スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

RD 潜脳調査室 第26話「リアルドライブ」最終回

導かれるままに波留は最後のダイブへ、、、。

電理研の全力バックアップの中メタルへ沈んでいく波留
地上では人々の電脳へに影響が強くなっていく。
そしてダイブの途中に波留は消え、あのチェスの部屋にいた、告げられる答。
気象分子はメタルの中では異物、これは激しい拒絶反応。
そして人々は想い出さなければいけない、愛を。
ソウタによりメタルの全停止が提案される。
それはメタルの初期化。
みなも波留の身を案じながらみんなを信じてできることをする。
更に影響は強まり、波留は上がって来ない、しかし久島はこの事態を分かっていたかのように全てに手を打っていた。
そしてメタリアルネットワークの全停止、人工島はおろか世界すべての光が消えていく。
海は赤く高熱を発し、誰しも不安の中にいた。
その時間24時間。
するとみんなの体が少しづつ輝き始める。
そこに久島波留はいた、海の記憶、長い間の海流による情報を蓄積、それはメタルとは別の力。
その中に波留は50年近くいた、万物の源は水、それが全て。
そして満天の星、うっすらと輝く海、静かな中に聞こえる鼓動、これは地球律の技、体内と地球の水の響き合い。
波留は久島と語りながら、そこに埋没する決意をする。
地上では愛が高まり、肩を寄せ会う人々。
ソウタホロンに渡せなかったプレゼントを渡し、ホロンの人間性を再認識する。
波留が海と同化しようとしたその時、久島は波留がここにいるべきでないと感じた、それは波留の中の愛の高まり。
全ては終わった、波留のいない桟橋をあるくみなも、ふと海をみるとそこにはダーバースーツの男。
駆け寄るみなも、、、。

難解で分かったつもりにもなれないけど、いかに高度なものを人間が操ろうとも、人智を超えたものはいくらでもある。
それは海の記憶で、愛で、波留がみなもの中に見ていたもの。
テーマは大きくて、その広大さは計り知れない、沢山の示唆とともに幕、って感じに。
でも結局、みなもと波留、ソウタホロンの間にある何か、それが地球律と言っても良い?
海の描写と、ゆっくりな時間、それに対するテクノロジーへの依存と危険。
全部が目新しくて、でも原始にもあったものに結局は飲み込まれて。
という感じで、なかなか興味深いエンディング。
ハッピーエンド、何かを潜り抜けてこそ、見えてくる。
やっぱり波留とみなもの間にあったのは愛だと信じたいしね。
さて、沖佳苗は失敗した気がするw。
PVみたいな扱いはやりすぎだと思うしw。
今回クセのあるアニメが多かったけど、これがピカ一、さすがは士郎正宗。
でもみなもの存在が今までの堅さを一変させた気がする。
またこんな感じのができたら良いんだけど、制作の力も光ったし。
とにかくひたすらハッピーエンド^^。
スポンサーサイト
Date: 2008.10.02 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。