スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

機動戦士ガンダムOO 12話「教義の果てに」

今回は中東のアザディタン王国の話、前回の国連の支援で太陽光エネルギーの恩恵を受けられるようになろうとしたが、保守派の宗教指導者ラフマディが何者かに拉致される。
それは保守派を抑えるラフマディを邪魔に思った超保守派がクーデターを起こすための行動、改革派の仕業として流布させて、軍部の保守派が蜂起、王宮を目指す。
皇女マリナは何もできず、改革派はユニオンに助けを求め、ユニオンはソレスタルビーイングの介入を狙って、それを受ける。
ここでユニオンのグラハムもデュナメスに対応、パイロットの差は歴然で、性能で互角か。
このクーデターには傭兵サーシェスも絡んでいて、相変わらずの読みも、ユニオンの早い対応に撤退。
刹那は紛争に過去が甦り、感情的に敵を撃つ。
結果、アザディスタンの改革派と保守派の対立は決定的に。

位置的にはイラクのあたり、少しホットだけど、事情は石油に頼る政策が太陽光エレベーターができて逆転、結果的に貧困にあえぐことなって、それに国連が手を差し伸べた。
つうわけで元々対立してた火種が一気に燃え上がったわけさ、少しダブる。
にしてもガンダムに頼りすぎなこいつらじゃ、今後かなり危ないな。
ピーリスとかグラハムサーシェスっていう本当に能力のあるパイロットには通用しないし、やられるのは時間の問題。
それに性格の問題も、異常者過ぎるだろ^^;。
刹那も撃たれっぱなしってどうゆうことよ。
痛いっていうより、気に入らない。
別に悪い方向に行くのは良いけど、あんな戦い方じゃ整合性を保てない。
世界もさ、株主総会みたいにみんな同じ頃に紛争やっちゃおうよw。
最後に、沙慈気に入られすぎw。
スポンサーサイト
Date: 2008.01.23 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。