スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

咲-Saki- 「悪夢」まで

なんていうかキッチリしたアニメですな。

決勝の大将戦突入、いきなり咲の嶺山開花2連発も、すぐに衣の海底に場を支配されて前半終了、後半風越の池田華菜は衣に狙い打ちされ気持ちが折れ気味。
風越は得点が0になり、他の高校もツモ上がりできないし、圧倒的リードの衣が場を完全に掌握した形。
次局、華菜は聴牌もリーチできず、あざ笑うように衣が当たり牌を出すも上がれず、それをポンする咲、そして当たり前のように嶺山開花をツモる咲も、ツモった牌をカンし、それが華菜の当たり牌、振り込みながら流れを変える一打。

っていう感じで、結構伏線が凄かった気がするのだけど。
和の言葉で自分の麻雀を思い出す咲だけど、後半早々は衣に圧倒されていたように見えた、でもそうではなくて機会をうかがってた感じ。
咲が衣の順目をずらすことができたのにしなかったのは、衣の油断を誘うため、実際衣は圧倒的に叩き潰すために余裕を見せ始めた。
でもそこで華菜への咲の差し込みで場は変わる。
ここからは次回への想像だけど、衣にできるなら咲にもできる場の掌握、それもただ勝つだけじゃないはず。
咲の原点がプラマイ0にあるなら、咲は清澄の副将戦までのプラマイ0で勝つか、あるいはトップと最下位の差が200点差にまでにするはず。
責任払いのシステムは今まであまり話されていないはずだけど、そのあたりが効いてきそうな気がする。
まあ、予想はあくまで予想、これを裏切ってくれることを期待しもいたりする。
これまでの話と違って、オカルトじみてるのはご愛嬌、咲の最初の頃もオカルトといえばオカルトだから何も言えないw。
それでも面白い展開には変わり無いし楽しみではあるな。
それにしもて牌の動きにこだわりすぎで、ある意味、生死を賭けた日テレの某アニメは絵はあれだけど、こっちはそこまでこだわって、そのことが良い方向に作用している感じがする。
終わってもすがすがしいんだろうしw。
この後に個人戦もあるよね?
そこへの伏線も決勝を含めて沢山あったから、それもかなり期待してる。
毎週たのしみ^^。
スポンサーサイト
Date: 2009.07.28 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

Inthemood

Author:Inthemood
千葉在住 ♂ 
アニメを沢山見て、そのレビューブログ書いたりします。
かなり偏ってるかもですが、コメント大歓迎です^^。

ブログ内検索
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。