スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

スカイガールズ 26話「それぞれの・・・」最終回

後日談
あれから半年、ソニックダイバー隊は解体、瑛花可憐も普通の生活へ、でも二人とも以前とは大違い。
優しく、力の抜けた瑛花、男に対しても普通に接することができるようになった可憐
エリーゼは料理長の家に引き取られ、普通の学生生活を送っていた。
追浜からみんなに知らせが来た、それはどんな知らせ?
蒼哉の元に来た瑛花は教官、候補生もいる、ってことは、、、?
その頃、音羽は島に戻って自然とともにある生活、そこへ久しぶりに蘭子たちがやってきた。
その手には音羽への手紙、前は反対していたおじいさんも優しく送り出してやる。
たくみは今も街を撮っていた、そして以前より復興している町並み、その中に可憐の兄が手がけてるものもあった。
そして追浜に集まってくる仲間、それは新しいソニックダイバー隊の結成式のため。
そして音羽を向かえに行く遼平、バイクに乗せてやるっていう約束を果たす。
七恵も一応軍に所属していて、彼氏とはうまくいってるみたい^^。
ソニックダイバー隊はワームのいない今、レスキュー部隊として再出発する。
その結成式のデモフライトのためにみんな集まってきた。
アイーシャはあれから起きていない、周王アイーシャにかかりっきりでいた。
蒼哉は最後に4人を集め「平和のために飛ぶお前らが見たかったんだ。」と言う。
そしてデモとして最後のフライト。
メカニックに礼を言う面々、そして一機一機飛び立って行く。
みんなが空に飛び立った時、何かに反応するかのようにアイーシャが起きた。
もう何も不安はない、みんなは最高のデモを楽しみながら飛行する。

この作品はひたすらほんわかな戦う少女の話だったと思う。
キャラの柔らかさとか、話の悲壮感の無さは安心して見られるから楽しかった。
まあ最近のギャルものはひどいの多いから帰って爽快w。
それに全体のバランスが凄く良かった、キャラや絵、メカの質は高く安定してるし、ベタではあっても丁寧に順を追った話は好感。
最後の方くらいしかサプライズは無かったけど、これで良かったんじゃないかな。
今回のことだと、候補生のスーツがなんともまた、よく見て見たかったw。
こうなったらワーム復活の方向でw。
アイーシャが起爆剤で新しい危機に、候補生と復活した4人が対するとか良くない?
ちょっとリリカルなのはっぽいけど、可だと思うw。
それと結局気になる男とはくっつかず、このどっちつかずなは安心感も一応は良かったかな、統一感ていうかね。
戦う少女たちなのに力の抜けた作品、あっても良いんじゃないかな。
スポンサーサイト
Date: 2007.12.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。