スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス- 5話「交錯」

今度は5年前、レゾナンスに失敗し触れた女の肉片が弾け飛ぶ。
それを見ているのはジルアード軍士官ガーネット・マクレーン、ISDAにできたレゾナンスが何故我々にはできない!
現在、月に着いたギオジン、月面の市街地でトアを探す、しかし簡単にトアを見つけられないジンに見切りをつけてギオは離れていく。
ISDAの記者発表、小惑星タナトスは敵、そしてドラゴノーツはそれに対抗するドラゴンを持つ部隊、Dプロジェクト、それは地球を救うため。
マクレーンはすでに月にいた、ギオ捕獲のために。
ISDAはDプロジェクトへ傾斜、前回カズキに会った女もISDAにいた。
アキラカズキの会話、アルブムは月にいるという。
ギオと別れたジンは簡単にジルアード軍に確保される。
そして即座にドラゴンにだけ聞こえる放送で月面をジャックしジンを餌におびき出す。
その頃、ユウリはサカキにドラゴノーツをアルブム確保へ向かうように進言する、シャトル事件の犯人を捕まえたくはないですか?
ギオが指定された場所に現れた、罠でアクチュアライズできなくなったがそれでも強い、マクレーン自ら戦い一進一退、でもジンが暴れて弱体する兵器を止め、ギオはアクチュアライズ、ジンを奪って逃げようとする。
その時、ジルアード軍のドラゴン、アガシオンが現れる、最初は驚くが戦っているうちに敵が暴走を始め、結局倒されてしまう。
ジルアード軍にはまだドラゴンを操る術がなく、だからドラゴノーツの技術が欲しかった。
ギオがジンを助けた理由はトアが月にいると分かったから、その時はともに探す約束、だから助けた。
でもトアは二人の存在を知っているのに現れようとしない。

簡単に月に行くし、市街地があるのも知らんかった^^;。
そういう些細なことは気にしない設定みたいだね。
でもジルアード軍はレゾナンスしてないジンを拘束する見当違いなことしてて、このことが後で何かに絡む?
にしてもジンは簡単にあちこちで拘束されて、だからこそいろんな状況が分かるってもんか。
一応、本命の敵はタナトスにいて、地球ではドラゴノーツ、ジルアードはその技術を欲していて、それとは別にアルブムの存在、となかなか複雑。
Dプロジェクトの最終目的もまだ見えてないし、まだまだやることありそうだね。
その中でのジンの位置づけが問題か、トアとの関係も気になるし。
それでもGONZOにしては簡単な構図かも^^。
スポンサーサイト
Date: 2007.11.01 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。