ソウルイーター 最終回「合言葉は勇気!」

1回休んでるので、そのあたりから。

マカがソウルを助けに深層に下りた頃、キッドとブラックスターは時間稼ぎの戦い、でもダメージを与えられず苦戦、キッドは最後の切り札を出そうとした刹那、鬼神の指がキッドを貫く
しかしキッドも死神の息子、そこから抜け柄のようになりながら更に魂の波動を強くし、ブラックスターも呼応するように鬼神を翻弄、そしてデス・ザ・キッド、最高の一撃を鬼神に打ち込み、その姿は霧散したように見えた。
でもあくまで皮を一枚はがしただけ、敵にとっては全然窮地じゃない。
一方のマカは黒血の小鬼の計略を見抜いた上で、ソウルの入っている箱を開ける、敵の思うつぼだと思われたその時、マカも箱の中へ、そして小鬼の取り込みを見事跳ね除けソウルを連れ戻した
ソウルは黒血も自分の一部と受け入れ、戦場に戻る。
しかしそこには倒れたキッド、ブラックスター、リズ、パティ、椿、怒りと恐怖に震えるマカ、でもマカには退魔の波長と魔人狩りが残っている。
恐怖を言葉にして精神的にマカを追い詰めようとする鬼神、でも心の強さで渾身の力を込めて敵に魔人狩りを打ち込む、敵の肩口を切ったと思ったのに、魔人狩りが通用しない!
狂気は誰もが持っているもの、それは本当に魔なのか?
万策尽きたかに思え、ソウルもマカをかばって倒れた、マカはそこで意識を飛ばし本能で反撃、面食らう鬼神を知り目に武器すらも自分の体から出すマカ、でもすぐに見破られ、マカも倒れる。
「せいせいした」
恐怖に包まれていると思われた敵の思いがけない一言に鬼神は驚愕、力じゃかなわなくても、マカには強い心が強い勇気があった、母からの絵ハガキを握りしめる、マカの一言一言に翻弄され、精神的に追い詰められていく鬼神、マカの持つ武器はこぶし唯一つ、そこに全てを注ぎ込む
圧倒的優勢、なのに鬼神は恐怖を振り払えない、未知なるものへの畏怖、マカの突進にしゃにむに迎撃するがマカの勢いは止まらない、そしてマカのこぶしは鬼神の顔面を直撃、狂気を打ち破るみんなの気持ちを集めた勇気の一撃、鬼神は痛みすら感じなかった、しかしそのこぶしは鬼神の狂気を打ち破り、瓦解し飛び散る鬼神
結界は破壊され、空を覆った黒雲の群れは霧散、全ては終わった。
恐らく人が狂気を含んでいる以上、再び鬼神は現れる、でもマカたちがいる、人は同時に勇気も持っている、だからどんなに現れようと大丈夫、、、。

予想はできなかったけど、概ねこんな感じという結末、でもそれで良い気がする。
結局中心にはマカがいて、自分や人との関係を真正面から解決して、心を強くしてきたのが最後に生きる。
心の痛みからしたら体の痛みなんてなんのことはない、っても響いたね。
鬼神は狂気を武器にして、力技で来た相手は圧倒できたけど、心が折れない強い勇気の持ち主にはどうすれば良いか分からない、根がへたれだから自分のフィールドで安心しきっていたのが、未知なるものの存在に動揺してしまい、恐らく勝てないと思ってしまった。
狂気には無秩序であるがゆえに真の心の強さには辿り着かない、全てを背負って、それでも応えようとする強い意志と勇気が敵を撃ち砕いた形。
これはブラックスターがミフネに勝つ時に突破した道であって、キッドが死神様を信じられず手に入れられなかったもの。
最後に効くのは強い意志と勇気、でもそれはただ持てば良いわけじゃなくて、仲間を信じ、くじけそうな心に時に悩み、時に壊れ、その先で初めて手に入れられたもの。
いろいろあったけど、結局これかよ、と言う人もいるかも知れない、でもそういうもんかも知れない。
頭が良くても、力があっても、最後に勝つのは心の強さ、スポーツなんか見てると本当に思う、運すらも引き寄せる強い意志が見えることがある。
というわけで、エクスカリバーは本当に高見の見物wそしてマカたちを知っているの結局クロナのような仲間たちだけ、大人はこれだからw。
続編が気になるけど、まだ途上の感もあるし、世界全てが見えているわけじゃないから、期待で^^。
さて、作品としては以前から書いているけど、制作側が本当にしっかり色を出して、漫画を忠実にするんでなくて、世界観をしっかり作るためにいろんなものの風合いを変えて、本当に秀逸な作品だった。
絵の独特さ、動き、設定と持ち味を生かしたアレンジ、どれを取っても他には無い感じ、とくに太陽と月w。
キャラもヒロインやヒーローが見た目かっこ良くないのに、違う部分でしっかりかっこ良さを出して、サブキャラも良い味出していて、特にエクスカリバーは好きだーー!w
後日談や外伝が本当に欲しいから、本当に希望、本当に切望、この気持ちの強さでことが実現しないもんかなw。
最後の方は暗い話が多かったから、明るいほのぼのとしてマカたちの生活ももう一回見てみたかったし。
というわけで素晴らしい作品、こんな感じで日本のアニメは進化していくと良いと思う。
スポンサーサイト
Date: 2009.03.31 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ