スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

とらドラ! 第11話「大橋高校文化祭(前編)」

一気に夏休み明かしちまったぜ!

生徒会、不穏な空気、今年の文化祭、教師の度肝を抜く!?
文化祭を前に男子更衣室で春田がぶちあげたのは、クラスのかわいい女子にメイド服を!でも他の服も着せたい!
そして祐作の一声「コスプレ喫茶、ってことにすれば全て解決するんじゃないか?」
竜児実乃梨との再会にドキドキするけど、話をするとはぐらかされる?
竜児の家、大河の携帯が鳴る、再婚で大河をほおり出した男、大河は意地を張って出ようとしない。
学校、ミスコンは亜美?って司会者するからって大河が出ることに!?祐作には弱いw。
そして男子の総意でぶちあげたコスプレ喫茶は、女子の非難の声の中、強行採決!
ってなんで多数決じゃなくてくじ引き!?w
プロレスショーに決定、、、、。
亜美の所業に怒りまくる大河、その日の帰り、竜児はとばっちり^^;
そんな時に大河は生活費を抑えられて仕方なく父親の電話に出たら、なぜか竜児が大河の父親に会いに行くことに^^;。
そんな流れで聞かされたことは、再婚相手は若く、大河とうまく行かなくて大河が出て行った、でもその相手とも近々分かれて、また大河と暮らしたい、愛してるから、そう伝えてくれと。
高校生にはちょっと責任重い^^;。
行ってもらった手前、大河は家事手伝うけど、竜児は大河に父親のことを話し泣かせてしまう。
次の日、プロレスショーは台本あり、亜美メインで大河は悪の化身wいつも通りで良いんじゃ?w
その時、祐作が飛び込んで来て、優勝クラスには豪華特典!どの階層にもおいしい特典が盛りだくさんさでみんな狂喜&加速!w
その帰り、大河の父親が大河を待ち伏せ、そんな父に金的をくらわせて立ち去ろうとする大河。
竜児は父親と向き合えと大河に詰め寄る、でもこれは自分に父親がいないからそのくやしさで、、、そのことに気付いた竜児の表情で大河は父親の元に行くことを決めた、良いことだと思うことにする。
本当に良いことなのか分からなくなる竜児、愕然とする。

今回は文化祭もさることながら、大河の家族の問題も。
そんな情緒不安定な時にプロレスなんてさせたらヤバイんじゃないの^^;。
伏線でコブイラツイストかけてたしねw。
でも竜児の言うことをきく大河は、竜児の悲しい顔なんて見たくなくて、不毛に思える生活へ戻って行こうとして、、、。
大河の父親の軽さや、生活費を止めて会おうとしたり、娘より奥さんを選んだり、全体として薄っぺらい感じ、本当に幸せになれるのかな。
でも結局竜児を会いに行かせたのが失敗、父親というものへの憧れが強いのに、目の当たりにして、それで今回の行動だから、多分大河はそのことで自分を責める意味でも行ったんじゃないかな。
ああ見えて竜児のことはよく見てる大河だけにね。
でもそうなると竜児とは離れて暮らすことになるんだし、今までのようには行かない、そのことで何かが起きるかも、ってのも一つある。
なんていうかみんな幸せになって欲しいキャラたちだから悲しい方向には行って欲しくないけどね。
実乃梨も久々に竜児と会って、でもあの反応はやっぱり非日常の旅行ではグラついても学校ではグラつかなってことなのかな。
今回はちょっとアップテンポで展開速かった感じ、個人的には夏休みでもう1エピソードくらい欲しかったし。
さて、改編が近づいて、これって2クール?
今この状況だとそうなのかな?
期待^^。
スポンサーサイト
Date: 2008.12.11 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>親子ゲーム-でつながるブログリング from blogring.org
親子ゲームに関するブログをまとめています。 >READ

2008.12.14

プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。