スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

フィラデルフィア美術館展の感想

もう終わってしまった展覧会ですが一応感想を。

主旨としては前半有名な印象派前後の画家の作品、有名なものから少しづれたのが多かったように思えます。
でも作風が伝わってきて、有名なのと比べることで知識に厚みが出るように感じました。
中ではマネの描写に圧倒されました、点描の中のピンクが明るく柔らかい輝きを出していることを実物を見て実感しました。
本物を見る意味ってのを再確認しましたね。
また後半はアメリカのアーティストの作品、こっちは初めてみるものもあって面白かったです。
特にオキーフのカラ・リリーは鮮烈です、あの大きさを生で見て初めてその魅力が分かったし、他の作品を見て自分がどう感じるか体験したい気分に。
他にはワイエスの競売は現代に近づいて来た絵だと思うし、多くの意味を含んでいて面白かった。

正直に言うと期待ほどには良くなかったように感じました。
全体的には面白かったけど、衝撃的なのはなかったような。
あとは最後の方に行ったので込んでたのが、まあこれは自業自得だから仕方ないのですが。
またどこかに行く時に書きます、今度は東京都現代美術館に行こうかと思ってます。
スポンサーサイト
Date: 2007.12.24 Category: 鑑賞、観劇、体験の話  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。