喰霊ー零ー #10「悲劇 裏(ひげきのうら)」

紀之黄泉に半端な気持ちじゃ会いに行けない。

病室から消えた黄泉、そのとき招集、取り逃がしたカテゴリーBの悪霊。
神楽は環境省に黄泉が消えたことを半狂乱に伝える、そしてあの先生を切った時のイメージ、黄泉が悪霊になって、、、。
環境省は黄泉の行方を捜す、神楽は自分を責めるけど友達の言葉で少し元気を取り戻した。
黄泉は諌山の叔父のところへ現れた、狙いは獅子王?
その頃、あのカテゴリーAの前に現れたのは土宮雅楽、しかし取り逃がす。
環境省は渋滞にはまって苦労し悪霊に辿り着くが、その中で神楽が悪霊を一刀両断で切り伏せる。
しかし溢れる大量の魍魎の群れ、手を焼いている環境省の前に現れたのは味方を切る黄泉。
そして下される命令、黄泉を超自然災害カテゴリーAと認定、鵺の一撃、叔父を殺し獅子王を手に入れている。
そして次の瞬間消え、魍魎の群れ、紀之神楽は地下壕へ、黄泉が悪霊になったか不安で仕方がない神楽紀之も辛い。
別れた紀之の前に黄泉が現れる、黄泉の冷たい言葉、紀之は謝る、犯人を探していたと。
そして言う「私を殺して」その言葉は凄みを増し、現れた鵺の口には一騎、黄泉を殺さないとこの男を殺す。
紀之の目の前で一騎に剣を突き立てる黄泉、紀之はやめてくれと懇願するが、止めることなく一騎にとどめを刺す黄泉、紀之は何もできなかった。
そのまま紀之を切る価値もないと放置する黄泉「いくじなし」。
そして黄泉は神楽と対峙、結局追い詰め、鵺にくわえさせ、姉と呼ぶ神楽にとどめを刺そうとした。
その時、現れたのは土宮雅楽、神楽の父。
「まさか、そなたが迷うとはな。」繰出される白叡。
「迷いなんか全て消えたわ」

やっと回想が追いついた、衝撃の1話から、多少はほのぼのした日常を経て狂気の真っ只中へ。
神楽の想いも空しく黄泉は悪霊になったけど、紀之の前で一騎を切る時の「私を殺して」は行動とは裏腹に黄泉の本心にも聞こえて、もし紀之が切ろうとすればあっさり切られたのかもしれない。
なのに紀之は黄泉を思うあまり、事態の急展開に追いつけずにいくじなしのレッテル。
この時まで黄泉に会いに来ないあたりは確かにそうかも知れない。
黄泉はもう自分しかなくて、紀之は血筋や家があって、そこで躊躇の時間差ができて、黄泉を悪霊に駆り立てた張本人は紀之かも知れなくて、だからこその復讐、愛していたから一番残酷な形で傷つける。
神楽はまだまだ純粋に黄泉を信じていて、それでも黄泉を倒す寸前まで行くけど、甘い。
次回の雅楽と黄泉の対決は楽しみ、娘を目の前にして剣先は鈍るのか、迷い無く黄泉を切り込めるか。
ただ黄泉への感情がないから、そこは期待。
しかし沢山死ぬなあ、声優の出し入れ激しいw。
ネットラジオで言ってたけど、1話で逝った人たちも喰霊がヒットすれが何かの形で復活あるらしいよ。
スポンサーサイト
Date: 2008.12.08 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ