スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

とある魔術の禁書目録 #04「完全記憶能力」

結界の張られた空間、交差点には誰もいない。

当麻の前に現れたのは神崎火織、その剣からは見えない斬撃が飛ぶ、インデックスを渡せとせまる。
でもそれはワイヤーによる刻み、いつでも殺せる、なのに殺さない。
ステイルから右手のことを聞かされて、対策は練られていた。
体術であっさり倒される当麻、でも殺さないことで火織の優しさを感じていた。
当麻火織の力をどうして人を守ることに使わないのか問い詰める、そのことで火織は話し始めた。
火織はネセサリウスの一員、傷つかないと思っていたからインデックスを切った、でもある事情でそうではなかったからインデックスは深手を負った。
歩く教会?
インデックスは完全記憶能力を持つ、だからこそ保護しないと生きて行けない。
彼女はどうでも良いものまで含めて全てのことを記憶してしまう、そして10万3000冊の魔道書以外の残りの記憶領域は少ない、1年おきに記録を消去しないと死んでしまう。
火織は言う、その記憶を消せる日まであと3日。
話を聞く限りだと引き渡さざるをえないのに、火織が再度インデックスを渡せと言った時、当麻は突っぱねる。
記憶を消すことを正当化して、どうして襲う、どうして誤解を解かない、それで仲間なのかと。
でも火織はついに声を荒げる、ステイルも含めて我々は泥をかぶってまでもインデックスを救わないといけない。
以前にもインデックスと強く思い出を作る努力はしても、一欠片も残らなかった。
家族も恋人も全て忘れてしまう、そんな彼女の笑顔を見ることにもう絶えられない。
そう言いながら当麻を打ちのめす。
でも当麻は負けない、そんなの勝手な理屈、インデックスのことを少しも考えていないと。
守りたいものがあるから力を手に入れたんだろう。
それを何に使いたかったんだ!
そうして当麻は倒れてしまった。
静かに影から出てくるステイル、なにやらバツが悪そうな顔。

当麻が起きると自分の家、横にはインデックス。
でも3日も寝ていた、まだ記憶の消去は行われていない。
当麻をかついで来たのは小萌、助けられなかった自分を責めるインデックス。
でもインデックスの看病は、壊滅的^^;w。
チャイムが鳴る、小萌が来た時、戸口にはステイルと火織が、インデックスは彼らと当麻の間に入って言う。
「これ以上当麻を傷つけないで、私は言うこと聞くから。」

ステイルと火織は当麻を認めて、それでもリミットまでインデックスの幸せを許したんだろうね。
う~~ん、今回は説明的でもう一つな感じ。
それでも全容は見えてきたかな、インデックスが迫害されてネセサリウスから逃げてきたのでなく、ちゃんと仲間はいたけど、繰り返される記憶の消去に疲れてしまって、一緒にいられなくなった。
このあたりもラノベっぽい感じ^^。
なんていうか今んとこ悪い奴は出てきてない気がするけど、美琴とか本当に絡まないねえ。
いつか絡む?
次回はインデックスの記憶の消去から救う?
でも消さないと死ぬんだと、、、結末が読めないのは良い^^。
スポンサーサイト
Date: 2008.10.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。