NFL2008プレイオフ観戦、AFCチャンピオンシップ

今朝NHKBSで見ました。

ペイトリオッツvsチャージャーズ

最初、リバーストムリンソンは出ていたけど、リバースは脚を引きずり、トムリンソンは数プレーであとは出てこなかった。
これだけだとペイトリオッツがかなり優勢かと思ったけど、序盤は互いに攻めあぐね、ブレイディチャージャーズディフェンスに苦しんでいる印象。
チャージャーズのOLは逆に結束してプロテクションは強かった。
ただリバースのプレーが本物じゃないし、ゲイツも少し痛んでいた。
そしてチャージャーズブレイディからインターセプトを奪い続けるけど、決め手を欠いてTDまで辿りつけない。
一方のペイトリオッツは時間がたつにつれてアジャストしてきて、フォーク他へのショートパスや、マロウニーのランが出始め、負けずにターンノーバーから得点はきっちりTDにしていた。
後半敵レッドゾーンからブレイディの信じられないインターセプトで、ほぼ互角に見えていたけど、そこからは地力の差。
決めるべきところで決められるブレイディがそうそう連続ミスすることもなく、タッチのおかしかった前半に比べ、じょじょに良くなってきた。
最後にはマロウニーのランが効き始め止まらなくなって、そのまま時間を食べ切った。

チャージャーズも力はかなりあるのだけど、ペイトリオッツの方が上手だった。
プレッシャーに対応して早いパスやランで散らして、深いゾーンはなかなか通せないからショートパスで繋いで行く。
モスは1回キャッチだけだったけど、十分敵を惹き付けブロックにも貢献していた。
こういう丁寧なブロックがランやショートパスからのロングゲインを引き出していた。
チャージャーズもプレッシャーは強くてサックもいくつか上げていたしインターセプトを3つも取った、それでも勝てない。
チャージャーズの攻撃はトムリンソンもいなくて、大きなレシーバーとターナーで頑張るけど、最後の決め手がどうしても無い。
トムリンソンがいたらと思うけど、そしたらそれでペイトリオッツは別のゲームプランで勝ってしまいそう、それくらい懐の違いを感じた。
でも総じて良い試合、息が詰まるようで見るのに疲れる試合だった。
これでパーフェクトシーズンまで1試合、おごらずに当たればどっちが上がって来てもペイトリオッツが上だろう。
スポンサーサイト
Date: 2008.01.21 Category: NFL  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ