スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

コードギアスR2 TURN 25 「Re:」最終回

最後の敵はナナリー、妹から罵倒されるってどんな感じ?ルルーシュ?w

外ではスザクvsカレン、互いの守るもの信念のために。
この二人だけじゃない、全ての人が己の想い、信じたもののために最善を尽くそうとしていた。
戦いはランスロットの大破に終わる。
ルルーシュナナリーがフレイアを撃つ罪を背負って自らの死をもって終わろうとしていることを知る、だからこそギアスを使ってダモクレスの鍵を奪い、ナナリーに嫌われつつも去ることを選ぶ。
ナナリーを生かし、その成長を見て、一人で生きていけることを知って。
そして全世界にその征服を宣言する、全ての人民の憎しみを背負って。
ゼロレクイエム発動。
2ヶ月後、皇帝と人質との行進の中、ゼロが現れた!
そして全世界の前でルルーシュに剣を突き立てる。
そのゼロは、死んだことにされていたスザクルルーシュを殺し、その後ゼロとして正義の仮面をかぶり続ける罰を背負うことを課されて。
スザク「そのギアス確かに受け取った」
刹那、多くの人が知る、これがルルーシュの望みであったことを。
カレンはそれを知りつつも、恐らくそのゼロがスザクと分かっていながら言う。
カレン「あれはゼロです」
独裁皇帝の死、人質は全て解放され、各国は話し合いの席に付き、ダモクレスは太陽の中へフレイアとともに消えた。
日常に戻る、ましになった世界、戦争へむけられたていたものは全て復興へ向けられ、人々に訪れた平和。
普通の高校生に戻るもの、結婚、戦士であったものもごく普通の営みを手に入れ。
C.C.は田舎道を行く馬車の上で空に話しかける。
「ギアスという名の王の力は人を孤独にする。
少しだけ違っていたか、なぁルルーシュ。」

ハッピーエンド、みんなが幸せになった。
ゼロレクイエムは想像の範疇だったけど、コードギアスらしく劇的に、多くの人の前で。
死に赴く時の気持ちってどんなもんなんだろう。
破壊と創造、それでもって全世界を作り直したけど、犠牲の大きさを背負わなくてはいけなくて、でもその一方で憎しみを一身に集めるがための攻撃は躊躇も味方への配慮もなく驚異。
逆にその最後の代償が人一人の命とはあまりにもつりあわないけど、それがこれだけの憎しみの上にあるのであれば、、、。
そしてルルーシュが自らその役をまっとうしたことを知る人々はルルーシュを憎む民衆とは違い、愛おしさを感じているはず。
だからこそルルーシュは孤独じゃなくなった。
死を持って行われたことに偽りを感じるものはいない。
とにかく最後にしては似合いすぎな終わり方、そしてみんな平和を手に入れた。
さて、作品に関しては絵や動き、メカは言うことなし。
登場人物も魅力あるし、その関係も話を面白くするに十分な感じ。
セカンドシーズンで少しテイストが変わったのは気になったけど、世界も変わって行ったと解釈すればそれもあり。
ただ、自分の評価としてはそう高く無い、話の展開はうまいけど、凄く面白いというわけじゃなかった。
ご都合主義は仕方無いとしても、切り替わりの早さにもう少し描きこみが欲しかったし。
黒の騎士団→中華連邦→超合衆国→ブリタニア、と移動するたびに結構あっさりで、気持ちを追いてきぼりにされた気分。
もちろん好き好きだろうから一概に悪いわけではないけど、少しだけ挟んで欲しかった。
でも総合すれば質が高くて面白かったし、元は取った。(なんの?w)
こうゆうスケールのある作品も沢山出てくると良いのだけど。
にしてもブリタニアはアメリカじゃん。(まだ言うか)
スポンサーサイト
Date: 2008.10.01 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>私書箱 from 激安!池袋の私書箱新規オープンです
池袋の私書箱の紹介です >READ

2008.10.01

プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。