スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ソウルイーター 第31話「涸れた幸福~月明かりに光のは誰の涙?~」

OP変わった?前から?どうでもいいやw。

クロナはみんなが優しくしてくれることがまだ信じられない。
でもすこしづつ慣れてきて、ゆっくりでも構わない、みんな協力してくれている。
みんながクロナが優しくするから、なんかパーティーを開きたくなったキッド。
少しおめかしして、楽しい友達、クロナを仲間だと言って、輪の中に自分がいて、自然と笑顔になれる。
ラグナロクもかなり慣れたw。
でもその帰り道、子供のメドューサと出会ってしまう、かわいい話方で優しく囁きかける言葉、死武専の保管庫をみつけて欲しい、がってん了解です^^;(弱っ)
忘れかけていたあの感覚が甦る、メドューサに常に監視され要求されていた日々、逆らえない。
悩むクロナマカたちの輪に入れなくなっていく。
死神様に呼ばれたジャスティン、っていうかヘッドホン取れ!w
ってわけで梓に加えて鬼神探索へシフト。
保管庫を探しに行くとマリーにみつかって、っていうか迷子になっててたまたまw。
一緒にクロナの部屋を探して、マリーの波長に癒されるクロナ
でも部屋に戻るとメドューサは保管庫は荷が重いと、今度はシュタインに狙いを定めた。
盗聴器を研究所に仕掛けるためにマリーの優しさにつけこむ。
シュタインマリーは一緒に住んでいて、悩みを相談しに来たクロナは盗聴器を仕掛ける、それはマリーの飲むコーヒーに忍ばせて、狂気をも撒き散らす。
盗聴器から流れてくるのは、マリーがクロナのことでシュタインど談笑している声。
良い子だと言って、教師になって良かったとまで。
クロナはその場を立ち去り、自分の部屋へ、そこで枕を抱いてすすり泣き始める。
マリーの明るさ優しさに触れて好きになっていたのに、自分がしてしまったことは、、、。

なんか切ないね、あちこちで躊躇があるのに、結局遂行してしまうほどメドューサの呪縛は強いのか。
確かに数ヶ月とそれ以前の蓄積じゃ違い過ぎるか、でもクロナの心には以前に無いものもあって、それがあの涙なんだ。
それ以前に流した涙は自分のためだけ、でも今度流した涙は人のため。
クロナはいつかマカ側に付くと信じるしかないけど、メドューサは死んだと思ってるだけに、この仕掛けは簡単に見破れない。
それでもあの町にいる限りは今のメドューサじゃ何もできないのにね。
シュタインが狂気に支配される時期もそう遠くないし、その時あの盗聴器は恐い。
なんとかしてくれないかなあ、死神様見破ってよ。
で、話は変わって次回、もう良いから、なんでこいつのために3話目があるんだかw。
今度は死武専に乗り込んでくる?
ウゼエw。
でもちょっと楽しみ、みんなのツッコミがw。
スポンサーサイト
Date: 2008.11.05 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。