きるw。
それに16ではちゃんと服が変わっているから別の日だって分かるし、そういうの気にするとなかなか深みがあったり、なかったりw。
で、今回にしてやっとチカの声優が下田麻美と知って驚き、アイマスの声優が今季出てきてるなあ^^。
だからネットラジオのパーソナリティがあんなになった?
まあいろいろなんだな。
と、分からない人には分からない話だけど、あんまり知らなくても全く人生には影響を及ぼさないので。
今回はこんなとこで。
Date: 2008.10.27 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

鉄のラインバレル #04「正義の代償」

「あなた最低です」綺麗な人に言われたいですか?w

ラインバレルは奪われJUDAに持っていかれた、絵美とともに。
そんな時でも、ラインバレルがなくても自分は強いと吐き捨てる浩一
そして日常、浩一は気遣う矢島理沙子を気にもかけない。
JUDAには監視されていたが、絡まれるチンピラをのしていい気になって、相変わらず最低ですw。
JUDAではラインバレルの性能に狂喜な天才技師のレイチェル、っていうか天才って言ったらどうして子供なんだ^^;。
絵美も始めての場所で不安になるが、絵美のことを知る者もいた。
一方の矢島は前回の戦闘で浩一の心を知り、あえて雨の中、浩一に喧嘩をふっかける「俺が必要無いってことを証明してみろよ」。
理沙子は仲直りを疑わず、浩一矢島の妹たちとみんなとの夕食のお買い物^^。
喧嘩は雨がやむまで続く、って言っても矢島はボコボコに、でも決してあきらめない。
打ちのめされた矢島は言う、理沙子の気を引くために正義の味方をしていたと、かばわれる浩一の気持ちも知らずにすまなかったと。
殴ることで心にひっかかっていたもの、その理由が分かって浩一も矢島の呪縛から解かれ素直になって互いに握手をしようとした刹那、加藤機関のマキナが襲い掛かる。
加藤機関はラインバレルを狙っているが、ラインバレルを手に入れようが手に入れまいがファクターは殺す。
その奇襲で矢島が深手を負ってしまう。
「大切なのはお前がどうしたいか、せっかく手に入れた力だ、正しいことに使ってくれ。」
そしてこと切れる矢島、怒りに震える浩一は認証も無くラインバレルを呼びだし敵を打ちのめし、ファクターとして覚醒する。
しかし矢島の死で感情は暴走して抑えがきかない。
JUDAは止めに入るが全機でも圧倒されてしまう、暴走で町を壊しまくるラインバレル。
森次の機転から全機が協力してなんとかラインバレルを止めうことに成功したが、浩一の脳裏に去来するフラッシュバックは矢島との日々。
「なあ矢島、それでも俺、お前みたいになりたかったんだよ」

ああ、やっぱり殺しちゃうんだ、HPのキャラクラー紹介でいなかったからもしやと、、、。
さすがに最低な奴でも人死にはショックだろうからな、でもあんまり好きな展開じゃない。
っていうかJUDAはさっさと浩一も拘束しちゃいなよ、っていうか加藤機関にファクターを殺させようとしていた?
だったら面白いんだけどw。
あと珍しく平野綾が巨乳キャラwどうでもいいね^^;。
でもこんなもんじゃ捻じ曲がった根性は治らんだろう、あんまり期待もしてないけど。
え?最初の質問ですか?自分は言われたいです^^(笑顔でかw)。
Date: 2008.10.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

魍魎の匣 第三話「羽化登仙の事」

いきなりの加菜子の解体シーン、やっぱりこっち系か;。

再び加菜子がかつぎこまれた病院。
加菜子をめぐる人々、それぞれに不可思議な点が多すぎる。
その中で加菜子は別の病院に移されることに。
そして奇跡的に一命を取りとめた、そこは巨大な箱のような建物、入った病人は出てきたことがないという病院?
木場は事件依頼、毎日のようにそこへ通っていた。
もう6日になるが、この建物も不可思議。
ある日も加菜子の姉の陽子と会い、でも喪服?イメージが走る中、陽子が取り落とした紙。
陽子木場の憧れの人だが、それ以前に事件の臭いを感じ強引に紙を奪う。
その紙には加菜子の誘拐予告と身代金の要求が書いてあった。
神奈川県警が総出で警護、どれだけ加菜子のバックは有力者?木場は警視庁の人間だが管轄外なのに関わろうとする。
そうまでするのは空っぽだった自分に目的ができたから。
頼子は加菜子がいなくなってしまって、いつも彼女のことを考えていた。
そして口うるさい母に遂に言い放つ「お母さんなんて死ねばいいんだ」。
それから母はおかしくなった、魍魎の妄想、頼子に掴みかかったり。
霊能者を連れてきて家のお祓いをする、心に壁を作ると箱を作る、そこに魍魎はよどむ。
頼子はその光景に耐えられなくなり、家を飛び出し、加菜子と過ごしたあのカフェへ。
加菜子は天人五衰になってしまったのか、まだ生きているとしたら、、、。
そして突然、頼子木場に加菜子は突き落とされたと言い始める、そいつが敵か。
木場とともに病院に来た頼子、そして事件以来初めて病床の加菜子に再会する、そのベッドは医療機器の群れのまっただ中、加菜子は五体満足だったが何か言おうとしていた。
しかし早々に引き剥がされ、診察時間にさえぎられてしまう。
ここの医者も不穏、その直後、加菜子はベッドから忽然と消えた。
「加菜子、天に登ったのね」

相変わらずのぐずぐず展開、ことは起こっているのに、まるで一昔前の推理ものを見るような何かが起こりそうでなかなか起こらない、そんな展開、嫌いじゃないけど^^。
でも、一応誘拐は起こったってことかな?
頼子が言ったことは恐らく嘘として、挟まれる情報が更に話を複雑にする。
加菜子のバックには何がいるのか、陽子は加菜子を保護する権利が無いとか、全て最後に繋がることのような気がする。
意外に霊能者の言ったことが的を得ていたり、全てに気を配らないと。
にしても絵の質は申し分なし、CLAMPデザインらしく形も整ってるし。
ただ車のCGはいただけないかな、不自然な曲がり方してる。
せっかく他の登場人物が前回出たのに今回出て来ないし。
多分そっちが核心に近づく近道と思うけど、まあシナリオってもんがあるからな。
まだまだ楽しませてくれそうで^^;。
Date: 2008.10.25 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

あかね色に染まる坂 第4話「藍色のマッドパーティ」

なんつうか本編の裏でなんかウニョウニョと蠢いてる感じ、とくにお父さんお母さんw。

にしても準一の親の映像って何かの伏線?軽く殺伐だから^^;。
準一優姫が一緒に学校に行くと冷やかし、でもって華恋がホームパーティのお誘いだけど準一は断ったけど華恋の謀略で仲間もみんな→出席^^;。
華恋の虚栄心も満たされた?w
しかも普段着なみんなにドレスも提供で、妹のきわどいドレス姿に、準一はまた自分との戦い発動w。
そんなときコックたちの船酔いを助けようとする優姫、でもこの子は鍋やレンジ爆発させる類の子だからw。
結局が助けることに、その間に会場の場つなぎは華恋の小話だけど、、、会場は我慢w。
調理場じゃなごみも参戦、なんとか料理を作って、待たせた代わりにのかつおの解体ショー!
目立ってる、めらめら燃える華恋の虚栄心w。
自分も目立ちたいがために華恋はその上を行く企画、大蛸ショー?w
失笑、憐れみ、興奮、怯え、みんなの反応が楽しいw「明日優しくしてあげよう」w。
その最中で優姫が花火のボタンを押して船内が炎上、優姫を探しに中に向かう準一は消火しようとしてて、無事にほっとしたのもつかの間、優姫を探しにいく、それを寂しそうに見送る
優姫を見つけた時、取り乱して思わず準一に抱きつく、でもすぐにツンデレ発動w。
なんとかみんな無事だったけど、もうパーティーはこりごり^^;。

相変わらずのドタバタ、っていうか今回はかわいそうな子いたねえw。
微妙になごみがなんで船に乗ってるかとか、なんで湊はそんな技持ってるかスルーだけど^^;。
裏があるのだよ、裏がw。
でも少し湊にも浩一へのフラグ立ったってことかな、というか別々に暮らしてたって言ってたからあっても不思議ないか、でもそれで同居だすぃなあ。
優姫と湊のダブルヒロインらしいから、この後嵐があるの?w
ゲーム知らないから、この先読めないんだよなあ。
ネットラジオだとゲームと全然印象違うってリスナーの投稿あったから。
SchoolDaysみたいな展開とか嫌だな^^;

ここでニコ動のこのアニメのニコニコラジオの話でも。
今週で30回を迎えて、本当はゲーム発売までだったのに、人気がありすぎて続いてるらしいw。
パーソナリティは広橋涼小山力也で実はツッコミ成分に著しく欠けたネットラジオになってます^^;。
しかも今まで、平野綾、釘宮理恵を除く主要声優がほとんどゲストで呼ばれてて、葉月絵理乃の時は広橋涼とアリアごっこしたり、ツッコミキャラの加藤英美里や井上麻里奈の時は突っ込まれまくられてたりw。
遅刻あり、暴走ありの楽しい40分で、もちろん初回から全部聞きました、1週間でw。
結構オススメなので、一度聞いてみて欲しいです。
以上
Date: 2008.10.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

のだめカンタービレ 巴里編 Lecon3

CMがなんとなく音楽系多いな^^;。

千秋のコンサートからの帰り、のだめシュトレーゼマンに拿捕!w
千秋は監禁まがいで悪魔の契約させられてるし、そこはシュトレーゼマンの事務所、、、。
でもっていきなりのシュトレーゼマンと帯同することで世界へ旅立つ?
のだめには寝耳に水。
それからは時間が風のよう、フランクが目標にしていた先生オクレールのだめを受け入れたり、千秋が中国公演でシュトレーゼマンの代役としてデビュー、注目度抜群だけどのだめがネットで調べるとそこにはピアニストと千秋の画像。
また、寝耳に水だよ!
あっという間に、9月、学校が始まった、でものだめは勝手が分からなくてあやうく遅刻^^;。
3回遅刻で退学なのに、、、。
しかも他の生徒たちに圧倒されっぱなしで、自信喪失寸前。
さらにオクレール先生には好きな曲でなく技術を見せ、ダメだしをされる。
君は何をしに来たんだね?
一方の千秋シュトレーゼマンのだめとのことでダメだしされる、そのあたりをしっかりしないから、いろいろ狂ってきていること。

少しシリアスは方向へ舵を切る感じ?
千秋は順風満帆、しっかりと自分の道を進んでいるけど、のだめは好きでやってくことの限界に当たってるような。
もともとの動機は不純だから、それを本物にするって結構難しそうだし。
しかも、千秋がのだめを受け入れたらそこで終わってしまいそうな気もする。
展開は面白いし、応援はしたくなるんだけどね。
でも、あまり他の人がこの二人に絡んでないようにも見えるから、もっと衝撃的に絡む人間募集中w。
とはいえストーリー展開は信頼してるけど^^。
Date: 2008.10.24 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ヒャッコ #4「3コメ 牛飲馬食虎食」「6コメ 虎は虎連れ」

キャラ増えて、評価上昇中。

3コメ、お昼に辺りを見回す虎子、歩巳が購買行くと聞いて学食へ引きずってくw。
そこには前回登場した新キャラもぞろぞろ、歩巳は初めての学食、でも虎子の仕打ちはあまりにも^^;大盛りボタン、ぽちっとw。
歩巳の食事風景に少女を見た虎子、うちらがソバ食やあズルズルっと!
鼻で笑った龍姫に絡む絡むw。
で、大盛り食べ切れない歩巳だけど、虎子もか!って余ったの全部の胃袋に、更にカツ丼て、みんなまっ白になっちまったよ、、、。
は太らないの?太らないけどお腹ばかりか胸も、、、思わず歩巳の胸を触る、パシャ!キャッ!女の子っぽいw。

6コメ、美術の時間、お互いを描く、龍姫vs、と、歩巳vs虎子に古囃独楽が緊急参戦。
一方でおどおどキャラの大場湊兎子々の術中におびえ、キタコレとか言われてるしw。
またまた一方の知恵は暗~いキャラの蕾家祈と、こっちはたんたんと^^;。
歩巳のポーズは虎子独楽に振り回されて、こいつら気が合いそうw。
しかも描くんじゃなくて写真撮ってるしwもうリボン外してみよーー!w
完全に撮影会状態w。
交代しても撮影会、虎子はかなりノリノリ、これに魅了された子々も参戦、萌え襲いかかりすぎw。
しまいには龍姫に怒られて正座w。
ええと、小動物には触れずにおこうw。
そして独楽は商売繁盛、って子々買いにくるな!w

今回もまったり、キャラ沢山で全員出すのも大変そう^^。
これはバリエーションありすぎて、この作品は生き残りそうだな。
個人的にはが好きかもw。
今回で暴走キャラはっきりしたけど、逆方向のキャラももうちょっとクローズアップを!
例えば湊兎とか、湊兎とか、湊兎とかw。
歩巳との怯えキャラコンボを是非^^。
次回もまったり楽しみに^^。
Date: 2008.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

かんなぎ 第三幕「スクールの女神」

結局今回も見た!

居候の神様はが学校に行くと相手いなくて暇~~~~w。
やっと学校の美術部員きたーー!w
芸術肌な巨漢の響大鉄、アキバ系で妙にかっこつける秋葉(突っ込んだら負け)、品定め好きそうな部長の木村貴子にお嬢様な大河内紫乃。
でもって試練という名の旧部室棟の掃除、でもは普通の人が見えないものが見えるから、そゆとこ嫌いw。
それでも部長命令で行くと、ケガレをみつけてしまい、ナギに学校に来て欲しくないは悩む。
でも不審な様子にナギ来ちゃった!
ってつぐみ、制服貸すな!部外者なのに目立ってるしw。
学校騒然、でもナギはケガレの気配を感じていた。
そして旧部室棟へ、ついに地下へのハッチを開ける、と?
ひっかかったーー!って部長たちの新入部員への儀式^^;。
そこにいたのは顧問の毒蠍先生w。
ケガレの存在を見誤ったナギは走り出すと礼拝堂が、そしてそこにはシスター?しかもナギの妹!?
軽くケガレを一ひねり。

新キャラ増えて、広がったけど、ナギの妹って、神様に妹っているもの、あぁナンチャラではいたかw。
でもちょっと色物系多すぎな気も、まあ幼馴染が純粋系だから良いのかな?
つぐみはナギを敵視も、作中じゃナギは凄くかわいい設定だし、仕方ないか。
にしても典型的な展開にも見える。
忠実に作ってるように見えるし、そうなるととんでも表現やらは無さそうな感じ。
絵は悪くないけど、何か足りない感じは否めない。
脇が少し弱い気もするけど、掴みだし仕方ないかな。
う~~~ん、また切るか悩む展開、やって18本に減らしたしもう一押しだしなあ。
異形なしのハーレム系はあるし、異形系なら喰霊とかとある魔術の禁書目録で間に合ってるし、ちょっと中途半端な立ち位置。
乞うご期待(何が?w)。
Date: 2008.10.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

とらドラ! 第4話「あのときの顔」

声をひそめながら、おはようございます

朝、大河の部屋、世話焼き女房な竜児は起こしに来たけど、ふと段ボールみつけて、それは見ちゃらめなアルバム?ブレてて誰だかわかんないけど祐作らしい。
「俺が撮ってやろうか?」
興奮の大河、でも全部撮れ的な物言いw。
クラスで意外と女子に人気な祐作、生徒会の副会長ってのも不安材料?
生徒会長の女子も本当かっこいい^^。
祐作に近づく女は全員気に入らない!って感じに大河は噛みついたけど、祐作に掴まれて昇天?w
その後挙動不審w。
しかも思いがけない、大河実乃梨竜児祐作でお昼、ガチガチの二人、はっ!弁当同じじゃないか!ばれたら、、、。
放課後、掃除に夢中な竜児を引きずってソフト部の練習場へ連れて行く大河w。
でも興奮して画像はブレまくりw。
撮った画像をブレてようが関係なしで写真にする大河、よだれよだれw。
お母さん、出てきた~~~~!^^
竜児の方は期せずして実乃梨の写真を手に入れた、バケツプリンと一緒だけどw。
大河は祐作の写真を最初はデレデレ眺めていたけど、だんだん沈んで行く。
そして写真を渡された竜児、祐作にそれを覗かれてしまう。
実は祐作は大河に以前告白していた、でも大河は混乱して断ってしまった。
でも意識してから祐作を好きに、あの時は嬉しくて認めてもらったっていうか。
だからのその時の祐作の表情の写真が欲しかった。

にしても祐作も念願叶ったってはずなのに、友達でって、もったいないというか^^;。
でも多分人一倍大河のことを見てたから、竜児と会ってからの大河を見てしまったから、だから祐作は保留にしたのかも。
とにかくまだ先に行かないとわかんないな。
一方の実乃梨もなんとなく竜児に写真を渡したようにも見えた、普段あんなに明るいのに、前回で竜児に少し本音を見せたり、結構気がある可能性も。
嵐の予感w。
生徒会長と竜児のお母さんもっと出してこうw。
次回は新キャラ、内面系来るか、あんまダークにして欲しくないけどね。
Date: 2008.10.23 Category: アニメ  Comments (1) Trackbacks (1)

機動戦士ガンダムOO #3「アレルヤ奪還作戦」

情報量の多さでブログする気が少し減るw。

アロウズ創設にはヴェーダの情報統制がきいていた、だからこそ発言力も高い。
マリーナは新型ガンダム出現で刹那との関与を疑われ捕らえられたが、それはヴェーダの策略、あえてアレルヤのいる刑務所へ送り込まれていた。
ソレスタルビーイングを迎え撃つために刑務所に来たピーリスアレルヤと会う、しかし同じ超人機関にいてピーリスをマリーと呼ぶアレルヤピーリスは困惑する。
ライル(ロックオン)はマイスターになったものの、軽口でティエリアを怒らせ本当に戦力になる?でも能力値は異常に高い。
刹那は沙慈にスローネと自分たちは別組織と告げ沙慈も認めるが、そんなことでは釈然としない。
王からの情報でアレルヤ救出を考えるプトレマイオスクルー、スメラギに作戦を練って欲しいと頼む、今ここでまともな作戦を立てられるのはスメラギだけ。
そして練られた作戦は電撃の300秒、それぞれの想いを乗せ、しかしライルはやはりカタロン側?
迎え撃つアロウズ、しかしプトレマイオス級が大気圏からの落下から海に突っ込み、津波を起こし前線を一掃、迫り来るガンダム、新鋭機でなければ赤子同然にやられていく。
しかしその時、カタロンも呼応、敵には結託しているように見える。
救出はあっさり、圧倒的戦力でアレルヤも救出、そして刹那マリーナ救出に走る。
アレルヤは迎えに来たアリオスガンダムに乗ろうとした時、ピーリスと対峙する。
アレルヤはピーリスに思い出してもらおうとフルネームを言った時、ピーリスはフラッシュバック。
銃を取り落とす、結局ピーリスに触れられぬままアレルヤは刑務所をあとにする。
そしてダブルオーのコクピットにはマリーナも。
一方カタロンはライルの情報で多くの同志を奪還、しかしシーリンはマリーナがソレスタルビーイングに連れ去られたことを知る。
アレルヤはティエリアとの再会、マリーナは戦う刹那のために涙を流す。

まあ救出することは分かっていたけど、マリーナのおまけ付き、しかもこれってリボンズには折込済みな気が、ソレスタルビーイングすら手玉?
今回はすべてのガンダムが出てきて、敵もGNドライブを手に入れてるのに更に強いってのがなあ^^;。
更に新しいガンダムマイスターはいろいろ問題あり、アレルヤはピーリスを迎えにいくとか言って、これからどうするのやら、躊躇やらあるんじゃないの?
しかもライルはカタロンと繋がってるし、ロックオンに似てるからフェルトも心中おだやかじゃないし。
これでフェルトを崩されたらソレスタルビーイング自体危なくなりそうな。
とにかく今回で全部揃った感じ。
にしてもプトレマイオスに沙滋もマリーナもいるってどうなんだろ^^;。
他にもまだ問題ありな登場人物は多い。
期待と、、、ブログ面倒くさいw。
Date: 2008.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ケメコデラックス 第三話「ケメコ登校!?」

OP見ると女ばっかだな、ハーレム?

ケメコってどんだけバージョンあるんだw。
まあ三平太が嫌がろうが学校にいるんだけど^^;。
しかも教育実習生で、っていうのも三平太が狙われているらしいとか?
ハプニングでイズミと三平太が急接近、まあイズミは恥ずかしくて投げるわけだけど、このあたり典型。
ってわけで敵出現、10年前に宿した力って??
現れた敵は黒崎リョーコケメコもかなわず、三平太は拷問まがいの電撃!
ハズレかとあきらめたとこでドカーン!ナノボールって?目覚める力、って頭から芽が出た?
つうか暴走してるし、エムエムケメコで決死のヒップアタ~~~ック!
止まったけど、森羅万象?
これがエムメムの目的?泣いてまで無事を喜ぶエムエム
イスミもそれを見てしまった。

ええと、分かりません^^;。
三平太に秘めた力あって、暴走しそうで止める、ありがちだけど、最近どっかで見たなあw。
にしても美咲良い^^釘宮はやっぱ凄いのかも、電波な感じやダークなとこもw。
でも話は簡単そうな感じ、キャラの魅力で見てきたけど、ドタバタ続きだと飽きそう。
もう一捻りして欲しいとこかな。
キャラの魅力に負けるかどうか、そこかもw。
Date: 2008.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

喰霊ー零ー 第3話「邂逅砌(かいこうのみぎり)」

神楽黄泉が討つ刹那、回想だよ~~~(ドカベンか!)。

高名な退魔師の集まり、そこに土宮と諌山の家があり、それまでは土宮が頭領だったが、土宮は怨霊退治の最中、妻が死んでしまい、夫が喰霊白叡を宿すためその娘神楽は諌山に預かられることになった。
諌山の家にも娘がいて、その名は黄泉神楽より少しお姉さん。
神楽は昔から家で厳しくされたからか、あるいは母親が死んだからか心を開かない。
それを黄泉はほぐそうと優しくしてくれる。
一緒に寝てくれると言ったその夜、黄泉は退魔に招集される、まるで母の最期の日のように。
その後、二人は仲良くなって、登下校も一緒に、でもたびたび呼び出される黄泉、これはお勤め、でも神楽はそのたびに母を思い出していた、黄泉は約束する、私が神楽を守る。
そして一緒に退魔に来たら、環境省の面々は土宮の娘と知って即戦力扱い、黄泉早まったか^^;。
結局父に怒られる黄泉w、でもそれで黄泉が神楽を預かりたがっていたことを知り、喜ぶ神楽。
でも黄泉は諌山の家の子ではなく、養女だった。
それに報いるためにも鵺を宿し退魔する。
その覚悟を知った神楽も環境省へ入ることを選ぶ。

この頃は黄泉も神楽もかわいいねぇ^^絵も結構質高くで移入できる。
今回はたいした進展はなかったけど、なんていうか掴みから→この話って感じで、順序を考えたんだろうけど、初回で判断する人にはこっち先でも良かったような。
自分は悪くないと思うけど、導入から暗いと敬遠されないとも限らないから。
あとはもうちょっと環境省やどんな悪霊対策の組織があるかを教えて欲しい気分。
環境省の面々もそれぞれしがらみがあるんだろうし。
で、神楽も百叡を宿すんでしょ?
この刹那を回避するのはそれなんだろうか。
次回は回想の続きと思うけど、そこそこ面白くなってきたかな。
Date: 2008.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

屍姫 赫 第3話「夜の声」

うちの馬鹿ソフトは「赫」が出せなくて毎回面倒;。

闇夜に赤ちゃんの泣き声、眞姫那が着いた時には、死体が一つあるだけ。
一人暮らしを始めた旺里、早々に風邪をひいてしまった、でも学校には良い仲間がいて家に連れてきたくれた。
そんなうなされる夜、祟られるおぼえはないのに赤ちゃんの鳴き声、これは助けを求めていると黒猫が告げる。
被害者は若い女ばかり、屍が狙うのは擬似母親?
旺里は黒猫にいざなわれるままに問題のつぶれかけの病院へ、そこで意識を失う。
そこへ眞姫那が探りを入れに妊娠したとやってきた(嘘w)。
でもここの医者の瞳には怪しい光。
眞姫那と知った旺理は一緒について行く、新生児室、そこには新生児ではない赤ちゃん。
眞姫那は屍と決め付けてその子を連れ出そうとする。
それを止めようとして旺理は眞姫那の放つ臭いで眞姫那が屍であることを実感してしまう。
赤ちゃんを連れ出す時、巨大な屍が現れる。
そして簡単にやられる眞姫那(なんで毎回最初は弱いかなあ^^;)。
医者の口から語られる、屍は子供を産んだ母親、出産後に亡くなったが復活、子育てには医者が必要と言うことを聞いてた。
しかも屍の不死の体を差し出し、医者はその謎を解くために患者に屍のエキスを駐車し擬似屍にしていた。
死体はそのなれの果て、死体に戻れば人間の姿になっていただけ。
それを聞いた眞姫那は反撃する、屍が人の心を持つなど無駄、それでも旺里は眞姫那を人間扱いする。
一件落着、最後に景世に助けてもらったことも気付かぬ旺理。
医者に実験を吹き込んだ奴がいるはず、しかし先に手を打たれ医者は殺された。

なんだか物足りない、暗いしもう少しコミカル分を、声優も少し合ってないような気がするし。
かわいいとかカッコ良い声の人がもてはやされているから、こうゆうアニメはこうなっちゃうのかな。
まあ眞姫那の声は嫌いではないけど。
で、ここに堀江由衣が混入されているのもなんともよくわからん。
ある意味統一感が欠けるというか、もちろんこれから表に出てはくるんだろうけど。
ストーリー的には怪奇ものだし、その中で人ならざる屍姫が旺里と会ってどう変わっていくかってとこなんだろうけど、ツンデレになるんだったら見続けるかもw。
でも微妙かな、最近切る気がガゼン出てきたからw。
というのもミチコとハッチンの質を知ってしまうとね。
Date: 2008.10.22 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

とある魔術の禁書目録 #03「必要悪の教会」

少しフェイト色を出し過ぎな気がする、かぶると良くない。

自分を治す魔術について指示を始めるインデックス、混乱する小萌先生を誘導。
「先生、魔法少女ではないですよ」
萌え分を忘れない作風好きですよw。
でもどうやらノリの良い人で良かった^^。
そして天使を呼ぶ、小萌先生により具現化される天使、そして危機は回避される。
「良かった背負わせることがなくて。」
自分が助かったことより、当麻が苦しむことを気にするインデックス
次の日、元気なインデックス当麻は安心するがもう先生も巻き込みたくない。
もちろん小萌は教師であることから当麻が困っているのを黙っていられない、でも猶予、その意味は?
にしてもインデックスもウサ耳パジャマが似合うとは^^;。
これ以上は魔術を行使させない、異世界に触れすぎると、それだけに脳を破壊しかねない。
インデックスは語り始める、自分が十字教世界の一部必要悪の教会「ネセサリウス」のシスターにして、世界を例外なく捻じ曲げられる力を秘めている10万3000冊が蓄積されている。
当麻はそれを言わなかったインデックスを怒るけど、インデックスの反撃w。
それを遠方から見るステイルと片足ジーパンで剣を持つ女、インデックスとの因縁が伝わる。
小萌が買い物から戻る、何も聞かず受け入れてくれる。
銭湯に行くとき、1年前から記憶のないというインデックスにまた少し怒りそうになる当麻、それが気に食わないインデックスはまたも反撃w。
もうラブラブなんですけど^^;。
そんなわけで、喧嘩別れしたそのとき、人影が消え、あの片足ジーパンの女が現れた。
そして名乗る
「神崎火織と申します。」

終わり方はなんとなく前回と同じ、嫌いじゃないけどね。
インデックスと当麻は相性ばっちりな感じ、もちろん当麻の素養を仮定しないとこんなこと成り立たない、本当は当麻も普通の高校生なんかじゃなく何かバックグラウンドがあるんじゃないの?
にしても小萌マジックだなあ、話は結構重いはずなのに、そう感じさせない、というかラノベってそういうとこあるかも。
まあ主人公に恋愛フラグ立つとその人死んじゃうみたいな流れは無いんだろうけど^^;。
とにかく全容が全く見えてこない、こんな短時間のインデックスの会話で何が分かるっていうんだ。
まあこのたたみかけっぷりもラノベっぽいけど、正直好きな展開。
でも僥倖がそうそうあっても困る、当麻には今回負けて欲しいか、誰かに助けて欲しい気持ち。
しかし情報が多すぎてブログ泣かせだ、ちょっと混乱、次は頑張ります;。
Date: 2008.10.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

見事なクオリティ

実はこれはサルベージ用の書きこで申し訳ないです。
でも「ミチコとハッチン」なら書くことはあり^^。

斬新さやスタイリッシュさを期待して見たものの、それを越える出来。
あまり設定も知らずに見始めたから、冒頭の刑務所からの脱獄や、銀行強盗をサラっとやるミチコの図太さがこれからの見所な気が^^。
しかもハナの境遇もここまでやるかって感じで、とっても良い感じ。
最後に反抗してからミチコに連れ出されるタイミングは、ただ従ってた弱い子供、っていうイメージを払拭して、これからが楽しみに。
この質ならアニメ好きじゃない人でも面白いと思うし、幅広く知って欲しい、序盤の映像をHPとかで流せば面白いと思うんだけど。
まあそれは売る側の考えれば良いことか。
でもアニメ好きにはもしかしたら敬遠される可能性もあって、それで打ち切りとかやめて欲しいから。
みんなに見て欲しい^^。
Date: 2008.10.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

鉄のラインバレル #3「蒼の戦慄」

なにやら強いの出てきたーー^^。

JUDAに戻ってくる男森次とは、暴れるラインバレルをもうほっておけない。
そのことを加藤機関もわかっていて、どう動く?
浩一絵美に起こされる幸せ生活、死んで良かった~w。
でも学校では今までいじめられていた奴らを舎弟にしてふんぞり返っていた。
そんな浩一を変わったと理沙子矢島は心配する。
矢島の苦言に耳を貸そうともしない、返って強くなった自分へのひがみと一蹴、本当に最低w。
理沙子はそんな浩一に昔を思い出してもらうためにパンケーキを焼く、家にいくと女(絵美)がいる!!w
少ないコミカル分をここで補充w。
そこへ浩一が戻る、と途端に爆発、また加藤機関の攻撃、浩一は再びラインバレルに乗る。
加藤機関の奇襲、ラインバレルはあっという間に囲まれ、戦い方を知る敵に翻弄される。
矢島はそこで知る、浩一はいつも守られ、大事なものさえ守れない、その繰り返し、この歪になってしまった性格は自分のせい?
ラインバレルがやられそうになる刹那、黒いアルマが現れ敵は撤退、そのアルマからのラインバレルを渡せという声に向かっていく浩一、それに乗るのはJUDAのエース森次、スキルが違い過ぎる。
圧倒的な力に自暴自棄になった浩一は周りを壊しまくる、矢島の声は森次も浩一も止められない。
今やラインバレルこそ侵略者。
そのとき絵美が叫ぶ「やめて!」と同時にラインバレルは停止、浩一を射出する。
それに激情した浩一は言ってしまう
「邪魔するな!お前は俺に守られてりゃ良いんだ!」
言った瞬間に浩一は気付く。
「あなた、最低ですね」
絵美の声が突き刺さる。

う~~~ん、なんか最高に最低にしようって煽ってる感じがみえみえで、少し引くなあ。
どこかで見たようなシーン目白押し、今日のメカは少し物足りなかったし。
慣れると大したことないのかも。
でも浩一ばっか写さないで他の人も写そうよ、主人公だろうけど、それだけだとここ2,3回で視聴者減るよw。
だってこんな嫌な奴の成長なんて期待したくないじゃん、それに矯正されてもなんだか胸糞悪いしw。(言いたい放題かw)
でも脇役はそこそこ魅力的でまだ内情が分かってないしな、加藤機関もJUDAも根っこが分かってない。
にしても世の中には少女博士しかいないのか^^;。
さて来週見るかはかなり流動的だなあ。
Date: 2008.10.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

ソウルイーター 第29話「復活のメデューサ~蜘蛛と蛇、因縁の再会?~」

最近面白さに磨きがかかってきたような^^。

→付きの蛇、宿主を探すように、→犬→子供、、、。
敵から奪った魔道具の設計図は保管庫へ、死神様はなぜこんな危ないものを残しておくのか。
ブラックスターは喧嘩三昧、前回の敗北がかなり効いてる感じ。
講義、黒板の書きこみ面白いwシュタインの書きこむ様が見えるようw。
アラクノフォビア対策で魂の共鳴をチームでやらなければいけない、来い!解剖してやる。(教師の言うことじゃねー)
良い様にあしらわれて、しかも仲間割れw。
シュタインは時間の無さを理解しない面々に苛立つ、それは恐らく自分に残された時間も。
アラクノフォビアでも仲間割れ?
そこへアラクネの妹と名乗るもの、それこそ少女に入ったメデューサ
復活して姉に挨拶、でも蜘蛛の網で常に監視はされていた。
ここでの衝突は無く、互いに相手の監視は緩めないつもり。
そしてメデューサは忘れ物を取りにデスシティへ向かう。

今回は大人しい感じだけど、メデューサの移り方は恐かった、自分の娘の様子がおかしいってこんなにも恐しい感じなのか^^;。
メデューサも復活するし、死武専の生徒は突然に成長できないのだから、状況悪くなってくだけだな;。
さらに狂気が広がるわけで、展開読めない。
細かくはアラクネの食事風景の皿やツボを入れ替える侍従たちの動きとか良かった。
ああいう一件意味不明な風景を入れることで、そこで起こってることの異常さがより助長されるというか、まともじゃない雰囲気を出してる。
この時間にしては斬新でしょう。
でもチームでの共鳴って、いつかできるようになるの?
絶対無理っぽいんだけどw。
来週はマカ出ないのか、そういえばアニメイトのネットラジオの小早川千明はかなり面白い、声優ってまともじゃないとできない職業?w
Date: 2008.10.21 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

黒執事 第三話「その執事、万能」

少し全体設定が見えにくい作品なんだよなあ、スカスカな感が。

マダム・レッドの執事のグレルを預かることになったシエル、でも想像以上に使えない、良い人なんだけどねえ。
ファントムハイヴの屋敷は建って2年くらいで風格、それは以前のものと寸分違わず作ったから、でもなぜ?
そんな家にエリザベスがやってきて、建物中全部ファンシーにデコレートwっていうかセンスが破壊的なんだけど^^;。
シエルセバスチャンも形無し^^;。
ちなみにシエルの許婚とか。
そして強要されるダンスパーティー、シエルは全然踊れない^^;。
ってわけでセバスチャンが教えることに、なんでもできるな本当、まあ死ぬほど生きてそうだもんなw。
そして辛らつなレッスンがw。
パーティー、コーディネートにこだわるエリザベスシエルの指輪が気に入らなくて壊してしまう、それはファントムハイヴ家に伝わる貴重なもの、激昂するシエル
それを止めるセバスチャン、冷静を取り戻したシエルは指輪を捨て、エリザベスとダンスを踊る。
「指輪などなくてもファントムハイブ家の当主はこの僕だ!」
その夜、寝室で捨てたはずの指輪を渡すセバスチャン、そこには今までの当主の断末魔が詰まっている。
珍しく弱みを見せるシエル、それを見て不気味な笑みを浮かべるセバスチャン

今回は意図がよくわからなかったなあ、新しい登場人物と、いつものセバスチャンの万能さ。
シエルとセバスチャンの関係が契約なら、シエルの弱みはおいしい?
つうか次回予告はなんかヤバイ、そっち方面はNGなんだけどw。
う~~ん、そろそろこれも危ないかな、他が良すぎるのもあるjけど。
絵が少し雑だしね。
Date: 2008.10.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

CLANNAD-AFTER STORY- 第3話「すれちがう心」

恐るべしコスチュームの威力、まざまざ、まざまざだよ!

陽平の彼女役で制服の早苗に、芽衣陽平もメロメロ、はちょっと心配そう^^;。
案の定、陽平は最悪のデートコース、定食屋とかゲーセンとか、、、。
いじめられてる女の子を助けることもせず、有頂天の陽平、女の子にはお兄ちゃんがいて、いじめっ子から助けてあげたけど、迷子みたい。
早苗芽衣はその子を気にして、結局デートはここまで。
陽平はすねるけど、早苗のまたデートしましょうに再び有頂天w。
それから芽衣は考え込むように。
陽平は有頂天になってるけど、芽衣はそれが気に入らない。
そんな芽衣に陽平はそろそろ帰れという、でも芽衣にはこっちに目的があった、好きな人がいるから会いに来たと言って出て行く。
追って来ない陽平、芽衣は期待してたのに。
また早苗と陽平のデートの日、お父さんにばれそうになりながらw。
早苗を見失った朋也と芽衣は二人で町に、兄扱いして良いと言ったは良いけど、「お兄ちゃん」と言われて衝撃w。
ことみにも見られた~~~!w
わがまま妹に完璧に翻弄される朋也w。
そして楽しそうな二人は陽平と出くわす、朋也は芽衣の想いを知ってるからつきあってると嘘をいう、でも陽平は苦しそうな顔をするだけど怒りもしない。
芽衣もこのままじゃ帰れなくなってしまった。

う~~ん、陽平にしっかりして欲しいってのもあるんだろうけど、やっぱ兄が好きなの?
にしても最後のは話こじらすだけだろ、少し不自然、いくら嘘上手な朋也でもw。
それでも今回は絵が見事な感じで、芽衣の表情とかよく描けてた。
「お兄ちゃん」攻撃もかなりもの、確かにこんなふうならなんでも買ってあげそうだw。
次回は更に事態悪化なのかな?
嘘がどう流れるか、早苗も芽衣と朋也も。
このアニメに関しては少しくらい痛い結論でも良い気はするけど。
Date: 2008.10.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

夜桜四重奏 第3話「ソノカクゴ」

今回はヒメの話かな?

幼い頃にお婆さんから任された桜真町の町長の職、代理も立てずに今まで頑張ってきた。
最近ヒメが拾った犬、シルバ、やたらかわいがってメタボ犬w。
シルバを連れ歩くヒメだが、町の人の中には遊んでるように見えるという者も、秋名ヒメに自覚しろという。
でもヒメは人一番頑張れば良いのだと突っぱねてしまう。
一方で謎のキツメ耳の男が七合に何かを仕掛けた。
その晩、シルバは秋名に噛みついた、良かれと思ってやったのかな?
シルバを叱るヒメ、卑怯な子はいらない!
犬に傘をさしてあげるアオアオは心読めたんだっけか。
傷心のシルバはキツネ耳の男に妖怪に落とされてしまった。
対峙するヒメと事務所の面々、最初はシルバと知って本気で戦えないものの、ヒメは町長の覚悟を見せるためシルバを討とうとする。
でも秋名はそれを制して、ヒメが討つべきじゃないと、そのためにうちらがいるんだと。
七合の力は弱まり、これからもこうゆうことが起こる予感が

登場人物は誰も強くない、でも助け合いながら頑張って行こう、って感じか。
でも敵が七合に入れないからこそ、間接的に仕掛ける展開は面白いかも。
能力はアオと似てるし、OPのこともあるしなあ、謎。
個人的にはもっと事務所のほのぼの映像が欲しいんだけどw。
妖怪やこの町を守るっていうのとこで、悲哀が結構出てくるわけさ。
まあシルバに最後のヒメの思いを分からせないままチューニングさせたのは好感。
普通は分からせて、それでもチューニングなんだろうけど、そうしないとこは今後の展開で意外性を期待できるから。
気になるのは土地神衆の強さ、なんでコスプレなんだろうw。
Date: 2008.10.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

カオス;ヘッド 第2話「ego」

凄く電波な感じの話。

登校、拓巳の前に現れたのは、あの事件現場にいた少女梨深、以前からの友達のような顔で。
周りもそれを認めて、混乱する拓巳、それを慰める脳内彼女w。
隠れ家コンテナの中に逃げ込んでも、いつの間にか入ってきる梨深、必死にリアルから逃げ出そうと梨深を追い出す。
警察では事件現場から逃げた拓巳の映像。
梨深を追い出したは良いけどその日は好意を持たれた優愛のフィギュアの予約の付き合い、七海とも遭遇、梨深はメールアドレスまで聞いてきて、仲良くしようとする優愛にも混乱。
少しギャルゲーチックな感じw。
優愛拓巳のネガテイブなとこをすべて認めてくれる。
一緒に帰るまでに、その全肯定っぷりに信じてみようと思いかける拓巳
でも彼女の落としたバッグの中からニュージェネの記事、豹変、今までにない低い声で、部屋にあった犯罪に使われた杭のこと、そしてネットでの自作自演、将軍はあなた自身。
優愛の意図も見えない、どんな関係者なのか、そして自分になんでこんなに詳しいのか。
混乱、妄想、逃避。

やっぱり掴みきれないな、もちろん隠してることが多すぎるからだし、伏線ぽいものを張りすぎ。
?梨深が犯人で、警察とは別に優愛が犯人を追っている?
?優愛が犯人で梨深がそれを追っている?
?拓巳が犯人、本人は混乱し過ぎて自分のしたことを妄想とでも思っている、そして近づく梨深と優愛。
?第三者が犯人、梨深と優愛はともに犯人を追っている?
教室で梨深と優愛は遭遇してるから仲間ってことはなさそう。
いずれにしてもその鍵を握るのが拓巳ってことか。
まあそれ以外にも謎の言葉が繰り返されたりしてるし、何が本当か何が妄想かも分からない展開。
異色で面白いのだけど、少し猟奇色と妄想多めで怖い女の人多すぎなのが^^;。
そう考えるとひぐらし系なのかな、売れると似たようなの出てくるからなあ。
Date: 2008.10.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

アニメブログの見て回って

ときどき他の人のアニメブログとか回るのだけど、ここまでやるって凄い、って人いますね^^;。
アニメの映像を何枚も入れてすべてのカットにコメント入れたり、これ作るのにどれだけ時間がかかるのやらと、少し感動してしまうくらいに。
作品に対する愛というか、そういうの感じます^^。
そんなブログはもちろんコメントやトラックバックが多いわけで、うらやましい^^;。
自分は文章だけなのだけど、まあ本数もあるし時間も制約もあって、そこまでできないんです、、、。
もちろんやり方の違いとは思うけど、、、、。
相変わらず模索中、どうすれば良いんでしょう?
Date: 2008.10.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。