スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

空を見上げる少女の瞳に映る世界 第6話「信じること」

前回のってグンタールのやったことだったんだね^^;。

グンタールは巨大な母艦で地上ごとユメミを引き上げようとするけど、ユメミはそこにムントがいるのを感じ、イチコの制止を振りきりムントの元へ。
ムントははかないユメミを巻き込み、彼女を失うことを恐れつっぱねようとする。
でもユメミには強い決意があって、勇気を持てばみんなとの未来を守れる、そのために天上界に行くと言いムントに身を委ねる。
その瞬間、急激なアクトの上昇とともに二つの世界が繋がり、ムントユメミを連れ天上界へ。
直後にユメミを求め、各勢力が追撃を始める。
追い詰められて行く魔導国の者たち、ムントグリドリの力に圧倒されていた。

ムントと出会ってからの時間がユメミに決意を固めさせ、その強い意志が、あの観覧車を渡るところにも感じられる、それしか見えて無いような。
世界を救えるのは自分だけ、普通は協力を呼びかける人によって意志は作られていくけど、この話だとムントと会って想いが流れ込み、それからの月日で自らその意志を固める、っていう感じに。
なかなか面白いアプローチで、やっぱりやる感じ。
もしムントがユメミの力だけをあてにしていたのならこうは行かない、ユメミを守りたいと思う気持ちを感じられたからこそユメミも一緒に世界を救うために勇気を持てるようになったんだし、リュエリが言うように単にユメミに協力させようとしたら駄目だったかも知れない。
構図の簡単さも相変わらず良い感じ、魔導国の人は良い人たちっていう一方で、グンタールグリドリは悪そのもの、あんまり単純な構図は嫌われるけど、ここでは見えて無いものも沢山あるから変に難しくしないのが返って良いように思える。
ガスっていう存在も面白くて、まだ何かしてくれそう。
エンダ国は一応味方に見えるけど、そこは群雄割拠な世界だし流動的なんだろうし、魔導国がユメミを味方につけたその先の展開は全然読めない、どうやって世界を救おうというのか。
信じる心っていう脆弱さがまだまだ波乱を呼びそうだし。
でも一方で現代の描きこみは前回やったけど、天上界の描きこみはこらからで、そこで新たな事実が分かってきそう。
この制作はまだまだ仕掛けをいくらも持ってそうで、そこはなかり楽しみ^^。
スポンサーサイト
Date: 2009.02.18 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>(アニメ感想) 空を見上げる少女の瞳に映る世界 第6話 「信じること」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
MUNTO 時の壁をこえて [DVD]クチコミを見る 前半戦でいきなりのクライマックス!いつもの静かな日常へと戻ったユメミに、再び降りかかる非日常。ユメミはどこへ行く・・・。 >READ

2009.02.19

プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。