ソウルイーター 第35話「嵐のモスキート!~在りし日の世界、制限時間は10分?~」

ネットに繋がらなくてアップ遅れ、残念だ、、、。

ロスト島での戦闘継続中、外での戦闘をよそにマリーとシュタインを捜索にマカブラックスターキッドと武器たちは磁場の渦に入るがそこは過去の光景、昔の死神様とアラクネ、、、。
外の戦闘、いくらでも湧いて出るアラクノフォビアの兵たち、でも死武専生をなめんなよ^^。
ミフネとシドの戦いは壮絶、互いに肉を切って骨を断つ、しかし退却命令、再戦を誓い散る。
その頃、中のシュタインは鬼神の狂気に自らを明け渡そうとしていた、そのときマカたちと会うも、2人は出ないといけない時間、シュタインは自分を抑えるので精一杯で3人を止められない。
3人は建物の目の前でモスキートを発見、手には魔道具らしき箱、でもそろそろ敵は20分、勝機。
しかし突如モスキートは変体、100年前の上半身だけ筋骨隆々の体に^^;この体なら更に10分。
対峙しているとその間に現れた過去の人影、この仮面の男がエイボン!?
しかしかまってる時間はない、ブラックスターモスキートに襲いかかるがキッドエイボンが気になる。
結局、魔道具が先と3人がかり、でもモスキートの守りは鉄壁、どんな攻撃も効かない。
しかも互いの気持ちはバラバラで共鳴連鎖もできそうにない。
マリーとシュタインが磁場を出た時、オックスキリクが敵を全滅したところ、ヘトヘト^^;。
でも中に入った奴らを救うためにマリーの制止も振りきり中へ、かっこいい^^
泣き出すマリー、狂気に朦朧のシュタインは狂ったように笑い出す、この磁場の前の絵はシュール^^;。
モスキートが攻撃に出る、実力の差は歴然、このままでは全員死ぬ、その時黒血の悪魔がソウルにささやく、ソウルは波長を合わせるために悪魔の部屋へ足を踏み入れる。

モスキート圧倒的だな^^;。
ここまでの差は簡単には埋まらないだろ、共鳴連鎖でもどうか、ソウルはそこでどうなるのか、黒血に飲まれてしまう?
一方でシュタインもかなり微妙な感じに、どんどんシュールな方向に転がってく感じがw。でもオックスキリクはかっこいい、今回は奴らがカギなんだろ?
ブリューがなんなのか、エイボンはどこに行くのか、変な落ちはやめてね^^;。
ただ、死神様への不信感が生まれそうな流れを感じるのは自分だけ?
ソウルもどうなるか。
スポンサーサイト
Date: 2008.12.04 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ