スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

とある魔術の禁書目録 #06「幻想殺し(イマジンブレイカー)」

ブログ書くために少し勉強しないといけないアニメw。

迎撃モードに入ったインデックス、その力は魔術、インデックスには使えなかったはずの。
それを見ることでステイル火織は揺らぐ、教会は嘘をついていた?
当麻インデックスの攻撃すら止めるが、今、ステイルたちに攻撃されたらひとたまりも無い。
しかしインデックスを本当に大事に思うなら、敵視し1年ごとのリセットをしない方法を探しているなら、今それはつきつけられている。
インデックスの迎撃が強さを増した、そのときステイル火織当麻に味方した。
その余波で監視衛星をも破壊し、激しいダメージを負う羽根が降ってきた。
ステイルの召喚で時間を稼いでいるうちに当麻インデックスの迎撃の魔術を無効化、しかし羽根が頭に触れ当麻は崩れ落ちる。
事後、ステイル火織は教会への不審と寝首をかくことをよしとしないことから一次撤退。
当麻は脳にダメージを負って記憶喪失になってしまったという、しかももう戻りはしない。
インデックスは当麻に会いに行くが、まるで他人顔、この気持ちはステイル火織がインデックスにも感じていた感覚、涙するインデックス、自分のせいで当麻を巻き込んでしまった。
でもそれは当麻の演技でw、ちゃかしてインデックスに殺されそうにw。
しかし当麻は本当に記憶を完全に失っていた、ステイルと火織の知識でインデックスを認識して、それでもインデックスを悲しませたくない、という意思が心にあったから、だからこうした。
これでいい、あの子は知らない方が。
一方でステイルは学園都市統轄理事長アレイスターに呼ばれ、魔術師がらみの事件を解決するために当麻と組めと言われる。
吸血殺し(ディープブラッド)、その能力者と魔術師が絡んでいて、魔術と科学の不可侵から借り出された、当麻はレベル0だから能力者にあたらないという。

当麻とインデックスのお互いの想いはどうしても痛くなっちゃう;;。
互いが異能で、それゆえに触れることのできない、それでも惹かれあって、互いを助けるために自分の命もいとわない、それが相手の哀しみになると分かっていても
ステイルと火織も自分たちが当事者と思ってたのに、当麻の方が真にインデックスのことを想っていて、そのことで手紙とかで助ける気になったんだろう、どこかで同志という思いが生まれているくらいに。
にしても科学や魔術がいかに進歩しても異能の出現は予期できない、っていうのも示唆的、完璧なシステムなどありえない。
とにかくよくできた話、個人レベル、科学、魔術、と考え方の隔たりはあって、その良い置き所すら何かの障害になってるし。
ああ、なんか熱いけど暗くて、その中でも光を求めないと、幸せになって欲しいのにどうしようもないような。
あと話が難しいw。
初心者から見たら新しい単語に混乱する^^;。
このあたりはシャナにも通じる感じ、世界観独特の律もあって読めないのは良いのだけど。
ここまでが序章で、これからは比較的平穏?
でもじょじょに核心には近づいてくんだろうね。
スポンサーサイト
Date: 2008.11.10 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。