スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

新番組 化物語 2話まで

これで新番組は最後、この小説はしっかり読んで面白かったから思い入れがあったもんだからちょっと考えながら。

主人公の阿良々木暦は高校生、話はいくらかいろいろあってから、怪異に憑かれた人たちをみつけてしまい、それを解決していく話。
なまじ話を知っているから危ないけど、ネタバレは無しで書きますw。

絵はそこそこ、表現の仕方はまあ制作側次第で言葉のフラッシュバックや見せ方を工夫している感じ、話のテンポは早く、追いつくのに時間がかかる感じ?
まあ個人的には2話であっという間にひたぎの問題は解決(表向きは)するのは早すぎると感じてる。
これからはどっちかというと、自分のイメージとのギャップをネガティブに書いてしまいそうだからあしからず。
まずキャラだけど、主人公はちょっとかっこつけすぎだし、もうちょっと背は低い方が良いんじゃ、、、他の子も良く見せようという意図が感じられて萎える。
西尾維新の話は綺麗に書くことは馴染まない気がして、シャングリ・ラのように多少醜悪な作画も許して良いと思うんだが。
それと凄い個性の登場人物だけど、なんとなく作りが同列な、、、。
声優も自分の脳内化物語とは違うから違和感、羽川は淡々としつつも芯の強いキャラだしかわいい感じではない、ひたぎはもっとS色を前面に出した方が良い、無表情キャラだけど見るからに暦を見下してくれないと面白くないw。
忍野はかっこ良過ぎ、もっと中年の醜悪さを出して欲しいし、ギャップを大切にしないと。
話も早く処理しすぎだし、西尾維新の言うギャグパートを大事にしないと面白さ半減というかね。
とうとうと独白してくれる部分も欲しいし、なんだか滲み込みにくいんだよなあ。
オトナアニメで立ち読みした感じだと、西尾維新に口出しさせないように作ったらしいから、テイストは違うもの、本人も自分の作品を料理された別物扱いと書いてあったし、そういう意味じゃ小説のテイストを求めても仕方ないのだけど、やっぱり残念な感じはする。
化物語は上下巻で、元々は世に出すことは前提にしてなくて書いた趣味の小説、それだけにギャグパートの言葉遊びの切れはボーダーレスで、読みごたえは凄い、ライトノベルに属するのに結構ハードな感じw。
そのあたりにかなり惚れてただけに別物な印象でした。
評価は8、やっぱり知ってる話はどうしても辛くなる、
スポンサーサイト
Date: 2009.07.20 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。